<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

ホテルアソシア高山リゾートのカーペット

高山でのお宿は、私の街にもあるホテルアソシア、その後にできた高山版で、北アルプスの大パノラマが楽しめる温泉施設がある高台のリゾートホテルです。

c0134734_01010685.jpg


客室のある階に足を踏み入れ、暫くした後に気づいたカーペットの質感、、、

そう、もう二十年ほど前、地元アソシアのインテリアが好きでお願いして家具を尋ね、その輸入元へ行ったこと・・。
そこは東京虎ノ門のホテルオークラ前のビルにある外資系商社でした。
→その時の投稿はこちら

「よくここまでたどり着きましたねぇ」と感心されたものです。
丁寧な説明を受け、帰りに同じくカーペットを納めた「オークラに是非寄っていってください」と言われたのでした。

旧御三家ホテルは私にとってはおいそれと足を踏み入れる場所ではなかったので緊張して行ってみたものです。




今回の高山アソシアはそれを思い出すにふさわしいカーペット敷きでした。

c0134734_01011803.jpg

c0134734_01012326.jpg
美しい~!

その商社はもうそこにはないし、高山分の納入業者であると聞いたわけではありませんが、
家具にも共通のものを感じ「やっぱりいいなぁ~」と思うのです。


c0134734_01042618.jpg
レストランホール





カーペット以外にホテルアソシア高山について思うこといくつか、、

お部屋はスーペリアなのに十分な広さがあり清潔です。

c0134734_01043445.jpg

これほど無臭のホテルは珍しいのではないでしょうか。
廊下お部屋、お風呂、タオル、ウォシュレットの風、、

徹底したお掃除をされているのはもちろんでしょうけど、
もしかしたら澄んだ空気のおかげもあるのかしら?
飛騨牛のもクリアな処で育つからサシでもしつこくないのかな~。


c0134734_01080910.jpg

c0134734_01081504.jpg


そしてもうひとつ、
チェックアウト後、レセプショニストが2名がタクシーを見送ってくださいました。
ツアー会社プランでのこのこやってきた我々にそのような、、大層驚きました。


思い出と、今回の経験や気づきが深く結びついて、
また一つ私の宝物になりました♪



c0134734_01102784.jpg








[PR]

by skipelf | 2018-02-27 01:12 | いろいろな出来事 | Comments(4)  

高山のもてなし

今も伝統文化が伝わる高山では、思った以上に外国の方が押し寄せてきている状態でした。

そういえば名古屋から北へ向かう観光ルートを天に向かっていくイメージで『昇龍道プロジェクト』とし、主に中華圏向けインバウンドを推進したのでしたね。
ユネスコ世界遺産白川郷や酒造り、杉原千畝、、いろんな観光目的がある様です。

その中でも高山は核になるところなので外国人客対応が出来上がっており、
観光案内所や荷物一時預かり・酒蔵見学や居酒屋さんに至るまでほぼ英語での対応が出来ているようでした。
年配の方もスルスルと口から出ているのは天晴れですねw

またそれらは日本人の我々でも心地よいものでした。



高山ラーメンの人気と聞く店で、
c0134734_12150858.jpg
いろんな国からのお客様も対応できるフレンドリーな接客
店主は底抜けに明るい方のようで、お客様全員に声をかけてニッコリ。

暫く並んで入店。
後からいらした右隣はオーストラリアからのカップルでした^^
ブラス(?)のカウンターも印象的。




偶然立ち寄った割烹で、
c0134734_12151816.jpg
客は我々のみ。
仕入れや街の成り立ち、地の塗り物産業や朝市の衰退などの興味深い話を伺いました。

店内写真禁止でした。





朝市で、
c0134734_12151333.jpg
目を引いたお漬物、、
控えめな接客のおばあちゃん店主と暫く話しておりますと、「おじいちゃんが野菜を作って、ご自分が漬けて売っている」と仰るのです。
わ~、そういうのに出会いたかったのよ~!

現代風な漬け汁のモノとは違って、実に美味♪

(しかし、おばあちゃん、お一人でここまでだとするとベンチャー起業家かもしれない・・。)



全国区の超有名パン屋さんでは、
将来の日本のパン職人の卵君の気持ちの良い接客
パンは別途投稿予定



こういうところでは話をしてみるものですね。
味わい深く、街が違って見えてきました。








[PR]

by skipelf | 2018-02-23 23:59 | おもしろ~い | Comments(4)  

高山お散歩スナップ

江戸時代の伝統文化が深く息づく高山。
街中は平坦ですのでお散歩もさほど負担になりませんね。


写真を並べて載せましょう!


c0134734_01333030.jpg



c0134734_01333608.jpg



c0134734_01334212.jpg




c0134734_01334894.jpg



c0134734_01335481.jpg




c0134734_01340098.jpg



c0134734_01341230.jpg




c0134734_01342285.jpg



c0134734_01342759.jpg




c0134734_01343212.jpg



c0134734_01344062.jpg




c0134734_01344754.jpg



c0134734_01345628.jpg




c0134734_01350363.jpg



c0134734_01351089.jpg




c0134734_01351754.jpg



c0134734_01352476.jpg




c0134734_01353197.jpg


新しいセンスも素敵な街だなぁ~と思いました^^

あれほど幅を利かせていたさるぼぼはすっかりナリを潜め、朝市も出店が少なめ。
私の中で街のイメージは、飛騨牛握りに替わりました。


辛口に一つ申し上げると、最も色濃い保存区域はさらさらと清らかな水が流れ側溝に蓋もなかったりするので、撮影好きにはヒヤッとすることもありました。(確かに無い方が雰囲気いいものね~)
また、年配者に厳しいかなと思うところもありましたから手すりとかもっとあるといいのですけどね、、景観からそうはいかないのかな~。悩ましいですね。









[PR]

by skipelf | 2018-02-20 23:59 | おでかけ | Comments(4)  

ワイドビューひだ

冬の高山に行ってきました♪

目的はいつの間にやら
『ひと冬の身体のコリを正しに温泉』→『B級グルメ旅』(毎度ですね? 笑)



今回は十年来気になっていたJR東海さんのホテル付きプランを利用しました。

名古屋駅のホームに着き、切符片手に初めて乗る特急ひだ号のお顔を見に参りますと、、
「あれ?もしかしたら私たち一番前!?」

c0134734_12400660.jpg

ひだ号の一番前はマニア憧れと聞いておりました。
まさか、私が!?

左右の大きな窓、一段高い席、そして運転席を真裏から見えるパノラマシートです\(^o^)/

名鉄でも一番前はそうなんですけど、運転手さんが見えるのはひだ号。
動作が背中越しにバッチリです!またこの背中がいいのよ(熟練の背中フェチ^^)

まさかのサプライズ!ありがとうございます。

動画は撮ったのに、その雰囲気の写真が一枚も無いわ~(汗)



単線を走る車窓は徐々に雪景色に

c0134734_12401721.jpg

京都:舟橋屋さんの雪だるまと共演^^
c0134734_12401163.jpg
(ダメだ後が写らない)



などしながらのご機嫌な二時間ちょっと、苦にもならず高山に到着しました♪


c0134734_12402629.jpg

富山へ行く列車と連結を解いているところのようです^^








[PR]

by skipelf | 2018-02-16 23:59 | おでかけ | Comments(4)  

映画 「ゴッホ ~最後の手紙~」

地方ではちょっと遅れて上映されている映画 ゴッホ~最後の手紙~
を観てきました。

c0134734_00083678.jpg

通常の映画とは大きく違い、125名の腕利きアーティスト達によりゴッホのタッチで描かれた絵画で全編でアニメーション化し作れらており、動く絵画が自殺と言われている死の真相を探っていきます。


ところが、私ったらあえなく睡魔が襲って撃沈!
久しぶりの映画館ということや、午前中の屋外剪定で冷え切った身体には心地よすぎました。。

頑張ってストーリーについていったのに、感動すべきフィナーレに再度睡魔に襲われていたとは・・。
そこだけもう一度観た~い!!




去年の今頃、パリ近郊にあるゴッホ終焉の地を訪問しました。


c0134734_00085778.jpg



c0134734_00092953.jpg

教会の裏手の丘を上がって行ったところにあるゴッホのお墓は弟さんと並んでありました。



c0134734_00094039.jpg

わ~、去年の写真を探していた中から出てきたこの一枚、
映画では宿もこの娘さんもストーリーの重要な役割でした!





今までそんな好きでもなかったゴッホの絵。

そんなところから始まって

直筆の絵をパリで鑑賞して帰り、

c0134734_00095449.jpg


一年後に地元で今年のアカデミーノミネート作に触れる・・・。

そんな私のゴッホへのアプローチ。




映画を観て、それは創作かもしれないけれど、彼の人となりを少し知ることが出来ました。

映画のエンディングの自画像の眼が強く光っているのが印象的。
そんな面、知らなかったです。

そして、絵画で迫ってくるような表現が出来ることにジワジワ感動しています。








[PR]

by skipelf | 2018-02-13 00:27 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

有賀さつきさん

突然訃報が報じられ、
まだお若いし、同世代ですので一瞬呆然としてしまいました。

残された一人娘さんのこと、そして二年前にお母様も送られていたとのことで
高齢のお父さまが丁寧に対応されているコメントがご立派で涙を誘います。

友人のお家へ向かう途中に有賀さんのご実家があります。
田舎者ですので、通る度に女子アナのなかでもひときわ華のあった当時の有賀さんを思い浮かべていました。

そのお宅はこういっちゃなんですが、ほんとうに普通の日本の佇まいで、
「思い込みギャップ」のせいか妙に心に刻まれていました。

といっても、そこはなかなか庶民では一軒家は持てないエリアと聞きますし、
友人から聞くあのあたりの住民は大らかで明るく、住みやすそうな日本でも屈指の人気住宅地であります。

そこのお宅のお嬢様という一面を思いますと、勝手ではありますが身近に感じ、
お父様がお一人で悲しむ姿は、わが父と同じくらいの年齢ですのでとても心が痛みます。
そしてこれからの事も自分のことのように身につまされます。



飛ぶ鳥あとを何とかで
悲しくも美しくこの世を去って行かれた有賀さん。

独りでどれ程辛かったことでしょう。。
さすがだと思います。

どうぞ安らかに

心からご冥福をお祈りいたします。


c0134734_16131658.jpg








[PR]

by skipelf | 2018-02-09 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

立春デート

一昨日は立春でした。

用事のある日が続いていたのでオフ日にしてお化粧はナシに・・。
その代わり、届いたばかりの資生堂のBBクリームを乳液代わりに使ってみました。

c0134734_21264272.jpg
通院送迎とかで『ちょっとだけの日』用に欲しかった品です。
(三月に失効するらしいポイント全部放出)

気づかなかったけど、立春に使い始めたのね。
新しいことが出来てよかったです♪



・・、てな気分でおりましたら、

電話をいただき、友人のお嬢さんが前日関東で手に入れてきたというパンを届けに来てくれました。
母君からのお野菜もいただき嬉しいな^^

お昼がまだだというので一緒にランチに出かけ
お店で思わぬサービスや店主から楽しいお話を伺いました^^

c0134734_21351572.jpg
                   アラカルトでお願いした冬の海鮮サラダ
                   ここのお店の大好き♪
                   器は作家モノ



若い娘さんとデートですよっ💛
あがっちゃう(笑)

春を届けてくれた娘さんでした♪
大慌てだった小夏オバサンは見苦しい場面多々作ってしまいました。
リベンジ会をお願いしなきゃ(苦笑)



c0134734_21264836.jpg
                       お嬢のパンで朝ごはん^^









[PR]

by skipelf | 2018-02-06 18:43 | 季節のもの 季節の事 | Comments(2)  

片付けは続く

片付けの神、降臨中~☆


作業は粗削り段階です。

しかし我ながらよくここまで貯めたものです。
次のステップに移るには一年かかりそうだわ・・(ため息)


出てくる出てくる「頑張っていたんだなぁ」の遺品

懐かしいものや
お品の倍ほどの送料がかかっている個人輸入のレシート、

中には全く思い出せないものも多々あり、
MEMPHIS TN USA のインボイスって。。
メンフィスから私は何を送ってもらったの?(苦笑)

その他、出てきたインテリアもののお店を夜そっとネットで覗いてみると
品数少ないし、ネットのリンクも切れているところもあるので、企業自体も末期、時代遅れかな~。

横浜の友人が送ってくれた家具屋さんのHPに至っては、
なんと先月末から『移転での閉店セール・絶賛開催中』@@!

この巡り合わせにも、びっくりしてしまいます。








[PR]

by skipelf | 2018-02-02 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(2)