人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

グランドウォーク&スカイロールオープンショー

週末のデーゲーム後よく行われるさっきまで試合やっていたグランドウォーク、

072.gif053.gif072.gif遂に私はヤリマシタ072.gif053.gif072.gif


普段は(内野重視で)まず外野は当らないので、すっかり諦めも板について幾年月。

今回はいつもと違う抽選で、ガールズデーイベントで全員に配られた団扇が球団創立80周年に合わせて80種類の応援メッセージが書かれたうち、2種類が当選だったのです♪

全くの無欲で引き当てたのでボーっと見ていたらお隣のお兄チャンが「当ってますよ」と教えてくれました(笑)

c0134734_22443077.jpg
試合終了後、当選団扇もって集合です

c0134734_22443419.jpg
準備中~。ここからいよいよ憧れのグランドへ!

c0134734_22443793.jpg
いの一番にヒーローインタビューのお立ち台へ

c0134734_22444288.jpg
2塁ベース

c0134734_22444682.jpg
サプライズでチアドラのダンス三曲
間近で見て汗や表情みたら一生懸命さに感激

c0134734_22445115.jpg
さっきまでドラゴンズの選手がいた一塁ベンチ

c0134734_22445412.jpg
c0134734_22445851.jpg
三塁側ベンチは入れてくれました

c0134734_22450186.jpg
さて、芝に寝転んでのスカイロールオープンショーが始まります

c0134734_22450514.jpg
今回はひまわりでした^^

c0134734_22450824.jpg
ピッチャーマウンドのスパイク跡~
先発、吉見投手・大谷投手のもあるのかな^^


嬉しくても夢見心地でふわふわ、心と体が一体化していなかったです(笑)
今思い出しても、胸キュン053.gif








by skipelf | 2016-06-20 23:59 | バックネット裏から | Comments(2)  

大谷投手見たさにファイターズ戦

なんだかんだ言っても、振り返ってみると交流戦を楽しんでいます(笑)

日ハム戦、
その昔は、新庄さんやヒチョリさんがいて、試合中のちょっとした隙に外野でポーズ!
ダルビッシュはそりゃー恰好よく、グランドの何処にいてもすぐわかりました。

そして、ここのところ163キロ・日本最速タイのニュースが飛び交う大谷投手
(こう思うと、魅せるマンがいる日ハムなのだな^^)

観戦予定じゃなかったけれど、

来年はナゴドにやってこないし、セ・リーグ主催会場ですから打席にも立つ、、
再来年の調子なんて解らないし、メジャー移籍(っていつ?)も・・・

満席の中、必死でチケット取りましたがな!!



我がドラゴンズも吉見投手ですからね、
ここぞとばかりにおざなりにしてきた球種を頭に入れながら、ドラゴンズ打撃練習見学会の列に並びました^^

c0134734_18053716.jpg
マスコミ多し


c0134734_18053909.jpg
先発投手はまずこの時点では姿見せないのですが
大物だなぁ^^


c0134734_18054260.jpg
本日NHKテレビ中継解説、和田さん


c0134734_18054523.jpg
シーズン中この時点で外国人さんがグランドにいらっしゃると
勝手にメジャーのスカウトかと思います。
ついでに挨拶させれれた?風の大野投手、、「君もいつかは、、」なのかしらん


c0134734_18054763.jpg
そんなことしていると、なんと、もういるじゃない、大谷投手005.gif
投手は普通野手と一緒に出てこないのにー!!
二刀流、油断してましたぁ



開門!
c0134734_18055188.jpg
ハニ丸はこんなお弁当喜んでました^^


しかし、何かが違うこの日・・。
ガールズデーなる大きなイベント(父の日なのに何故?)が催されて
つい、先発メンバーが発表されるタイミングにこんなところに・・
(ここからが本番の外野育ちにはイタイ)

c0134734_18055451.jpg
ヘア結果はオーダーミスだったわねぇ ORZ
無料ですから、まぁ、、ね



c0134734_18055677.jpg
c0134734_18055897.jpg
最後にググッと伸びるストレート
この日マックス161キロ

反対に130キロ台の変化球


c0134734_18060148.jpg
走ってはストライド大きくホームまで駆け抜ける姿、見させてもらいましたっ!



何かが違ったこの日、この後、、、

続きは次で006.gif








by skipelf | 2016-06-19 23:59 | バックネット裏から | Comments(0)  

西陣を訪ねて ⑥ 新しい形、まとめ

女友達と行く一泊二日の京都、再び 記事です


さて、今回のミニツアー最後の訪問先は、伏原織物工場(有)さんです。


「職人さんもいないし自分で出来ることは自分で・・・」

分業を自分お独りでやってしまおうと、最新鋭の織機を設備され
自分でデザイン、自分で織る。

つまりプロデューサーでもあり職人さんもある方の工房です。

c0134734_02293718.jpg


c0134734_02293062.jpg

注文は途切れることはないとのこと!
ほんと素晴らしい作品だものね~^^

西陣は素晴らしい職人さんの集合体であるのはよく分かったけれど、
「独りでやるからこそ」個性がより際立った作品が出来るものですね。
私好きだわぁ



西陣織の歴史は大変古く
明治以降は、明治5年三名が渡仏(リヨン)し技術を持ち帰り近代化を進め、
その後「大織業集団」になったわけですが、現在西陣内で実際に織っているのは10軒。
(丹後とかに外注している)

昔は家の前も横のお家も織っていてその音が聞こえる街だったが、
現在この町内で織っているのはこちらだけだそうです。

西陣総出荷金額グラフを見ると昭和56年をピークにものすごい衰退しているのに驚かされます。
原料の糸も中国からということで、振り回されているとか・・。
そんな状態ですから、先に書いた千両ヶ辻の金融機関支店配置図が歯抜けに・・ってことでしょうか。

文化としても大変すばらしい日本の伝統産業のこと、とても考えさせられます。



京都記、最後にあとちょっとある分は後日に^^








by skipelf | 2016-06-18 23:59 | 2016 京都 新緑 | Comments(0)  

西陣を訪ねて ⑤ 力織機工場

女友達と行く一泊二日の京都、再び 記事です


糸染屋さん・手織りの工房と見学してまいりました。
お次は、力織機の会社の見学です。

吉村織物(株)さん おもに袋帯を生産されていらっしゃいます。


慎ましやかに見える建物は町家になっており、一歩中に入りますと奥の間に見える糸棚に眼が053.gif
c0134734_02233996.jpg
画角に納まっておりませんがブルーだけでもこれだけ!
左右にも美しいグラデーションがずら~っと連なっています。
絹ですから華奢なものでも華があります!


奥の織機工場へも案内くださいました(自家工場は今や西陣でも希少)
c0134734_02234483.jpg
職人さんの年齢は高くなっており、〇十代でも若手、、と^^

c0134734_02234969.jpg
↑糸を濡らして織っていらっしゃいました

工場は機械が何台も動いていますから、ものすごい音。話す声も聞き取れません。
しかし、うるさいのとは違い心地良いリズムでもあります。

c0134734_02235201.jpg
写真には入っておりませんが、
織り機は随分高い所まであってせわしく動いているのですよ。

ここで一つ湧き上がった疑問
こちらの見学で見たものとの繋がりは、、、
いやはや楽しいですわ♪



見学は、資料のお部屋まで見せてくださり恐縮してしまうほど。
(すごすぎて資料の写真撮るの控えました)

琳派は切っても切れないとガイドさん。

c0134734_02241281.jpg
そのお部屋で作業中の女性が作る色指示によって、
このように同一デザインでもイメージが変わるとの説明。



そして、最後にショールームで
c0134734_02235511.jpg
興味深いお話をたくさんいただきました。

覚えているものは↓

・戦で男子を守るのが鎧で、女子を守るのが帯。
 よって、丸帯とかは重いから舞妓ちゃん(さすが^^)は若くないとできない、、とか。
 「ぬれぬき」というものは軽い(↑で糸濡らして織っていたのがそうかな)

・今、紋は8インチのフロッピーに(フロッピー懐かしい~と小声でおっしゃった方も)

・紋屋10年、絵描き10年


c0134734_02254276.jpg
画家の描いた絵、型紙、木箱に入ったのが織り上がった帯
作業の流れを集めて見せてくださいました。



c0134734_02241998.jpg
豪華な帯の制作(デザイン~織り~検品)、未知の世界でした。

心の端はしにギュッとくる見学をありがとうございました。




京都記、あともう少し続きます^^








by skipelf | 2016-06-17 23:59 | 2016 京都 新緑 | Comments(2)  

湯葉ちりめんざんしょう

お材料が揃っていたので
c0134734_01265500.jpg
NHKレシピ(京都の旧家奥さまの)で湯葉ちりめんざんしょうをつくりました。



他に最近の副菜ヒットは
c0134734_12223283.jpg
国産のオクラが出てきたので茹でておかか醤油和え+COSTCOお豆缶。
ことのほかお豆が濃く、コクが調味料にもなり減塩になっています。
オクラ自体もお総菜コーナーのものよりうんとフレッシュで美味しいわぁ




話し変わります!
先日魅力的な記事書かれるブロガーさんのところで見かけた「京都の有名お肉レストランの移転記事」にあれ?

早速食器棚に向いまして・・・
c0134734_12223838.jpg
あははー、やっぱり同じようです~♪
半端ものコーナーでしたけど筋の良いもの置くお店で買いましたからウムウムにんまり045.gif
家にあるのは一枚だけ、、のシアワセ(笑)



ついでに載せましょう!
レシピ確認で超久しぶりに引っ張り出したOL時代のお料理教室レシピファイル
c0134734_12223668.jpg
ボロボロ~
自分で貼ったシールに笑えました^^ 過去にこんなのも→☆

新調し綴り直そうかと思ったけど、ガムテで修繕しようかしら・・039.gif








by skipelf | 2016-06-16 23:59 | 家のご飯 レシピメモ | Comments(2)  

ロッテ戦

プロ野球交流戦、昨今はやってくるチームが一年おきです。

今年は去年こなかったロッテ戦を楽しみにしていました。
球団のエンタメもあか抜けているし、なんといっても12球団イチのファンの応援、
これ見たいものね~♪

c0134734_01415288.jpg
マー君とちょい悪キャラのクール(サングラス取るサービスっぷり)
MCのオネエサンの名前は小夏さんでした037.gif



c0134734_01415519.jpg
c0134734_01415871.jpg
私の場合、たいがいこういうことすると・・。アイスがどうもイケないようだ

c0134734_01420054.jpg
どっかで見たことある、、と思ったら家康君!
始球式は浜松市長さんでした^^

c0134734_01420261.jpg
1・3塁にランナーをつくるのは強い、、昔、そんな事覚えたのはロッテ戦でした。

もう日が変わろうとするときまで戦ったあの日、どうしても勝てなかったナ(日本シリーズ)


c0134734_01420778.jpg
案の定、試合には負ける・・。アイスのせいだORZ

負けた時に見かける相手選手バス、勝つと外野は暫く余韻に浸って応援続けますから(笑)




【おまけ】
c0134734_01420514.jpg
枝豆の殻袋とめるのに使うこれ(糊が残らない)
その昔ロッテの幕張に遠征した時寄ったCOSTCOで買ったんだったなぁ~。
初めて持って行ったのだけど、なんて奇遇!!







by skipelf | 2016-06-15 23:59 | バックネット裏から | Comments(4)  

西陣を訪ねて ④ 手織り

女友達と行く一泊二日の京都、再び 記事です


次の訪問先は、(有)杉村さん
すくい織と呼ばれる技法を中心に手織りならではの色遣いとデザインで表現する帯地織屋さんです。
今年1月、NHK新日本風土記に取り上げられたそうです


全般的な商品説明を伺った後、織の間へ

c0134734_02202927.jpg
店頭に伝統工芸士・京都市伝統産業功労者の表示があったお母様


c0134734_02204254.jpg
原始的な織り方で、下に型紙置いて縦糸の間をすくって織っていきます。
なんと、見ているのは裏側だそうです。

技量がわかるというこの手法、織手は西陣では減って20人以下とか。
この作品(注文品)は細く切った和紙を織り込んでるそうです。
(和紙は硬いから濡らしているそう)

次に入れる和紙の色はトレーの中から選んでいらっしゃいましたが指示があるのかしら^^

縦糸の数は900本、この柄でだいたい1ヶ月かかるそうです。
織り上がりはきっと美しいグラデーション、表側からぜひ見てみたいですね。



c0134734_02203463.jpg
その縦糸をセットする機械



家庭的な団結でいいものを作り上げる老舗織屋さん。

集中力のいる作業中にお邪魔致しました。




そして、お次は力織機工場へ。








by skipelf | 2016-06-14 21:50 | 2016 京都 新緑 | Comments(2)  

西陣を訪ねて ③ 糸染

女友達と行く一泊二日の京都、再び 記事です


西陣は先に糸を染めてから織る織物です(先染め紋織物)

そして、分業で成り立っています。
それらは個人事業主だったり小さな会社だったりで、製織前にものすごく多くの工程を経ているそうです。


一番目に見学させてもらうのは、にしき染色(株)さん。
糸染(糸ばっかし染めている)一番の大手だそうです。
c0134734_02181618.jpg
こうして並んでいると微妙な差がわかるものですね。
色・艶・滑らかさなど、、ランクいろいろあるけれど繭は捨てるところはないそうです


c0134734_02180278.jpg
かせ、乱れると困る→糸口がつかめない の語源


c0134734_02180596.jpg
c0134734_02180921.jpg
(原糸→撚糸→)精錬
せっけんで洗っています。夏はさぞや暑かろう・・。

c0134734_02181251.jpg
糸染


正直、初めて見るもので何が何やら・・。
予習して行けばよかったと思います。

快活な社長さんのもと、若手も含め職人さんの表情・雰囲気がとてもいいのが印象的でした。




西陣織は堅牢度を求めない(洗わないから)
色が大事なんだ
そんなガイドさんの説明が心に残りました。








by skipelf | 2016-06-13 23:59 | 2016 京都 新緑 | Comments(0)  

西陣を訪ねて ② 千両ヶ辻

女友達と行く一泊二日の京都、再び 記事です



「職人とはスピードが大事、
洗いまくったものなんかじゃ ええもんできん
最短でやって「ええもん できた」と、なるわけです」

「技術は、他所の産地ではできないことができる」

「西陣は街中にあるため、コスト高いし、排水の問題もある」

と、男性の上品な京都言葉で語られるツアー。
私のツボ!シビレちゃいます!

c0134734_00164776.jpg

ガイドは上京おもてなし大使で、生まれ育った家は聚楽第の北門があった地域に位置し現在も生糸問屋を営んていらっしゃり、上京区役所による上京街歩きツアーコンテストで最優秀賞を受賞された方とのこと。
我ら本当にラッキーです。



西陣は正式な地名はないそうです。
名称としては、今から訳500年ほど前の応仁の乱に西軍の陣の跡として生まれたそうですが、
織物の歴史としては平安朝以前にまでさかのぼるとのこと。
現在でもエリアは戦前と今では違っているようです。

集合場所となったバス停は、旧西陣織会館と言ってよい西陣織物館(現在は考古資料館)。
場所の下調べしたとき声を出して驚いたのが、先の京都旅の初日ランチを楽しんだ全国的有名パン屋ル・プチメックさんの並びのようなところなんですもの!
あのパン屋本拠地、そんなところに出店していたのかという感動と、オーナーのセンス、
また、のほほんと皆で大喜びしてパンランチを楽しんだところがそんなくっつき方するなんて!
知らないとはいえ恐ろしいほどのヒキ


さて、集合地の千両ヶ辻というところは、江戸時代の中期より西陣織の中心地として栄え、一日に千両に値する生糸・織物を扱ったことからそう呼ばれたそうです。
ところが現在は、配られた「昭和の千両ヶ辻金融機関配置資料」にはこの界隈びっしりある銀行支店のイメージではありません。
住友銀行は空き地に、三菱銀行は紳士服アオキに。。

そんな地域の歴史そのものをスタート地にし西陣巡りはスタートです


c0134734_00164535.jpg
こういった町家
二階の明かり取り・真ん中の窓の説明ありましたが、思い出せません、、残念!
覚えているのは、ものすごく暑いので丁稚さんの部屋だったということです005.gif



※1585年秀吉が関白になり、機業を保護奨励し西陣が次第に栄えていったそうです。
丁度今、NHK大河ドラマが秀吉が関白になり聚楽第などでてきます。
身分をお衣装で表し立派に見せるのは当然ですけども、そんな裏側知りますとなるほどなるほどと思わずにはいられません。








by skipelf | 2016-06-12 23:59 | 2016 京都 新緑 | Comments(0)  

野ウサギ、トンボ

里山の友人宅で立ち話をしていたら、、、はじめて野ウサギを見ました005.gif
てっきり猫が横切ったと思ったら、耳が長がった~!ふっふっふ



この日、
c0134734_21235139.jpg
「私は出かけるので忙しい~」
という時に限って、きれいなトンボが今季初飛来♪

汗をかきつつ、手をクルクル廻しカメラもって近づく小夏オバはん。
焦るし、今く撮れません。

このトンボ君変わった性格で、
何度も何度も舞って去っても戻って同じところにくるのだ!
その度に、またカメラ・・。
やっとピントが合った一枚です(苦笑)

「はよいきなはれ」
と、言われたような・・037.gif








by skipelf | 2016-06-11 23:59 | おもしろ~い | Comments(2)