人気ブログランキング |

カテゴリ:2019 西伊豆( 6 )

 

旅の寄り道

旅先では、市場やスーパーに足を延ばしたり地元の方々の普通の暮らしを覗いてみるのが好きです。

今回は、気になっていた卸団地の大きな文房具屋さんや、その先のエスパルスの施設の先にある食品卸市場へ寄りましたら、土曜日ということもあり殊の外活気づいていました。

文房具屋さんでは、あまりときめかないのに「年取った?」かと焦ったけど、よく考えたら「私の文具フィールドは取り扱い品が豊富な東急ハンズだからだ」と気づいて一安心!(笑)

きらしていたシャープペンシルの芯だけ買って自分土産としました。
いつものじゃないのを選んでいたら、小学生より選択の決断が鈍かった‥(苦笑)

c0134734_23151456.jpg
入れてくれた袋をジーーーー!
そういえば、ハンズはハンズの袋だったり、ロゴ入りテープ貼りだもん。

見ていたらジェットストリーム好きなので、愛用品を一緒に写真を撮っちゃいました^^
(JALのジェットストリームも大好きです)



----------------------------------------------------------------------------------------


振り返ると、この旅も食べてばかりののんびり旅、
グーグルマップにもまだ載っていない自動車道にも偶然でたり、ハプニングも楽しかったです♪
オリンピックが関係しているらしいです。なるほどねー!


c0134734_23464312.jpg
着いた道の駅が新装で引っ越していて、犬の温泉になっていたりもしました(笑)




旅の最後に
c0134734_23480656.jpg
高速の浜松辺りで空が染まりました。



西伊豆の旅行記はひとまずお終いです。








by skipelf | 2019-02-21 23:58 | 2019 西伊豆 | Comments(2)  

沼津で地鯵

二日目お昼ご飯は、沼津港へ。
ヨッちゃんに教えてもらった地鯵のフライをいただきに行きました。

西伊豆は静かでしたが、沼津は街です!(当然ですね^^)

c0134734_23370586.jpg
久しぶりの沼津港、観光客に人気がありますねー!
御多分に洩れず外国からの方も多いのですね。日本の交通ルール無視して出てくるのでこわいぞう~!!




さて、
その小さな食堂はすぐに見つけられました。運がよかったのか並ばず入店です。
店外にも中にも「テレ取材だ」「芸能人来店だ」アピールありますがスルー^^


女将さんに地のものを確認して

c0134734_10544838.jpg


私は地鯵のフライ定食 1,000円

c0134734_23363847.jpg
なるほど!
評判通りの身のふんわり具合でした。



ハニ丸は鯵のなめろう丼 980円

c0134734_23363193.jpg


c0134734_23365030.jpg

一口貰いました。わ~、こんなに美味しい調味はのは食べたことがないです。

外のチラシに「二種類の味噌と六種類の薬味でたたきました」とあります。
聞けばよかった(後悔)。
けども、こういうのは自分で注文しないと注意力散漫なものですからオッケー^^

量がそこそこですので(ハニ丸にご飯あげていますしね)
年齢的にもお腹に程よく、ごちそうさま~。





お手洗い方向に歩いて行ったら、
c0134734_23365715.jpg
右の方に数列写っているの洗面ボウルですし、そこはセリ?入荷場?が上から見学できる場所のようでした。
写っていないけど、撮影場所の左側は魚市場の事務所で、
殊の外大きな規模である生の沼津港を体感できました。

時間が合ったらなら活気あるところを観られるのでしょうね。









by skipelf | 2019-02-19 23:59 | 2019 西伊豆 | Comments(0)  

旅館の朝食

旅館の朝食は愉しみです♪

今回は部屋食、囲炉裏に炭も入れられました。

c0134734_15421812.jpg


昨夜の船盛のお魚の頭入り
(夕食の豆乳鍋に入れてしまいましたので残り二個 笑)
c0134734_15422651.jpg
囲炉裏に炭が入れられ、お鍋ゆらゆら
このゆったり感がイイですねーw


c0134734_15423273.jpg
お葱入れてたっぷりよそいました。

お粥+白いご飯のお替わりもして満腹です^^



もうピークを過ぎた土肥桜を見上げてしゅっぱ~つ
(河津桜よりも早いのですって!)

c0134734_15424173.jpg
心配した雪にもならず時々時雨れた雨、
西伊豆ドライブはふ富士山も見えませんでしたが、それでもありがたい。


どうして漁港辺りをウロウロしているかって?

朝食の鯵の干物が身が厚くジューシィで美味しかったので、
教えていただいて買いに行ったのよ~~!
結局違う集落まで走って朝のと同じもの手に入れて満足ですわ。

ほほー、桜のごとく食い意地満開^^








by skipelf | 2019-02-15 23:59 | 2019 西伊豆 | Comments(2)  

駿河湾の魚の舟盛

この旅一番の楽しみだったお宿の舟盛です。
c0134734_22401749.jpg

すべて駿河湾の天然ものだそう。

c0134734_22402346.jpg

大事に持ってきてくださいました。
深海系も数種入っており、お醤油にふわっと脂が浮きましたヨ。

この日の盛りの中で、甘み食感ストライクは金時鯛でした♪



通常のお宿の懐石料理に舟盛がプラスなので、他にも・・・
c0134734_22403135.jpg


豆乳しゃぶしゃぶのお鍋の豆乳は「飲めますよ」とのことでしたから
c0134734_22403742.jpg
より美味しくさせてみました^^


c0134734_22404278.jpg


c0134734_22404841.jpg

さすが、伊豆の大海原の目の前!
いろ~んな海の幸を堪能致しました。

久しぶりの部屋食、いいものです^^





c0134734_22405640.jpg

温泉も何度も入りました♪








by skipelf | 2019-02-13 23:59 | 2019 西伊豆 | Comments(0)  

三島から伊豆にイン

伊豆では、新鋭女性料理家のランチに大感激♪


お店は里山の中腹にありました。

c0134734_21481293.jpg

まず出されたお白湯をいただきますと胃が落ち着いてきました。
(そもそも、そんなものだった?)

オリジナリティ溢れるインテリアを拝見しておりますと
お台所方面からいい匂いがしてきます^^

c0134734_21482063.jpg


c0134734_21482779.jpg

c0134734_21483484.jpg
ハニ丸が選んだお魚は、この日はスズキ。
人生で一番おいしかったスズキ料理で感服しただそうです^^


私の鶏の粕漬けもしっかりお味入って、焼き加減もとても好み。
今思い出すだけでも蘇ってきます。

小鉢などは一見とてもシンプルに見えますが、どれも「ほほ~ぉ!」。

お出汁をちゃんと。素材を大事に。
心を込め作られているのです。

芽キャベツがお汁の中に一つ使われていたりし、思わずニッコリの食材使いで楽しませてもらいました。
真似再現したくてもパワー不足のためしっかり記憶できていないのが悲しいですね~!




食後移動し、何度もリピートしている落ち着ける古民家カフェで、お茶とデザートをいただきました。

c0134734_21520176.jpg

何年たっても綺麗にされており、人気も高い様。
キリキリセーフで待たずに最後のテーブルに座れました^^


向こうの方の若奥様たちのテーブルにカフェオレボウルが見えていましたが、
すぐお隣のおデートの男の子ちゃん、帰った後で気づきましたが、カフェオレボウルで出されたようです。

c0134734_21520988.jpg
すごいなー、今でのお洒落な子はおじけづかないのかなーーー。

な~んて、時代の変遷をしみじみ。。



だけど、ここは遠くなりつつある昭和が心地よい空間なのです。

c0134734_21522332.jpg
お手洗い


c0134734_21521699.jpg
ほ~んと、素敵です









by skipelf | 2019-02-09 23:59 | 2019 西伊豆 | Comments(2)  

咳をぶっ飛ばせ企画

体調不良をおして実家アシスト任務に出かけ、午後はぐたーーっとすることが多かった一月。

「どこかへ行きた~~~いっ」

なかなか取れない咳も吹き飛ばしたいし、
温泉、、ん、 温泉へ行っちゃう?💛



調べてみると、この季節、スペシャル価格なものが出ているものです。
飛行機で登別温泉、JRで平湯、車で西伊豆、、
どれが一番楽でしょう?
体調ダメージうけるのはまっぴらゴメンですからね。

結局、舟盛の魅力に負けて選んだ土肥でしたけども、
二日目まさかの雪予報じゃありませんか!
これには悩まされました。

が、ピンポーン173.png
いざとなったら土肥港からフェリーで清水に脱出です^^



さぁ、出発♪

c0134734_17001965.jpg
途中、天気予報ではなっから諦めていた富士山が顔を出してくれ嬉しいな~








by skipelf | 2019-02-08 23:59 | 2019 西伊豆 | Comments(2)