カテゴリ:ヤムヤム ナゴヤ( 142 )

 

Sarabeth's名古屋

先日、名古屋のデパートバーゲンに行ってきました。
去年店員さんにお薦めいただいていたのでとても楽しみにいたのです^^

バーゲンの開始に合わせて動いたことなかったのですが、二日目で土曜日ということもありかなりの熱気!
レジには長蛇の列ですから『今まで売れ残りを見ていた』と悟りましたヨ^^



さて、
ランチはミッドランドへ向かう途中で目に入ったサラベスでいただきました。

「ニューヨークの朝食の女王」
鳴り物入りでの名古屋のオープンは去年の春だったでしょうか、やっと入店です。
それほど並んでいないのですが30分は待ったでしょうか。。

店内は騒々しくも無く、かといってスノップすぎるわけでもなく、
丁度よく落ち着いた雰囲気。



メニューは奇をてらったものでなく、パンケーキなどで至って普通のアメリカン(いや、上等なアメリカン?)
拍子抜けし、選ぶのにかえって戸惑うほどです。
すべて単品ってところはやや強気^^

c0134734_00475616.jpg
お姉さま友人 エッグベネディクト


c0134734_00480286.jpg
エレガント友人 B.L.T




c0134734_00480732.jpg
そして私は
チキンシーザーサラダと、選べるパンはダブルコーンマフィン
フォーフラワーというミックスジュース

チキンのしっとり・香ばしさや、マフィンとの相性、お味も調理法も気に入りました!
根本を切っただけの大胆なロメインレタスは皆注目(笑)



いい意味で意外だったのが、どのお料理も綺麗で、お手本にしたい要素が入ったものが出てきたことです。
名駅の超超超一等地のビル内です。どうな処で調理しているのでしょうか。

とにかく望んでいた『丁度いい』のが嬉しいです。



そして、
ご一緒の友人達、お二人ともご主人との旅行でニューヨークの本店で召し上がっているのも我ながらエッヘン(笑)

「行ったことない」と仰ったのは、名古屋のお店のことだったのね。
あはは^^








[PR]

by skipelf | 2018-07-03 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)  

ピエールプ・レシュウズでアイスを

久しぶりにピエール・プレシュウズさんへ。
スイーツの部、永年私の不動のナンバーワンです。


此度は、10年ほど前の記憶を辿ってアイス目当てです。
その時の鮮烈な記憶は、いまだに座った席・友人達との位置・パフェの器も目に浮かびます。



残念ながらその時と同じものはもうメニューにはありません。
c0134734_00280460.jpg
新メニューからタンバル・エリゼ
パリの三ツ星レストランのスペシャリテ
薄く焼いたクッキーの中に、
プリン・生クリーム・季節のフルーツ・赤い実のアイス
上は作りたての綿菓子



ハニ丸は
c0134734_00280993.jpg
右奥の赤いアイスは勝手に私が選びました(ぷっ)
だって私のは白いんだもん

茶色いのは中からドロ~ンと出てくるフォンダンショコラみたいなのね^^



c0134734_00281505.jpg
「なんて美味しいの!?」と
アイスを口に運ぶたび呟いておりました^^

写真はアイスを食べ終え、更にノックアウトされたプリン部
この滑らかさ、最高ねっ

正統派フランス菓子の濃いめの甘さも日本のこの季節にバッチリ合わせているのでしょう、
丁度いいんです!
一生もんの一皿に出会っちゃった!!

満足度半端ないです。

何十年経っても、私のナンバーワンは変わらない



そうだ、
粘度の高い綿菓子だけは食べ方がよくわかりません。
小さくしようにもフォークに厚く固くくっつくんですもの!








[PR]

by skipelf | 2018-06-30 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)  

ミート矢澤 名古屋

ミート矢澤のことを知ったのはいったいいつのことだったでしょう?
今のお肉ブームの始まる前、いえ、ミート矢澤さんが先駆者だったのかもしれません。

黒毛和牛A5ランクを使ったステーキやハンバーグ。
関東の「肉好きくいしんぼさん」たちを羨ましく思ったものです。

その後、東京築地市場の片隅にある精肉ヤザワミートの前を通ることも数回あったように思いますが、旅人が朝からお肉買うわけにも参りません(苦笑)

そのレストランが名古屋にでき、「そろそろ混雑もおさまったであろう」と踏んで、
遂に独りで乗り込んでしまいました^^


c0134734_23421563.jpg

お昼時を過ぎても行列が出来ていました。
40分位と言われた待ち時間も実際は15分でラッキー。

サイコロステーキとハンバーグのは本日終了との案内。
確かに魅力的です^^



少々アガリながら、メニューの一番いい位置に載っていた
黒毛和牛100%デミグラスチーズハンバーグを注文。

c0134734_23421572.jpg

c0134734_23420942.jpg


カットするナイフを押し戻すような弾力。
中は説明受けて注文したお薦めのミディアムレア。

必要以上に出ない肉汁はしっかりお肉が旨みをキープしているところも、
スパイスも好み。
最後までとてもおいしくいただきました。

ものすごく力入れているであろうデミグラスは、今まで経験したことのない深みのあるものでした。
でも、私は無くて充分なお味付け。

付け合わせのお野菜 〇
ご飯はフォークでも食べやすい硬めで、お皿に一粒も残らないのは面白いです。


もう少し接客に誠意とやる気があると居心地が良いと思います。








[PR]

by skipelf | 2018-05-20 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(4)  

DEAN & DELUCA カフェ広小路本町

ここの処、DEAN & DELUCAが名古屋でも徐々に店舗を拡大。

先月できた名古屋のカフェは、旗艦店の名駅とデパート内店舗の栄の中間の路面店。
昔で言う東海銀号本店(三菱東京UFJ銀行名古屋)のお隣というとイメージ沸くかな。

c0134734_01530517.jpg
あら、銀行前にこのような記念碑ができたのですね。
旗は今月こけら落としだった御園座の



界隈で用事を済ませたらもう三時近くでしたからランチをいただきました。
(本当はもうちょっと足を延ばしたところでと思っていたのですが・・)

c0134734_01532109.jpg

真新しいビルで、DEAN & DELUCAカフェもまだ一ヶ月経っていないようです。
買い物客に賑わう名駅や栄のど真ん中でもないので、独りでこの場所のこのようなカッコイイお店でランチをいただいておりますと妙にお通な感じがします(笑)


c0134734_01531316.jpg

接客いいし、お味もまずまず^^
お値段高めですけど、その分ガチャガチャしていないから許せます。



c0134734_01532895.jpg

名古屋駅コンコースで見かけたテスラのプロモーション
ガルウイングで注目を浴びていました^^





*** 自分メモ ***

行のバス 幼子二人+ベビーカーの母親 乗車のお手伝い不要とのことでしたが、整理券取ってあげた方がよかったな

名古屋のバス 宇宙と交信できるタイプの方が運転手さんに何度も話しかけていた。木の芽時である

帰りのバス 白い杖の青年が目の前に。初めてのことでした。何をどうして良かったのやら・・。精進しよう。








[PR]

by skipelf | 2018-04-14 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(2)  

肉カフェ NICK STOCK

全国的な流れだそうだけど、名古屋にも押し寄せている肉バルの波、

一度行ってみたかったので、一人でランチ新規開拓してみました^^



名駅直結の新しいビル、JPタワーKITTE名古屋前にオープンしたNICK STOCKさん、
連休の遅い昼、お若い方々で店内賑わっています。

c0134734_21230436.jpg

本日のランチ、一押しというハンバーグをお願いしまして、
小さなサラダがきたあと、、

c0134734_21231599.jpg

こんがり、ぷっくり、美味しそうな焼き上がりです♪



ナイフを入れましたら、溢れるなんてもんじゃない肉汁量

c0134734_21232908.jpg
こっちに飛んでくるかと思わず目をつぶってしまい、
何が起こったのかと、脳も覚醒 あははは

こういうのはゼラチンで何か固めて仕込んであるのかな。


ミートソースかけの脇をとって、山葵やソースを合わせてみました^^
もう若くなのですから、ここはマイナスの美学(笑)


c0134734_21234076.jpg
お肉自体も美味しく、また行きたいな。

ごちそうさまでした!








[PR]

by skipelf | 2017-10-12 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)  

ベーカリーマキマキ /一社

ナゴヤドームへ行くときに、ネットのお友達が紹介していらした初耳のパン屋さんへ寄ってみました♪

c0134734_12433093.jpg

名古屋I.C.から遠くない路地裏にある小さなお店は、市外の者には決してわからなであろうところにありました。でも程よく切れることのないお客さん。

『国産小麦100%使用、厳選した素材と添加物を使わないこだわりの無添加生地でからだにやさしいパン』なのだそう。
いろいろ知ることができてネットってありがた~い^^


店内に並ぶパンはどれも穏やかできれいです。

ご店主さんが説明してくださいました♪
面白いことに、パン達、ご主人さんに似ている・・(笑)



予約しておいた「食パン、クロワッサン二種、天然酵母バタール」を購入
c0134734_12434169.jpg
バターの風味、餡子も手作りなのかないい感じ ◎


写真はありませんが、見るからに「好み~」と思ったバタールは浅めの焼き上がり。とても珍しいですね。
パリっていうのももちろんいいのですけど、しっとりしたこういうのも欲しい気がします。
我が家のサンドイッチの楽しみパンになりそうです。



同地区には大好きなお店があるのですが、困ったことにお休みも増えたせいか今年はそれに当ってばかり!
本当に残念なことでした。

もう一軒開拓をと思っていたところです。
素敵なお店に出会えて嬉しいです。








[PR]

by skipelf | 2017-09-21 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)  

石巻の茄子

ハニ丸が自発的に冷凍庫掃除をしてくれました。
(いろいろ捨てられた・・・、ショボーン)

出てくる出てくる、蟹玉にしようと残しておいたお正月のカニや、お刺身用ホタテ貝柱など。。
(すっかり忘れていました)

この際一気に天ぷら

c0134734_00420524.jpg
左奥蟹、右奥ホタテ、

手前にあるのは地元北部の石巻の茄子です。
トロンと美味しいのです♪

ちょっと離れた隣町の農協だとこれがまた違うのよね~!フシギ!!


丁度、NHK大河ドラマで、井伊の直虎が三河に書状を送る場面であります。
密使は石巻の辺りを通ってるんじゃないかと思われ。。
ロマン感じてひときわ美味しいのであります(^_-)-☆








[PR]

by skipelf | 2017-07-22 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)  

名城大学ナゴヤドーム前 MU GARDEN TERRACE(ムー ガーデン テラス)

建設中から目に入っていた去年の4月に誕生した
名城大学ナゴヤドーム前キャンパス。

c0134734_23001451.jpg
学食は、京都:同志社大学のお洒落な学食(未踏)と同じ経営で、
『こちらの学食も一般開放されている』と知り、
タイミングが合ったら是非行ってみようと楽しみにしていました。


じ――ーっとよく見てっ、、
c0134734_23002507.jpg

c0134734_23003608.jpg

スチューデンツランチをいただきました♪
鶏のクリームソース キャベツ マカロニ ベイクドポテト ってところでしょうか^^
↑柔らかいしお味もなかなかイケルのですよ

お隣の女子大生ちゃんグループのおしゃべりがBGM(死語?)
分け合ったり、楽しそうな話題でパンパンに膨らんでコロコロ笑う可愛らしさ^^
私もそうだったのかなぁ。。

命短し恋せよ乙女 
昭和感いっぱいに、行く末の幸せを祈るオバちゃんになっていました。

それと同時に感じたのは、
忘れていたさっと食べて授業に向かうスピード感や、
お洒落なカフェテリアなのに受け取る案内が手書きの画用紙、、
時空を超えてもここは学食なのですね。


c0134734_23005184.jpg
c0134734_23004461.jpg
デザートコーナーにチョコレートファウンテン すごいっww



お隣に購買が
c0134734_23010338.jpg
さすがにエチケット商品が文房具と一緒に並ぶのですね^^


c0134734_23011171.jpg
c0134734_23011815.jpg
赤埼教授がノーベル賞受賞された記念品なのかなww



c0134734_23012474.jpg

c0134734_23013189.jpg
明るく気持ちの良さそうな図書館のわきを抜けて出てきました。


一部でも一般に開放するのは勇気のいることなのかもしれませんが、
見学できるし名城大学というところを身近に感じますね。



注意)カフェテラスの一般利用は13時からとのお願いが貼りだされていました。








[PR]

by skipelf | 2017-05-13 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(2)  

BISTRO DIA ビストロダイア /中区葵

昨日の続きです。



予約時の応対から好印象♪
記事を書いている今でも余韻が続いています。

写真許可をいただき、お隣はずっとお話しに夢中のようでしたので
ササっと撮らせていただいたのを残したいと思います。



c0134734_00460457.jpg
お皿ごとに取り換えられたラギオール





さて、お料理です

三河地鶏の白レバームースを詰めたグージェール

c0134734_00455372.jpg


見た目もお味もとても洗練されています
左右のはホンモノの石





茨木産サツマイモのポタージュ パルマ産プロシュートのセッシェ
c0134734_00461614.jpg


んっまー、なんてサツマイモの旨みを引き出しているのでしょう!
焼き芋の時のあの感覚、、
そこへ、カリッとした細かいプロシュートの片
粒胡椒粗挽きも甘さを上手く引き締めています。




琵琶湖産稚アユのエスカベッシュ 山菜のマリネ アーリオ・オーリオパウダー
c0134734_00463059.jpg

何種も入った山菜の上品なほろ苦さが心地いい一皿。
稚鮎に合わせるセンスも脱帽です





エスカルゴと、佐賀県産ホワイトアスパラガス、長野県産グリーンアスパラガス ブルゴーニュ風
c0134734_00470884.jpg
エスカルゴ入り
思ったより軽いソースです





カナダ産オマール海老と北海道産キンキのポワレ
アサリとサフランのクリームソース

c0134734_00471934.jpg


見えていませんが、下にオマールとキンキ
アサリのお出汁ぎゅーーーっと出ています






【お肉のチョイス】

私は、宮城県産蔵王合鴨のロースト オレンジソース

c0134734_00472805.jpg


焼き方好み~ ◎
オレンジソースもこんなに奥深いとは!!




ハニ丸は
GW限定 A5等級松坂牛リブロースのロースト 静岡県産本わさびと共に
c0134734_00473717.jpg


もう言葉がないです ◎





キャラメリゼしたバナナのガトー
チョコレートのソルベ パパマンガのソース
c0134734_00475043.jpg
こんなにレベルの高いデザートをいただくのは久しぶりです。
星付きのお店のよう
コースの締めに相当するものでした。






c0134734_00465815.jpg


ライブキッチンは見ていて楽しいものですね。
包丁の切れ味や、プロも小さなフライパンを使うんだー、とかネ^^

人気店だけあって調理人も多いのですが、
指示なしでれぞれの仕事をばんばんこなしていくのも興味深いことでした。
ここのお店はスタッフ各々のスキルが高いということなのでしょうね。
見ている方が目が回りそうなくらい忙しいのに、持ち場以外のこともこなしているのに感心しました。

また、接客も
マダムがお料理を運んでこられるときは我々の名前を呼んでいらしたし、
上手いタイミングでキッチンのスタッフも説明してくれたり飽きさせません。


いいお店だなー。。。


どのお皿も本当に美味しかったです。
おかげで思い出に残るよい記念日になりました。

出会えてうれしいです








[PR]

by skipelf | 2017-05-07 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(2)  

ブランジェリーぱぴぱん /天白区

こちらのお店の評判を耳にしてどれ程経ったことでしょう。
ナゴヤドームへ行くのに東名名古屋ICを使う我々も真反対になるので足を延ばしにくかったのです。

此度はいろんな意味でタイミングが合いました
c0134734_00020577.jpg
可愛い~!
店内は期待以上にウキウキしてしまうディスプレイです。
それにこちらのお店の電話応対や、店頭接客は「素晴らしい!」と言わずにはいられませんww



c0134734_00032266.jpg
「焼きたて」アピールが半端なかったリンゴとリュバーブのパイをその日のうちに



c0134734_00032020.jpg
予約しておいた食パンと好物のヴィエノワを朝食に



c0134734_00033955.jpg
奥:オレンジクリームパン 手前:桜はざくら
c0134734_00075089.jpg
一足先に桜吹雪(クスクス^^)

さくら餡をとじ込めない個性的な成形です!誰でも桜吹雪ができますよ(笑)





写真を撮っていませんが、下調べ中HPで目にしたカンパーニュ・ルーアンなども購入しました。

ジャンヌダルクのルーアン、、
私、望んで行った街じゃなかったけれど、その後名前を聞くだけでじわじわ来る街です。

修行先がルーアンだったのですね。
粉も違えば空気も違いますから全く同じとは言えないんでしょうけど、心意気が嬉しいですね。

総菜パンやサンドイッチがとてもおいしそうでしたけど、今回はちょっと無理でしたのでまたのお楽しみにしました^^





お店違うけど、先日
c0134734_00032683.jpg
木村屋さんの出店に出くわしたので、オレンジピール入りを買ってきました^^









[PR]

by skipelf | 2017-04-05 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)