人気ブログランキング |

硫黄の源泉

【ハニ丸と行く北海道の旅:ニセコ・小樽・札幌 です】


ホテルをチェックアウトしてニセコパノラマラインを走り

紅葉に染まりながら上っていった先は、、、(矢印は平野部)

硫黄の源泉_c0134734_21581012.jpg
硫黄の源泉_c0134734_21581349.jpg




大湯沼です。
硫黄の源泉_c0134734_21582839.jpg

大自然に囲まれた硫黄泉に入ります♪

九州の泥にまみれたことのある身、北の泥と聞いたら絶対に外せません158.png
プラン作りの折、見つけちゃった時は大興奮!!




車から降りると、硫黄の香りぷんぷんです♪
硫黄の源泉_c0134734_21585938.jpg
向こうに見えるお山がチセヌプリでしょうか?


大湯沼は約半周散策できます。
見ると水が沸いているところと、硫黄の出てるところがある様です。
また小さな小川もお山の方からきていました。


硫黄の源泉_c0134734_21583245.jpg
向こうの建物が露天風呂のある町営の国民宿舎:雪秩父


硫黄の源泉_c0134734_21584148.jpg


朝10時開店と同時に入館
硫黄の源泉_c0134734_21584864.jpg

大好物の硫黄泉、泥湯を貸し切り状態で堪能しました~~

泥湯は女湯だけなんだそうです!
沈んだ泥は触ると指の間からやんわり通る
プリンより柔らかいキメのものでした^^

硫黄の源泉_c0134734_21585414.jpg

カメラを持って入れないので、開館前に上の方から撮った雰囲気を。
(この部分の湯船は今回は使われていなかったように思います)


少々無理をしてプランにねじ込みましたけども、行ってほんとうに良かったです








by skipelf | 2019-11-09 17:03 | 2019 ニセコ・小樽・札幌 | Comments(2)  

Commented by マーニ at 2019-11-09 17:20 x
美肌効果の!!
泥ですね。

しかし、朝の10時に温泉とは、、元気いっぱいですね。
高齢化押し寄せる年頃の身では、、朝食食べたらもう、10時
車飛ばしても夕方になっちゃいます。

ああ、、若い事は素晴らしいのです。
Commented by skipelf at 2019-11-09 23:06
★ マーニさま、
なかなか出会えない泥に大喜びいたしました。一生ものです^^

たまの旅行ですから、、と、飛ばしすぎちゃいました。未だ体調が・・あぁ(反省)
早朝にもホテルの温泉に入っているんですよねー。ヒートテックババシャツで倍に汗かいたり、これで身体が体温調整出来なくなった!?
温泉にご飯に紅葉、、できる事ならのんびりマイペースで景色眺めながらスティするのがよろしいですね(^_-)-☆



<< 小樽のベーコン屋 ヒルトンニセコビレッジの朝ごはん >>