築地市場ウニの間

すったもんだの末、築地から移りいよいよ動き出す豊洲市場。

築地市場は6日に閉場したそうですが、明日11日の開場に向け
お引越しのニュースが毎日伝えられています。


もう、ずいぶん昔のこと、
早朝の築地市場、観光客も来ないプロの活きた時間帯、
案内にくっついていかせてもらったことがあります。
顔のきく市場関係大旦那さんの先導でした。


マグロのセリところや、新鮮なお魚の入った発砲がいっぱい積まれたところ、
奥の方に高級な活魚のところもあったけど、

私にとってその時強烈に焼き付いたのは
c0134734_13383320.jpg
このウニの間でした(写真ボカシてあります)

「ここまで見せてくれることはあまりないのかも」と思ったのは
場所が人目に付きやすいところではなかったからです。

この日一番の値をつけた木箱を目の間にし感動したこと、私一生忘れません。



このように大きな市場に毎日入荷し、それらが消化される規模、
一生出会うことのないてっぺんの逸品が確かにそこにはあり、、、

大袈裟ではなく、私の中で何かが変わった気がしました。








[PR]

by skipelf | 2018-10-10 14:04 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

<< 鶏の肝煮 元号か西暦か >>