料理人と車道楽

昨日やっていたテレビ番組「土井善晴の美食探訪」が面白かった~^^

どうやら最後の章だけを観たようですが、
土井さんが「家庭画報」お薦めの【辻】という、わずか半年ほどでミシュラン一つ星を獲得した日本料理店を訪ね、12皿のコースを召し上がるというものでした。

土井さんもかなりの骨董好きな様で、
お店入るなりインテリアを、またお料理序盤のお皿に目が留まられたよう。

ご店主は修行中から古美術を集めていらっしゃったとのことで、
話を伺っていくうちに

「きみ、すごいねぇ」 と、感嘆の声を上げられ、

そして、

「(もしかして)車、買おうとか思わない?」



その時ふと、以前グルメな方がネットに書かれていた
日本の超一流料理店のご子息の車道楽のことが浮かびました。

「どうでもいいじゃない」って思ったのですけど、著者はそういうことを言っていたのかな、、と。




丁度その日の晩は、土井さんのお父さまのハード本より私の十八番
柚庵焼きでした^^

c0134734_21420469.jpg

大きな真鯛のかま



※自分メモ
このサイズの骨付きの漬け時間は、『一晩と半日』がヨロシ








[PR]

by skipelf | 2018-08-07 23:59 | いい言葉 | Comments(0)  

<< リュージュのオルゴール ごほう日 >>