龍村の袱紗

あっという間に7月が過ぎていきました。

ただでさえ二軒分でもちゃもちゃする月末に、
母の皮膚科通いがプラスとなり、
いや、それも皮膚疾患が無ければお薬だけもらう内科だけで済む算段だったのに。。。

間に自分の検診もあり、「暑い暑い」と口から出るより
「あぁ、車運転したくなーい」が先になっている最近です。



そんなこんなでこれという写真もありませんので、
お盆もきますし、最近かなり吟味し手に入れた美しい袱紗を載せましょう。

c0134734_11551306.jpg

一生もので桐箱入りのを持っていたのに、台座を留める紐が傷んでしまい買い替えです。

正倉院宝庫に有るものとの共通性を感じられる奈良時代特有の文様だそうです。

時間かけ選んだのは、暗くなりがちな席へ行く自分を奮い立たせる相棒ってことネ。








[PR]

by skipelf | 2018-08-01 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

<< 笑うパナップ 台風の足跡 >>