いくつになっても、、、

お盆が近づいて、お寺さん行の助太刀任務をしております。
とはいうものの、両親とも全くやってこなった家ですので「ちんぷんかんぷん」です。

先日は「宅施餓鬼」という字が読めず、意味も分からないし困ってしまいました。

友人に助けてもらって、「お施餓鬼」ということじゃないかと・・。

なるほど、聞いたことある!
電話の向こうから友人のご主人も登場してくださり、ざっくりわかりやすく教えてくださいました(礼)





ふと、嫁入り前、婚礼衣装打ち合わせの時のことを思い出しました。

ベテランのスタッフさんから

「おびがんもね~」と言われ、理解不能だったこと。



「帯がん」、、
帯でも持ち上げる道具なのだな、きっと。



と思ったのですが、母が小声で

お美顔のこと」と。



149.pngキャハハハハー



その頃には、もうマッサージとかエステって言葉に替わっていたかもしれません。
日本の伝統・文化もだいぶ薄れていきましたが、いくつになっても面食らいます^^








[PR]

by skipelf | 2018-07-28 23:59 | おもしろ~い | Comments(0)  

<< 台風の足跡 倒産ビッグママ >>