人気ブログランキング |

鮭の川へ

北海道を直撃している台風並みの低気圧がニュースになっている時でした。

ここ洞爺湖では一晩のうちになんとかなってきましたが、抜けきってはいないようです。

ホテルを出発するすぐになんと半円の虹が!(昨日アップしました)

嵐が夜のうちに抜けてくれただけでもラッキーなのに
昨夜のキタキツネといい、なんという幸運続きなんでしょう!!

このままうまくいくのでしょうか!?



さて、ホテルを下山し高速を走り、
指示頂いた場所でお手洗いを済ませた我々、

お願いしてあったガイドさんと無事落ち合いまして車の後をついて走り、
その後徒歩で向かいます

鮭の川へ_c0134734_22252241.jpg
鮭の川へ_c0134734_22252307.jpg
ホップの原種や、数年前の大雨の爪痕の地を抜けると、
雨後で濁り水量の多い川が見えてきました


鮭の川へ_c0134734_22252548.jpg
いるのが見えますね!!
右には命絶えた白い数匹も。。



ここからは、ボケた写真もありますが


鮭の川へ_c0134734_22252703.jpg
この日は10年やっていらっしゃるガイドさんも驚く量の魚影。
いつもは数えて50匹くらいなのらしい

鮭の川へ_c0134734_22252869.jpg
向こうが本流
こちら見えているのの三倍はいるそう

鮭の川へ_c0134734_22253174.jpg
こちらの群れが支流に行きたがるのはこの先のふ化場で孵った卵だから。
ガイドさんは
「この先は人工の水路。本流に行ってくれればいいのに・・」
とおっしゃる。

心に刺さります

鮭の川へ_c0134734_22253798.jpg
確か説明だと2年外洋にいた鮭が返ってきているのです。

ここまで来ると皮はカビの様なものがついているのがほとんど。
水の変化でそうなってしまうのらしいです。

鮭の川へ_c0134734_22253980.jpg
昨日の川とは違って、人が近づこうがもう関係なく
必死で遡上を試みています

水深は1メートルほどらしく
水路前の順番待ち場は、もはやマンション状態に重なっているのでは

鮭の川へ_c0134734_22254105.jpg
ここからは細い水路の急流
それぞれ飛行機が離陸する寸前のあの溜めるチャージをして向かっていきます
(↑イメージね)

鮭の川へ_c0134734_22330204.jpg
水流に負けて斜めになって戻ってくるものの方がはるかに多かった
(この一枚は婚姻色なのがわかりますね^^)



あっけにとられ
なにか、ぽわ~~ん

そんな気持ちでここをあとにしたら


鮭の川へ_c0134734_22254401.jpg
こんなのんびりした北海道の大地が目の前に広がりました


北海道の神様、
お天気も何もすべて幸運に導いてくださりありがとうございました040.gif



つづく





by skipelf | 2015-10-11 00:38 | 2015 永年の夢を叶える旅 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2015-10-14 06:02 x
こちらの川が本命だったのですね。さすがにすごい迫力ですねえ。上に寝っ転がったらそのまま上流に連れて行ってくれそうです(怒られる?)
水流の順番待ちも神々しい!ガイドさんも驚くほどとはラッキーでしたね。素晴らしいものを見せていただきました。
Commented by skipelf at 2015-10-14 16:42
★ 磯辺太郎さま、
より近くで遡上を見学できる場所なのだそうです。前日に自力で別の川を見ておりましたので特徴がよくわかりました♪観光課の方に濁ったら上がってこないと伺いましたが、鮭もやる時はやるのですねぇ。
寝っ転がったらって、、クスクス、大玉送りよ~ん(^_-)-☆
そう、ほんと背びれだらけの動く水面は神々しく、2年もたってなぜ苦しみがまっているここへ、、、と不思議でなりませんでした。
本当にラッキーでしたね。普段から魚釣りを楽しまれる師匠にもそういっていただき嬉しいです^^

<< マルトマ食堂 ザ・ウインザーホテル洞爺 ④ 出発 >>