人気ブログランキング |

なんじゃもんじゃと、貝の話

兄のようなSちゃんに、獲ってきた貝を持って行ったときのこと、、

「なんじゃもんじゃの木が満開」というのでパシャ
c0134734_11144251.jpg

c0134734_10584055.jpg


「通ってきた峠で、今一際きれいに咲く黄色い花木の名前がわからない」
と言うと、これじゃないかと連れて行ってくれました
c0134734_11002787.jpg
うーん、そうなような違うような。。ははは




ところで貝についてですが、

Sちゃんはその昔々の話をしてくれ、
「子供の頃、畳の草を刈って太平洋の浜辺に行き、干している間に大きな蛤を獲りご飯のおかずにした」との話に目を丸くしました。

うちの両親は、私が幼児の頃、朝自転車でやってきていた貝売りの話を。。(私、覚えてる 爆)
枡で量って売ってくれただの、その自転車が錆びていただの。
そのオジサンがどこからやってきていたのかと聞くと、その距離にびーーーっくり!!

また、豊川を和船チャーターして漕いで三河湾へ出て貝を採った。
帰りは毛布を帆にすると漕がなくても風で上ってこれるなんて話も!

香ばしすぎる!!



案外「貝」ってものすごく庶民の暮らしに密着していたのかもしれないですね








by skipelf | 2015-05-08 23:59 | 貝道 入門中 | Comments(2)  

Commented by dowさん at 2015-05-10 20:45 x
ちなみに、、貝の砂だし、、獲れたところの海水で、帰宅の間浸しておくとキレイにできるそうです。
(恐らく海水のサービスはそのためなのでしょう)
家で素早く、、ならば50度のお湯、、15分ぐらいでできると聞きました。
美味しい貝のおすそ分け!!
気持もなごむようです。

お気に入りに入れていただいて、、鼻が高いです。
最近は混み合うコトが多いようです。
やはり、オーナーの人柄でしょうか、、
Commented by skipelf at 2015-05-10 23:19
★dowさんさま、
なるほどぉ、そこの海水っていうのがやはり重要なのですね。先の竹島と今回、両方とも帰宅の間にほとんど砂をはいていたようです。たまたまかなとも思ったのですがやはりそれくらいで良いのですね!?50度のは初耳です\(^o^)/

カフェは不動のお気に入り店ですよー♪維持できていることがまた素晴らしいww
またまたオーナーの接客に唸りながら帰ってまいりました。そん所そこらのものではないですね。今回の考察は「彼はどこいらのホテルのコンシェルジュだった?」です(笑)

<< 母の日は布屋さんへ 猪鼻湖畔でお茶 >>