人気ブログランキング |

妻の背中掻き

プリン、これグゥ!
妻の背中掻き_c0134734_23234726.jpg

(差しいれて入れていただいたお菓子を毎度載せていなく申し訳ないな~。。)

これをいただきながら先輩マダム方とお話。興味深く、フム・フム・フムと伺いました。

その結果、夫の年齢がハニ丸より10歳位上だと妻の背中を掻いてくれない確率が高いのかもと悟りました。
育てたお母様の時代背景まで考慮され、どれくらい手をかけられて育ったかにもよるとも語られる超本格派な井戸端会議。いえいえ、囲んでいたのはプリンです^^

もちろん、性格もあるから一概には言えないけれど、
これを読んでいらっしゃる男性諸君は躊躇せず奥様や彼女の背中を掻けるのかな?
そして淑女の皆さまは、ご主人様に背中を掻いてもらう様素直にお願いできるのかな?
そんなこと頼むくらいならと、意地張って膏薬も孫の手駆使してもがいて自分で貼ってるかしら?うふふ

いろんなご夫婦関係が浮かび上がる「妻の背中掻き」でした。

by skipelf | 2011-06-11 23:59 | おもしろ~い | Comments(4)  

Commented by kickpop at 2011-06-13 01:09
どこそこが痒い、ああ、もうちょっと下、いや、もうちょっと上だ・・・と指示している間に自分で掻けちゃいますよね〜。たまにウチのハニーも背中を掻いてくれ、なんて言ってきますが、ストレッチになっていいから(上腕部)自分で掻きなさいって言ってます・笑。そうそう、アメリカ人なのでちょっとずれている(?)と思うんですが、こちらでは奥様がダンナ様の足の爪を切って&お手入れしてあげたりすることもあるみたいです・・・

美味しそうなプリンですね〜♪
Commented by skipelf at 2011-06-13 02:09
★kickpopさま、
うっうっ、ブログやっていてよかったぁ~!こんな目の覚めるようなコメントいただいて深夜に一人感激しておりますー☆
なんとウーマンリブ(完璧死語)のイメージが埋め込まれているアメリカでは奥様が旦那様のぉ~~~?@@! 何度見ても間違いはなさそうだわ。。
それにストレッチとは、、、確かに掻いてもらうのはラクチンですけど年々身体は堅くなって背中で届いていた両手ももうくっつきません。あぁ、素敵なコメントいただきありがたや~デス^0^

プリン、ケーキ屋さんのものなのですよ~。出合えて幸せ~なプリンでした♪
Commented by 磯辺太郎 at 2011-06-13 21:20 x
これは先日その存在を知ったキャベツの村の「日本愛妻家協会」に聞いてみたら。。。
背中、掻いてあげるくらいなら全然OKですが、「愛妻家」とされるかどうかは・・・?!
ちなみに最近そういうシーンはありませんが、もしリクエストがあったら躊躇せずに「ベリアル」を使って掻いてやります。
「ベリアル」とは史上初の「悪いウルトラマン」で、家にあるデラックスソフビの「爪」がいい具合に鋭いのです。
ちなみに私が頼むときは「同じ場所で爪を上下して」もらい、自分でかゆいところに移動します。
Commented by skipelf at 2011-06-14 02:24
★磯辺太郎さま、
アハ、此れはしたりー!確~か赴任地は女性が強い土地柄でしたよね(違うかな~)!?キャベツ村の「日本愛妻家協会」、、キャハハハ、今ググったら立派なHPがありましたー!スバラシイ^0^
そっかー、磯辺さんはべたべたの愛妻家というより、ご家族思いという方が合っている感じですね~。
「悪いウルトラマン」なんて言うのがいるのですか?そんなもので爪跡が残っていたら、いつ何時か倒れて運ばれた時、家庭内暴力夫なんて言われるやもしれません。どーぞ、やさしくお願いしま~す(笑)
ところでウルトラマンってシェブ~ンも、ツイッターやっているのですねー!!
う~ん、磯辺さんがやってもらう時ってやっぱり理系チック~~^^
どーぞその時、コロッケがロボット五木ひろしやる時の効果音言ってみてくださいね~^0^

<< バッサリ斬ります ブイヤベース >>