エスカルゴ牧場 見学編

三日続けての連載。三重はまだあるのですが、エスカルゴ分最後です^^


お食事の後に説明や養殖場見学!
きっと誰もが心配するのでしょうね。順番はちゃんと考えられているのでした^^

トレイにのせて運ばれてきましたよぉ~!!
赤ちゃんから、出荷しないサイズの子(卵産む子)までのエスカルゴちゃん。
先日載せた写真は上の小さい子なのですよ^^

c0134734_18334493.jpg

友人たちは差しだされた子たちをウワ~カワイイ~だのキャ~だの言って手に乗せています!
(弱虫小夏だけカメラに専念中)

驚いたことに「ヌメ~っとした粘液はお肌にいいのです・・」なのですって(驚)
説明後には、すかさず擦り込む友人たち(汗)
帰りの車中でも、「目の下に乗せればよかった!」なんて言ってたツワモノもいたので笑っちゃうわ^0^

こんな風に上手に触れ合いながらお話が進められ、途中で養殖場へ移動します。
その建物内から撮影禁止となりました。

c0134734_11352839.jpgc0134734_113624.jpg

その建物前にあった干された自家栽培エシャロットと、
腐葉土だったかな、土造り中。フランスの森のような環境を造るため土造りから。

上記二枚にもありますように、建物内は養殖に関し真面目にやってこられたことがよくわかり、
短い時間でしたけど、ご苦労を少しでも理解できたのでした。


さて、こちらは・・・
c0134734_11414436.jpg
通常この手のはスルーしております。

ですが、今回は私自身尊敬するお方も・・・

特別な扱いをされていた写真が2枚 ↓



c0134734_11422850.jpg

そのうちの一枚は・・・
村上料理長さまー
今もご本を胸に尊敬致しております!
ここでもお会いできました^0^

ちなみにもう一枚は、ポールボキューズ氏。
(フランスの彼の厨房内でのもの)




見学を終えてみて、
私自身、エスカルゴ自体のことや、置かれている問題、どうやって処理されているものなのかなんて、ぜ~んぜん知らなかったというのがよくわかりました。
料理人自身も缶詰以外扱い方を知らないとは昨日も書きましたけど、これを読んでくださった方々の中にもあの生のデンデン虫が果たしてどういう状態で焼かれているのかお分かりになる方は少ないのではないでしょうか~?

絶食させてお腹の中の余計なものをない状態にし、殻から外して・・・(言葉にするのはやめます)、臭みなど取るようにハーブなどで一度下煮、そして殻に戻しているんですね~。
なるほど!
ちなみに、殻も製品になるような良い型のものは貴重品なのですって~^0^

昨日の分にリンクしてありますこちらの施設は、車でまいりますと高速で松阪I.C.降りて5分で着くでしょう!ワインなどたしなまれる方、ご興味のある方は、お伊勢参りや松阪にお肉を召しあがりにいらしたときに寄ってみてはいかがでしょうか~?宣伝するわけではありませんけどね^^


最後に、、
c0134734_114305.jpg

小夏、バッグからコヤツを取り出し、密かに記念写真 パチリ^0^





説明係のお姉さんから、肛門の場所のことや、出荷前には海藻系のえさに替え、、なんてお話を聞いていたのですが、
見事に目の前でやってくれ、一目瞭然の貴重な一枚です。

c0134734_11435456.jpg

[PR]

by skipelf | 2009-10-15 23:59 | 貝道 入門中 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2009-10-16 23:10 x
エスカルゴ牧場とはまた香ばしい~
最近は雨の振る日でもあまり見かけなくなってしまいましたね。
実はここの記事のような本格お料理ではないのですが、我が家は「エスカルゴ」というモノ、結構頻繁に食すんです。
それは我が家が大口顧客になっている「サイゼリヤ」であります。
400円くらいなんですが、結構おいしいですよ。(味覚のしきい値が低いかも)
ガーリックの効いたオリーブオイルをフォッカッチャにつけて食うのも上なり!
息子がこの400円の「エスカルゴ」、大好物なんです。
サイゼリヤで息子は「いつものヤツ」というと。。。
ハンバーグステーキに、フォッカッチャ、シーフードチャウダーにエスカルゴ、そしてとどめがプロシュートです。
全部で1000円ちょっとというのがすごい!
「粘液がお肌によい・・・」「目の下に乗せれば・・・」うーむ。香ばしい。
両目でやればバカボンか?
Commented by skipelf at 2009-10-17 13:26
★磯辺太郎さま、
オホホ、「またまた変なところに出没したもんだ!」と、お思いでしょ
うね~^^師匠の岩手の牧場(マキバ)も実に香ばしかったー(笑)
ほんとうに、デンデン虫は見かけないですね~。土に中に卵を産む
ようですが、何か問題があるのでしょうか、、心配ですね。
えぇーっ、さすが洒落たところにお住まいのご一家!「エスカルゴ」
をそのように頻繁に召しあがっていらしたとは!!小学生で「いつも
のヤツ」と言えるのもなかなかお通なのに小洒落た、、いえいえそ
のような洒落たもの達がラインナップに入っているとは@@!甘辛君、
これがらグルメ王子とお呼びしなければ・・^^
おぉっ、それでそのくらいのお値段ですかっ!?サイゼリアは一度
行ったっきり。。ツボを見つけられずに打ち止めにしてしまったけど、
再考の余地がありそうです。よーし(←笑)
バカボンの意味、一晩かかってわかりましたーーー笑える~^0^
チガウヨ チガウヨォー(ケント デリカット風)、目の下のクマのできる
辺りに乗せてピーンとさせたいみたいです。お姉さんの一瞬のスキ
を見計らって目にもとまらぬ早業でやるべきだった?(爆)

<< 金木犀の頃 エスカルゴ牧場 お食事編 >>