ピカソ美術館のカフェ

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事、パリ編 初日です。


やっと入館でき、回り始めましたが、、、

あ~~っ、目に入ってきません。。
入場行列に1時間も立ち尽くして待ちましたからね~

そこで、先に休憩です~!!
アハハハハ



ここがまた良かったのですよ

c0134734_11014389.jpg

邸宅を使っている美術館です、屋根裏部屋だったのでしょうね。

パリの美術館にしては珍しくエレベーターがあるのでラクラク移動♪
リニューアルしており現代的なエレベーターです。


c0134734_11015015.jpg
カウンター奥に掲げられたメニューの片隅にアンジェリーナのアイス発見ー☆

c0134734_11015927.jpg
c0134734_11020691.jpg
この旅でアンジェリーナ本店に行けるとは限りませんからね~。

フレーバー、、ここはマロンでしょー!
心の中でガッツポーズです!!

マロンがごろっとお口に入ったところ、旨~~っ 忘れないわっ


c0134734_11021410.jpg
このレモネードも劇的に美味しい~💛
その後食品店に寄るたびに探しましたが見つけることができませんでした。




良い休憩になりました♪

さぁっ、、と思い席を立ったのですが、、、



をぉぉぉーーーーっ
c0134734_11022287.jpg
屋上テラスがなんて素敵だったんでしょう!
スレートの屋根に囲まれているのですよ。
写っていないけれど左下は中庭が見下ろせます。

ドアの向こうの室内にいたワタシ、
アイスで喜んでいるだけではだめだったようよ、ショボ~ン(苦笑)




美術館内編へ、つづく








[PR]

# by skipelf | 2017-05-11 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

日曜日のマレ

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事、パリ編 初日です。


日曜日はほとんどのお店がお休みになり、旅行者泣かせのフランス。
そんな時の対処紹介でお店が開いているとの記事を目にするマレ地区。

我々、ルーブル→オルセーを見学したら、お次はマレにあるピカソ美術館です。
これを一日でするのですから盛りだくさんですね~^^


オルセーからRERとメトロを乗り継いで
c0134734_09162470.jpg
RER(近郊鉄道)、初めて乗りました♪
車内雰囲気のが他にないのでこんなショット失礼いたします^^

日曜日のせいかパリのど真ん中の車内は空いていました。


c0134734_10220903.jpg
駅の広告^^




マレ地区メトロ駅

c0134734_09164022.jpg

活気があります。

路地の方まで人がぞろぞろ。皆さんどこに行かれるのでしょう~^^
歩いてみてようやくわかることってありますね。
お洒落なところなのだと肌で感じました。

小夏、第一回目のパリ訪問時からファラフェルなるものを耳にしましたが
やっとそのお店の界隈まで来れました(嬉)

結局それはまたもお預けなのですけどね(笑)


c0134734_09164707.jpg
時間が許せば、日曜日はこの地区をあてもなくお散歩してみたいです。




目的のピカソ美術館が見えてきました・・・
c0134734_09165699.jpg
すごい行列です!!
中央に写る美術館から塀に沿って植込みの裏の方でもまだまだ行列。
(後でわかりましたが、入場行列は美術館の中庭でもディズニーランド状態)

この日は第一日曜日で無料開放日だったんですねー!
ミュゼドパスを持っている我々ですが、ここは優先入場の配慮が無いそう。

1時間ほど待ちました~~~



つづく









[PR]

# by skipelf | 2017-05-10 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

苺バトンタッチ

こんな大っきな苺、
c0134734_21035551.jpg
お店で買う苺はもう終盤、
「これで最後かな~」

なんて数日前に思っていたら



あらまびっくり!
c0134734_21040336.jpg
裏庭で一段と青々背が伸びた苺の葉っぱの株元に
赤くなったのを発見しました!

よく見るともう虫にやられたのもあったり・・。

知らなかった~

ものすごい勢いで季節が進んでいくようです。








[PR]

# by skipelf | 2017-05-09 23:59 | 裏庭にて | Comments(4)  

キンブル大府

GWが終わりました。
終わって悲しいのは連休じゃなくって、JRの新幹線名古屋往復タワーズパックが今季分が7日で終了してしまったことですー!
シクシク
利用した人に延長でもう一回使えるクーポンだしてくれたら最高なのになぁ(笑)



さて、車で名古屋南部にいたので、
大府にあるキンブルという、三河まで噂が届いたディスカウント屋さんに寄ってみました。
にわかにゴージャスだったブログから一転です(笑)

この春初めて足を踏み入れた新店舗:三好に続いて2軒目の潜入です。

三好に比べると小さめなせいでしょうか、平日なのに駐車場は満車です。
外の八百屋さんも活気がありすごく支持されているみたいです(お目めぱちくり)



店内では奥の方のリサイクル品へは行かずに一般食品と日用雑貨だけみました。

本当に珍しいもの満載・・!
小夏、嫌いじゃないんだけど変な震えがきます!

写真があったらお伝えしやすいのですけど、撮っていいか聞くのもはばかられる雰囲気です^^

有名食品会社のも結構あるのですよ。
三好ではフォションのリエットの素なんて買いましたし、
すこやかカルピスなんかはものすごくお買い得でした。

でも大体が、
「奇をてらい過ぎて普通のスーパーから返品くらったのかな」
「あぁ、日付がね~、、」
「サンプルなのかな」とかがほとんどかな。

オレンジ味のポッキー三重奏、
ナゴドに持っていくのに丁度良い、ポッカの缶の形状の紙パックの抹茶入りお茶
などを手堅く選んで終了!

レジでは、お姉さん二人体制。
値札が付いていなくても一人が読み上げどんどん手打ちで打っていきます。
しかも、スゴイッ、当たってる(と思う 笑)



そうそう、この辺りは慣れない田舎者には交通の難所でした。
何重もの高速立体交差や、激しい交通量は冷や汗もの。。

ハニ丸、ナビ通りに走ったら、ほんの1キロ位の距離で高速代払う羽目に!!
容赦なく200円だそうです・・。

帰りも上手く道間違えたので↑の200円挽回しました・・。
何か調子の狂うおかしな寄り道でした^^









[PR]

# by skipelf | 2017-05-08 23:59 | おもしろ~い | Comments(0)  

BISTRO DIA ビストロダイア /中区葵

昨日の続きです。



予約時の応対から好印象♪
記事を書いている今でも余韻が続いています。

写真許可をいただき、お隣はずっとお話しに夢中のようでしたので
ササっと撮らせていただいたのを残したいと思います。



c0134734_00460457.jpg
お皿ごとに取り換えられたラギオール





さて、お料理です

三河地鶏の白レバームースを詰めたグージェール

c0134734_00455372.jpg


見た目もお味もとても洗練されています
左右のはホンモノの石





茨木産サツマイモのポタージュ パルマ産プロシュートのセッシェ
c0134734_00461614.jpg


んっまー、なんてサツマイモの旨みを引き出しているのでしょう!
焼き芋の時のあの感覚、、
そこへ、カリッとした細かいプロシュートの片
粒胡椒粗挽きも甘さを上手く引き締めています。




琵琶湖産稚アユのエスカベッシュ 山菜のマリネ アーリオ・オーリオパウダー
c0134734_00463059.jpg

何種も入った山菜の上品なほろ苦さが心地いい一皿。
稚鮎に合わせるセンスも脱帽です





エスカルゴと、佐賀県産ホワイトアスパラガス、長野県産グリーンアスパラガス ブルゴーニュ風
c0134734_00470884.jpg
エスカルゴ入り
思ったより軽いソースです





カナダ産オマール海老と北海道産キンキのポワレ
アサリとサフランのクリームソース

c0134734_00471934.jpg


見えていませんが、下にオマールとキンキ
アサリのお出汁ぎゅーーーっと出ています






【お肉のチョイス】

私は、宮城県産蔵王合鴨のロースト オレンジソース

c0134734_00472805.jpg


焼き方好み~ ◎
オレンジソースもこんなに奥深いとは!!




ハニ丸は
GW限定 A5等級松坂牛リブロースのロースト 静岡県産本わさびと共に
c0134734_00473717.jpg


もう言葉がないです ◎





キャラメリゼしたバナナのガトー
チョコレートのソルベ パパマンガのソース
c0134734_00475043.jpg
こんなにレベルの高いデザートをいただくのは久しぶりです。
星付きのお店のよう
コースの締めに相当するものでした。






c0134734_00465815.jpg


ライブキッチンは見ていて楽しいものですね。
包丁の切れ味や、プロも小さなフライパンを使うんだー、とかネ^^

人気店だけあって調理人も多いのですが、
指示なしでれぞれの仕事をばんばんこなしていくのも興味深いことでした。
ここのお店はスタッフ各々のスキルが高いということなのでしょうね。
見ている方が目が回りそうなくらい忙しいのに、持ち場以外のこともこなしているのに感心しました。

また、接客も
マダムがお料理を運んでこられるときは我々の名前を呼んでいらしたし、
上手いタイミングでキッチンのスタッフも説明してくれたり飽きさせません。


いいお店だなー。。。


どのお皿も本当に美味しかったです。
おかげで思い出に残るよい記念日になりました。

出会えてうれしいです








[PR]

# by skipelf | 2017-05-07 23:59 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(2)