<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

桜の時期の嘯月(しょうげつ)

「桜満開の時期に匠はどんな世界をつくり上げたのでしょう」

どうしても見たいっ(笑)
観光客にはやや足を向けにくいエリアなのですが、うきうき向かいました♪


c0134734_03415661.jpg
完全予約制
当日どのようなものをお創りになるかわかりません

楽しみですね~


c0134734_03415900.jpg
わらびもち
ウイロ 戯れ
キントン 春の山
上用 うららか
桜もち(焼)

しとやかにできない小夏ですが、きな粉が散らばらずに持ち帰れました(笑)

引き取り時間に合わせて仕上げてくださっているようで
本当は速攻いただきたいのだけど、なかなか実行できません。


c0134734_03420231.jpg
c0134734_03420743.jpg
c0134734_03421080.jpg
「う~ん、、」一口いただくごとに声が(笑)
極上な餡はもちろんのこと、皮にも唸ります

特にわらびもち、中外一体感は未体験ゾーン、絶品でした!
(箱の中でこれだけが若干お高いと説明受けました)




c0134734_03450263.jpg
きんとんのドーム型って、枝垂れ桜にも似ていないぁい?^^

先に見学してきた妙心寺退蔵院さんのJRポスター
(写真お借りいたしました)








[PR]

by skipelf | 2017-04-20 23:59 | ヤムヤム キョウト | Comments(0)  

仁王門 うね乃 /京都 左京区

京都西部のお花見から中心部に戻り、遅いお昼をいただきました。

京のお出汁の老舗が出した比較的新しいおうどん屋さんです。
なんと、この時すでにヨッちゃんは召し上がっているのですよねー、さすがっww


c0134734_22592830.jpg
時間が遅いのですんなり入店できました。


c0134734_22595849.jpg
入口の案内
季節もののインパクト大きいです!
こういうお店って期待できると思います^^


c0134734_23002725.jpg
ちょっとぉー(驚)すごいオリジナリティ!

頼んだのは梅たまうどん
見えていませんが自家製鰹梅が入っていい塩梅です♪

「少しお時間いただく」と丁寧に言われましたが
全く問題なく運ばれてきました。


c0134734_23005727.jpg
ハニ丸は、きつねカレー
刻みきつねと九条葱の具だったよう

別オーダーの炊き込みご飯を一口貰いたかったので、配置がおかしくてスイマセン。
本日は、万願寺とおじゃこ ◎
しめじも入っていました

c0134734_23012719.jpg
お見苦しくてスイマセン、鳥獣戯画、好きなんです^^
(ハニ丸の丼)



二人とも美味しくって大満足!
お出汁がたまらなくお汁まで飲み干しました。
お互い「ちょっとお汁お味見」もしないで夢中!

帰宅後ハニ丸はほぼ毎日「アレをまた食べたい」などと言っているので笑っちゃいます。
「このお店はお肉入ったのじゃないな」と思った勘が的中で、きつねとお葱がバッチリだったようです^^

「あらっ、私のだって、意外性あるシンプルな組み合わせ、相乗効果極まりないわよっ^^」

レギュラーメニューでこうですし、これに季節分が入ったら、、京都へ行く度に外せません。


そうそう、スモーキーなお茶も「もしや」と思って伺ったらやっぱり京都の方が愛すると聞く炒り番茶、初めての経験でした♪
また一ついいお店に出会え嬉しいなぁ~








[PR]

by skipelf | 2017-04-19 23:59 | ヤムヤム キョウト | Comments(0)  

絶景京都 桜 京都府庁

夕方になってきました。急いで京都府庁の桜へ。
閉庁してしまうと見られないかもしれませんからー!

もったもったしながら(本日一番の失策)4時半ごろ到着

c0134734_18083229.jpg
予想通りメインの桜はもうお終いのようですねー
(ハニ丸もカメラ出し始めていますね クスクス)



c0134734_18090767.jpg




c0134734_18091080.jpg
到着するのに焦ったのでテラスのベンチにドカッと座り込んでいます(苦笑)





お手洗いをお借りしに行ったときに見つけたところから


c0134734_18091331.jpg
ここ、旧本館は重要文化財に指定されているそうで、
窓枠からの一枚がお気に入りになりました^^




熟慮し出かけた今回の【桜京都】、

寺院の気品ある一本
故人が育てあげた桜のシャワ―
近代日本の超大物たちの別荘群
と、今日アップした京都府庁旧本館

どれも絶景、人生で一番の桜お花見となりました。




    次は、「京都雑記」が数回つづく予定です^^








[PR]

by skipelf | 2017-04-18 18:52 | 2017 京都 桜 | Comments(2)  

絶景京都 桜 南禅寺界隈別荘群

数年前にNHKの特集を見て心を奪われた、南禅寺界隈別荘群

近代日本を作った政財界の大物たちが別邸を建てたところで、
ガイドブックには載っておりません。

その番組のオープニングは、
ハンディカメラが角を曲がると、突然現れる揺れる美しい枝垂桜。

井浦新 「こんなところがあったのか、、」




やっと念願だった桜の季節に来ることができました。
うぅ、うれしい

タクシーの運転手さんも気を利かせて桜が見えないところでおろしてくれました。
「さぁ、角曲がってうわぁ💛言うてください」って^^


c0134734_17451821.jpg

c0134734_17452249.jpg
うわぁ~です、うわぁぁぁです\(^o^)/




c0134734_17453227.jpg
今日は清流亭では何かの展示会があるよう


c0134734_17453757.jpg
今日は何台も人力車が止まって写真を撮っています^^


以前訪れた時は、庭師さんがせっせと手入れをされていました。
桜も優雅に見える様に鋏を入れられているのでしょう。

名作庭家が作り、今も手入れに余念がない別荘群

c0134734_17454126.jpg
ここは別天地ですねぇ(ため息)
中には入れませんが、素晴らしい!

振り返りながらここを後にしました。



c0134734_17452631.jpg




c0134734_17454702.jpg
南禅寺



さくら記、つづく








[PR]

by skipelf | 2017-04-17 23:59 | 2017 京都 桜 | Comments(2)  

絶景京都 桜 原谷苑

この旅のきっかけとなった原谷苑さんは、金閣寺の奥の方にある林業家個人所有の
桜の時期に公開されるというお山です。(梅・紅葉時、無料開放?)


入園料は開花状況によって変わり、
私の入った時は最高の1500円になったばかりの頃でした^^

c0134734_11151861.jpg
紅枝垂れ、御室桜、源平枝垂れなどなどが、ユキヤナギやボケなどと植栽され
長期間楽しめるようになっているそうです


c0134734_11153597.jpg


c0134734_11181246.jpg
あちこちで桜のシャワ―




休憩しましょうかね
c0134734_11160089.jpg



c0134734_11161203.jpg
食べ物は持ち込み不可ですが、
お赤飯、お寿司屋さんや仕出しのものが充分納入されています。
予約すればそこそこ立派な花見弁当やすき焼きもいただけるようです^^

休憩個所や縁台もたくさん用意されています

c0134734_11160585.jpg
追加っ💛




そして、また散策
c0134734_11162077.jpg

ご家族やお友達と眺めたりカメラ構えたり、
皆さん各々の楽しみで過ごしておられます^^


c0134734_15040399.jpg


c0134734_14150392.jpg



c0134734_11163986.jpg
枝垂桜のトンネルの中に入れば
もう、ビューンビューン、圧倒されそうです^^

写真はうまく撮れていません。
お伝えしきれず残念デス

欲を言えばもう数日あとですともっとピンクに染まっていたと思われます。

圧巻の桜の園でした!
堪能しました。また来たいですね。




さくら記、つづく









[PR]

by skipelf | 2017-04-16 23:59 | 2017 京都 桜 | Comments(2)  

絶景京都 桜 妙心寺退蔵院

今度の京都は、「あそこの桜が見たいっ!」という桜ありきの訪問です♪

自他ともに認める雨女ですから、天気予報と開花情報とにらめっこ^^
「行けるっ」と決定し切符をとったのは二日前です。

始発新幹線から在来線に乗り継いで、
まず向かうは、JRの「そうだ 京都、行こう。」の桜



c0134734_01481417.jpg
開門を待っています。




開門し見学順路を進むと木製の門がありました。
c0134734_01482125.jpg
「あ、これが有名な瓢箪とナマズのね~」


と思った瞬間目に飛び込んだのは

c0134734_01483228.jpg


c0134734_01483724.jpg
見たこともない美しい枝垂桜でした




桜の左右に陰陽の庭、こちらは陰
c0134734_02105531.jpg

 砂紋との対比も高貴なものです。






c0134734_01484122.jpg

c0134734_01491580.jpg
お庭の奥の方の庵前




c0134734_01480904.jpg
とても清らかな気持ちで退蔵院さんを後にしました。




さくら記、つづく








[PR]

by skipelf | 2017-04-15 23:59 | 2017 京都 桜 | Comments(2)  

若竹煮 /京都 井上佃煮店

フランス旅行記の途中ですが、、
京都へ行ってまいりました。季節ものですのでそちらを先に^^


今日はリスペクトする錦市場の井上佃煮店さんで買い求めたお惣菜のうち二種のメモを。

四月の旬の一つ、筍~
c0134734_21151531.jpg

若竹煮(筍とわかめの煮物)

色白美形なのに、「こんなに味を入れてもいいのかい?」ってくらいに味が入っています。
だいたい味が沁み込まないのがタケノコってものなのに。。

自分メモ:私の場合、「これでもか、これでもかっ」って位にやってもいいと思われる。




いかみょうが酢 リピート

一日経ってもシャクっとする歯ざわりに感心します!
均一に切ること、みょうがのあく抜きもしっかりやるのはポイントに違いありません。
生姜は新ショウガのような爽やかさ。
農林大臣賞受賞商品でしたネ、えらそうにスイマセン(笑)

調味の方では、酸っぱくないのにアレっと思う(この季節だから?)
容器に調味液も多く入っていません。
かといって野菜は水分抜けていない・・。

この季節の酢の物にいい感じ。
和えるって感じかしら



どちらも本当に良いお手本で嬉しいな








[PR]

by skipelf | 2017-04-14 23:59 | ヤムヤム キョウト | Comments(0)  

ルーブル美術館 その他

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事、パリ編 初日です。


ルーブル鑑賞後、各自ランチをとって集合です。
添乗員君から何カ所か案内をいただいたのですが、いっちばーん簡単に通路脇にあるスナックスタンドで
c0134734_20111578.jpg
造り付けハイチェアーから滑り落ちそうになりながらいただきました^^

駆けずり回り、刺激もうけ、脳も身体もくたびれました!
「あまり考えたくない、シンプルに」ってところです。

これがねー、ハニ丸一番の思い出なんですって(笑)

目の前はど真ん中のナポレオンホールの上層
ミッションやり終えて、世界中からやってきた行きかう人々を見るのも良い経験でした。



世界に誇る観光地、良からぬ人もやってくるのも事実。
c0134734_20112369.jpg
前々日ちょっとした事件があったそうです。
外務省の海外安全アプリに登録しておいたので緊急連絡網で近づかないでと言う指示が来ました。
早々に収まったので我々も見学できたというわけです。



またスリも多く、前回「はいスリがいますよ、そこにもいますよ、ここにもいますよ」と
耳太郎というイヤホンで言われまくった思い出が大きかったので、
「せめて気楽に見たい」という気持ちから
c0134734_20111904.jpg
バッグの口をロック付き安全ピンで留めちゃいました!
ネットで披露していた方、ありがとうございます(礼)



せわしかったけど有意義な時間を過ごせました。
ただ一つ、「目には目を歯には歯をが刻まれているというハムラビ法典を見られなかったのが残念かなぁ~。

でも大変満足♪









[PR]

by skipelf | 2017-04-13 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

ルーブル美術館 ナポレオン三世のアパルトマン

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事、パリ編です。


有名どころ作品の鑑賞を一通り終えましたので、リシュリュー翼にある
ナポレオン三世のアパルトマンが忠実に再現された処の見学に行ってみました。
(ナポレオン・ボナパルトの甥で、大統領、その後皇帝であった)

賑うドノン翼と違いゆったりしていました。
c0134734_16483772.jpg


係りの方に伺って進んでまいりますと、雰囲気は美術館というものとは違った雰囲気に・・・

c0134734_16484154.jpg

c0134734_16484589.jpg

c0134734_16484923.jpg

ベルサイユ宮殿の扉もこんな細工がされていたようですが、、


c0134734_16485454.jpg

うわわぁーっ、、まばゆいシャンデリア!!
アパルトマンじゃないじゃーん、宮殿じゃーん(お品よくありません 爆)
ルーブルにはなんというものが同居していたんでしょう!

c0134734_16485718.jpg


c0134734_16490187.jpg



そして、豪華絢爛、圧巻過ぎて息をするのも忘れそうだったのがこちら

c0134734_16491579.jpg

まばゆ過ぎて私のキャノン君、狂ってしまったのか変な風に写ってしまいました!
旅の感動を残すっていうのがウリな機種なのに(苦笑)

c0134734_16491992.jpg

カメラのせいにしてはいけませんね。
先に有名絵画探しで体力消耗した身にこの衝撃、ポッカ――ーンであります!
ただただシャッターを切っていた覚えがあります

c0134734_16492517.jpg


c0134734_16492831.jpg


c0134734_16493324.jpg

予備知識ナシで軽く行ってしまいました。
ここはすごいところでした。

お恥ずかしながら、マリー・アントワネットがフランス史上最大最悪の浪費家で
革命でそれも終わったのかと思っていたのですが、この路線はプッツリ無くなったわけではないのですね。




1983年の大改造まで財務省として使用されていたそうです。

百聞は一見に如かずと申しますが、百聞聞こえてこないここナポレオン三世のアパルトマン、
お薦めです。




【おまけ】
c0134734_16493775.jpg
リシュリュー翼でもこんなやんちゃな像が気になるのでした(笑)



つづく
ルーブル分はあと一回








[PR]

by skipelf | 2017-04-12 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

自力で駆けるルーブル美術館 

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事、パリ編 初日です。



二日間添乗員さんと街を歩きます♪
まずは、パリのど真ん中、ルーブル美術館へ。

事前に『中は各自で自由に鑑賞ください』と案内されていましたが、
これはたいへんです!!

ワタシ、前回は某大手ツアー会社のパンフレットに載っておられるスーパーツアコン、
それもご主人様が画家という方のそれは素晴らしい解説とともについて回っただけ。
建物の構造や展示場所なんてさっぱりわかりません!


添乗員君について並ばずに館内に入り、日本語パンフをもらい簡単な説明受け、
はいっスタート~☆


c0134734_22373527.jpg
c0134734_22373960.jpg
c0134734_22374335.jpg
サモトラケのニケと、モナリザは、何とかなった・・。


あ・と・は、、

決められた時間内で、もう必死(笑)

なにせ、有名どころの宝庫ですから一つでもこの目で見てみたいでしょ!
ハニ丸は防風ユニクロパンツでしたから汗びっしょりだったそう(笑)

途中で同じツアーの方に出会うと「いくつみられましたかー」です!アハハ


c0134734_22375262.jpg


c0134734_22375641.jpg


c0134734_22380071.jpg


c0134734_22380328.jpg


c0134734_22380660.jpg


c0134734_22381283.jpg


c0134734_22381841.jpg





館内は、ほんと素敵な空間なんですよね~!
c0134734_22383305.jpg


こんなところも素敵で目が離せません^^
c0134734_22382429.jpg


でも、やっぱり宮殿だったわけで、う~~~んゴージャス
c0134734_22382912.jpg


苦労した分思い出深い鑑賞になりました。

美術に無縁のハニ丸も「もっとゆっくり見たかった」と、いうのは意外でした^^

うん!ここの素晴らしさ、美術鑑賞が楽しいと分かち合えたこと、それ、満足よ




【おまけ】
c0134734_22383671.jpg
先輩マダム様、この写真みて声が出ました!
「あぁー、私もこれ撮ったのよー」
(笑)




ルーブル分つづく








[PR]

by skipelf | 2017-04-11 23:59 | 2017 フランス | Comments(2)