<   2011年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

芽吹き

裏庭のヒメシャラが芽吹いてきました。
c0134734_20171467.jpg


震災のショックはやはり大きく、いまだニュースを見れば涙が浮くこともあります。
どれも本当に尊い大切なものばかりです。

最近自分自身の心の持ちようもなんとかコントロールできそうだと思ってきたのですが、
東北に入られた磯辺さんの最新ブログで生の様子伺い、グサっときました。
心が大きく揺れて落ちつかない・・。
いつもネットでお話している方の眼を通して見ると、心の底までえぐられるほどの衝撃を受けました。自社施設の場所を探し出すそのようなご苦労からされ、そこからの光景は・・・。
磯辺さんのご判断で差し支えないところ迄と思いますが、伝えてくださりありがとうございます。

スペシャリストが集結し、ご自分の身を顧みず復興に打ちこんでくださっているのですね。
先週戻られた友人のご主人さまも震災後「監察医としてでも行く」とおっしゃり、寝袋を玄関に準備されていたというのも心にあったので一緒になって響き渡りました。。
私が言うのもなんですが、お疲れ様です。

あぁ、神さま、、、
厳しい冬を越え輝く芽が出て来るごとく、いまだ混沌としているここの人と土地の傷が癒え、
平穏無事に暮らせるところとして育っていきますようにお力添えください。



私は大丈夫ですからね。明日には元気出ます。
ここに書いて心の整頓の助けにしているのですから。。
整頓し空いたところ、明日はそこに何かが入る。
あったかいものだといいな・・・(泣笑)
[PR]

by skipelf | 2011-03-31 22:43 | いろいろな出来事 | Comments(4)  

デパ地下ラバーの新たな視点

もう弥生三月も最終日。
人生のうちで最も忘れられない三月になりました・・・
c0134734_0151414.jpg





*** *** ***

田舎者にとって都会のデパ地下は手の届きそうな別世界です。
先週の連休明けにデパ地下へ立ち寄ってみると随分空いていて見やすかったです。
そこで今の私の目に入ってくるのは、スーパーで見かけないデパート商品の非常食、、、
「おぉ、こんなものもイケル!」と、これがまた唸るものが多かったのです。

もしかしたら、うみゃー手羽先なんて非常食箱から見つけ出したら激嬉しいかしら・・などと想像し歩きました。
私がそう思うものは、先日送った箱に忍ばせたら果たして喜んでもらえたかしらなどと想像力もたくましく。ここに来ていたらもっと選ぶ幅があったのだと反省もしつつ!

今まで進物としか見られなかったものも、保存食として見るとまた違って見えてきました。
一つぐらい忍ばせて、辛い時自分を励ましたい!
反対の立場だっから、こんなの嬉しい!とか。
(ご飯がすすんで困るものは却下ですね、やっぱり。。)

今こそ新たな視点でデパ地下を見直し勉強(?)する時かも。



c0134734_23532154.jpg

JR名古屋タカシマヤさんのコーヒー豆屋さんとO&Co.がなくなり、明治屋とベノアになっていてアラマ!
随分前たった一回、足が痛くてコーヒーコーナーで休憩した時のアイスコーヒーです。
一杯ずつ作るスタイルで、香りよく美味しかったな~。
貴重な一枚となりました。

明治屋さんは小さいのですが、ムレソナティーが並んでいました♪
最近名古屋でも買えるようになっていたようですが、商品を目の前にやっと落ち着いて吟味できるようになりました^^
[PR]

by skipelf | 2011-03-31 00:26 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)  

ミノムシ

アッハ!また出来てる~
c0134734_20572173.jpg

毎年できる木って決まっているのよね(驚)

他にもいつの間にかカマキリが産まれ育ってぶら下がっていてギョッとしたり、巨大化したのが寿命をまっとうする寸前で動かなっているのも、このモッコウバラなんだよなぁ・・・。

今年も(は特に)目溢し、、しよ。
[PR]

by skipelf | 2011-03-30 00:07 | 裏庭にて | Comments(4)  

桃のベーグル

ベーグル、ものすご~く久しぶり^^
c0134734_0234875.jpg

先週の名古屋ネタを長々引っ張ってお恥ずかしいけれど、まだいきます(笑)

なんてたって、桃のベーグルなんて目に入ったら気になってしまいますよ~!
「なぜ今月のベーグルが桃?」、、なんて言うのは気にしな~い^^

一人の朝ごはんに軽く焼いて、リコッタチーズといただきもののパイナップルコンフィチュールのせた姿が可愛かったので、製作中にカメラ取りパチリ!

桃の風味がパインで消えちゃうっていうのも承知の上です。
カットしてみると思ったより入っている桃も少ないしね、気ままにゴーゴー^^
 ※ ドライ黄桃、ドライリンゴンベリー 

こういう心の平穏が大切な時は、小難しいこと考えないんだも~ん!!

ベーグルは元マコーズ、ジュノエスクでした^^



名古屋行きの第一目的・予約してあったパーソナルカラー診断は・・・
c0134734_024989.jpg

私は秋かと思っていましたけども春でした^^左上の輪っかのお色が似合うってことです。
一時間みっちり。。受けてみてよかったです。

くっく、ベーグルみたいな輪っかが並ぶ・・^^
[PR]

by skipelf | 2011-03-29 09:11 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(6)  

高校球児たちに拍手!

高校野球:大垣日大 対 東北高校をちらっと見ながらの午前中。

練習湯もままらなかったと言う東北高校を応援したいけれども、
最近時々訪れていた大垣の高校球児の活躍も期待したいところです。
監督はあの時(古い?私・・)の東邦高校の坂口監督が就いていらっしゃるのね~!

八回裏の東北高校11番のピッチャーいいぞう~^^
最終回東北高校0-7で向かう中軸からの攻撃、粘る。
日大大垣1番背負ったピッチャーもここぞでいいボール投げるぅ~。10個目の三振。。
両軍頑張れ~

試合終了にはテレビ前で自然と涙浮いてきちゃいました。
校歌聞く大垣日大の選手たち、嬉しそう!そう、その笑顔、それでいいんだよね

特別に東北高校の校歌も流してあげて欲しい、、←気持ちだけ書いておこうっと

負けたけど涙見せない君たちの深い悲しみ。それをバネに、より逞しくなって戻ってこられますように。
夏に待っているよ


福島からの避難者に手づくり枕贈った高校球児:埼玉の地元の岩槻商業高校の野球部員、
おぉ、そんなところに気付いて、、小夏おばちゃんすご~く感心しました


c0134734_14532669.jpg

上手く撮れなかったけれど、今年初めてやって来た ちょうちょ^^
[PR]

by skipelf | 2011-03-28 11:34 | いろいろな出来事 | Comments(4)  

三陸 海の恵み

うちの辺り、三河湾ででもっともいい状態に育った地のあさり。大あさりではないのですよ^^
c0134734_0475253.jpg

c0134734_0481723.jpg

寒い時期を越え、これからが貝の季節。
三陸名物いちご煮のウニとアワビは・・、いっぱいの海の幸は・・、自然とそう思えていました。

秋刀魚とか海藻、普段から三陸の海の恵みにも感謝して過ごしていました。
通常でしたら新ものの海藻などがうちの食卓にも並んでいたことと思います。
私が魚介をここに載せる時、産地も書いているのは獲れた海に思いをはせているのもあるのです。

今回の震災はこの地方の水産系のダメージは計り知れないと聞きます。

新聞には三陸の漁港壊滅とでました。
近海魚の他に養殖も盛んで、ギンザケの養殖は三陸だけなんだそうです。
青森から千葉までの太平洋岸には大船渡・気仙沼・石巻・小名浜・銚子、、
私でも聞いたことのある大きな漁港が並んでいます。
この地域の水揚げ量は全国の約2割とか。(中日新聞)

それにもまして原発事故で台湾などは東北方面からの輸入物への放射能検査令を出したそうで、関係者の皆さまのお気持ちが晴れない日々が続いているのではと心配です。

奥尻の時、後に潜ったカメラマンの映像が思い出されます。
きっと海の恵みたちは育っていますよね。
道は厳しいけれどきっと道は開けると信じています!

関係者の皆さま、本当にお辛い日々だとお察しいたします。
どうぞ心折れないでくださいね。元気を出してくださいね。
[PR]

by skipelf | 2011-03-27 18:24 | 貝道 入門中 | Comments(0)  

野すみれ

あぁ3月も終盤と言うのに冷たい風ぴゅーぴゅー、なんとも冷える日でした。

里山のアスファルトの切れ目に咲くど根性すみれ~^^
c0134734_1865385.jpg




ミモザも開花まであと一息のようです!
c0134734_1872591.jpg


今年の春は突然目の前に突きつけられて、ハッと目が覚めさせてもらってる感じがします。
震災と言う現実と向き合って知らず知らずのうちに色が無い世界にいることもあるのですね。

お花はけなげで可愛いです。
誰も見ていなくてもこんなにきれいな色を纏っていました!目の前が一瞬のうちに春の野原として生き生き見えてきます^^

野に咲くお花達も自分のできることを全うしているんだなぁ。。
[PR]

by skipelf | 2011-03-26 18:12 | お散歩カメラ | Comments(2)  

大型輸送ヘリCh-47で訓練した人

大震災から一週間と少し経った先週末、、
直後、真っ先に前線へ向かい何らかの活動をされているに違いないと想像していたネットの
お友達:磯辺さんが、24時間体制の前線の単身赴任先から一時本宅へ戻られたと伺いました。

民間と自衛隊との総合訓練の様子をほんの少し前に書かれ、拝読したばかり(拝読中と言ってもいい位)でしたので驚きましたが、すぐに「訓練したばかり!」と頼もしく思いました。 
その様子はこちら

Ch-47とは、自衛隊のヘリのことだそうです。
『原発にお水を上から掛けに飛んで行ったヘリ』と言えばおわかりになる人も多いと思います。
私とてほんの数週間前まで全く目にも入らないモノたちでした。

ですが、訓練時自衛隊のそのヘリに志願して乗ったとおっしゃる訓練の内容に、私もガラにもなく自衛隊プチオタクに成長し、なんと大地震当日朝も磯辺さんのところでお返事コメントをいただいたりしていたのです。

震災後の私は、出動していかれる自衛隊員や原子炉近辺の放水任務にあたる方々を
テレビやラジオの前から見守ることしかできないので、心よりの応援で「アンパンマンマーチ」を聞いてにじむ涙を押さえておりました。
ところが、前線で必死に指揮をとっていらした(?)磯辺さんの頭には、数日たってふと
発売されたばかりの桑田さん(磯辺さんも茅ヶ崎生まれ^^)のアルバムの中から最後の曲

♪ 今は どんなに やるせなくても 明日は 今日より 素晴らしい

桑田佳祐 「月光の聖者達 (ミスター・ムーンライト)」(注 音出ます)が、浮かんでいらしたとおっしゃる!
実際に動いていらっしゃった方々の気持ちはそういうものだったのかと深~く感じ入り
「う~ん・・・」     

大きな責任感背負って緊急活動に当たられている皆さんは、自分でしかともせない希望の灯を熱く灯しているだと思い、改めて気が引き締まりました。



これから長くなってくると直後の体制とは変わり、違うものが求められてくるのでしょうか。
救助・救援・復興活動にあたられる皆さまのお疲れも半端なものではないでしょう。
本当に頭が下がります。

先ほども自衛隊の方々が、Ch-47に救援物資を積み離島へ飛び、震災後新聞も読んでいなくどうなっているのかさっぱりわからなかったという人々に焚き出してくださっているニュースを観ました。

任務を果たされお戻りになったら、今度は国民が彼らにお風呂を沸かしご飯を作って食べさせてあげてもいいのでは、、と思います。

c0134734_18102378.jpg

[PR]

by skipelf | 2011-03-25 18:25 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

わらび

あった、あった~^^
c0134734_23425929.jpg

今年初わらびです!
ちょっと早いかなでしたけど、はしりで柔らかそうです♪

里山の友人が直感働かせてくれたので、お散歩はゴールデン嬢と一緒にいつもと違う小川ルートを進みました^^
途中寒冷紗でしっかり囲った温室は小手毬のだったかしら、、今までゆるい感じで管理されていたのに力(リキ)入っているわ。出荷間近なのかな~^^
小手毬が店頭に並ぶイメージ浮かべ、う~ん、あれが並ぶと園芸店に春~って感じがするのよね。


c0134734_23431171.jpg

帰りにはのびるも少しね^^

ウグイスの啼くお散歩道でした(こちらも今年初^^)
でもまだまだ冷えます~!!
[PR]

by skipelf | 2011-03-24 10:29 | 季節のもの 季節の事 | Comments(4)  

赤福茶屋

c0134734_21145685.jpg

にわか鉄子になり構えていたらぱぉーーーんっ
運転手さんのサービスだったのかな(勝手な解釈です^^)



お伊勢さんへ?ではないのですよ~^^
c0134734_21151980.jpg
c0134734_21153281.jpg

冬期限定ぜんざい(小)とお抹茶

あまりに可愛らしいお昼のお食事、、3時すぎからお腹が鳴ってしまっていたので、
通りがかったJR名古屋タカシマヤの赤福茶屋に足が向く~^^

なんと、入るの初めてなのです!
こんな時でもありますので「お伊勢さんにあやかり心の平穏をちょっといただくのもいいかな」
っていうのもちょっぴりとね^^
少し写っている奥のブース内でお姉さんが指の筋を残しながら餡を乗せていました。
その動作が現代離れした悠久のリズム!

甘いのとお餅、お口直しの小梅干ですっかり元気充電しました^^

前金でお支払いする食券のお釣りがピカピカの硬貨だったのが清々しく印象的でした。
数年前の年号の硬貨ですので洗っているのかな~。
[PR]

by skipelf | 2011-03-23 21:44 | ヤムヤム ナゴヤ | Comments(0)