カテゴリ:2017 フランス( 48 )

 

モンサンミッシェルへ

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑮ です。



この旅行は予報見て心配していた通り、お天気がずっとぐずぐずでした。

二日目、モンサンへ向かう道中も途中で大雨になり、バスの窓を打ち付ける音で目を覚ましました。

「向こうに着いて散策できるのかしらん・・」



ですが、着くころには雨が上がり

雲の切れ目から差す光のなか、姿が見えてきましたー038.gif
c0134734_18445751.jpg



雨後の夕陽
c0134734_18450015.jpg



モンサンが、右に左に見えて
c0134734_18450533.jpg


いよいよ近づいてきました。
c0134734_18450547.jpg
左に橋のようなのも見えていますね~!
以前来たときとはここの部分が変わっています。


さぁ、ゲートを通って界隈に入ります。



つづく








[PR]

by skipelf | 2017-03-08 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

フランス高速道路のS.A. 

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑭ です。



モンサンミッシェルヘ向け高速道路をすいすい走るメルセデスのバス、
c0134734_18424134.jpg
座席の背


c0134734_18424624.jpg
在仏大使館からの注意喚起メール入る
(ルーブル美術館での事件)




乗客は13人だけ。空いていますからラク~♪
(ほぼ満席で辛かった経験あるもので)
走りがあまりに滑らかなので後で聞いたらオートクルーズをばんばん使っているそうです^^



バスは「お手洗い休憩」と「運転手さんの休憩」を兼ねてS.A.に停まりながら進みます。

S.A.は、毎回雰囲気が違いますね。
売店で売っているものも似ているけどさっき売ってた雑誌が無かったり、
テナントの有無、真ん中でクレープを焼くブースがあったり。



面白かったものを並べてみましょう!



オランジーナにゼロってあるんですねー
c0134734_18433931.jpg




今回の旅で注目していた牛さんマーク:ミッシェル・エ・オーギュスタンのドリンク
c0134734_18433588.jpg
前夜ホテル近所のスーパーで見つけ飲みました♪



モンサンの近くではプーラールさんのエコバッグ売っています
c0134734_18434588.jpg




美味しそうだなぁ~と思ったらPAUL
c0134734_18435439.jpg
いいなぁ~、日本もあるといいのにね~



一番珍しいと思ったのは、セルフ・スターバックス049.gif
c0134734_18440044.jpg
フランスらしいカフェ自販機も何台か並んだコーナーもあるのですけどね~^^



c0134734_18435646.jpg
↑ノルマンディー紹介コーナーで^^



余談ですが、、、


お手洗いは、添乗員さんが
「はいっ、こちら」
「はいっ、女性はこちら」と
上手に誘導してくれるし、とっぷり浸かって楽させてもらいました♪

そんな「のほほん気分」のところに、
便座がないという洗礼に大きな衝撃!!
カッキーーーンッ085.gif

フランスの事情は説明受けているけれど、どうしてこうなんでしょうねー。








[PR]

by skipelf | 2017-03-06 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

素敵な海辺の街 オンフルール

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑬ です。


セーヌ川が大西洋に注ぎ込む港町オンフルール
c0134734_17201631.jpg
この向こうはもう大西洋だそうです



総督邸(工事中)
c0134734_17201905.jpg


とことこ歩いて・・
c0134734_17202644.jpg



サント・カトリーヌ教会へ
c0134734_17202165.jpg
フランス最大の木造教会だそうです。



外壁も木造です
c0134734_17203191.jpg
このお飾りはクリスマスの名残でしょうか~^^

c0134734_17203431.jpg


c0134734_17203733.jpg
三回目のフランス、ようやく教会内で腰を掛けて雰囲気を感じられるようになりました。
まだ深い意味は分かりません。




周辺は入ってみたくなる趣味の良さそうなお店が数多くあってウキウキ♪
c0134734_17204104.jpg



c0134734_17202882.jpg


c0134734_17204277.jpg


c0134734_17205648.jpg


c0134734_17205730.jpg

じーーーーーっ(笑)

c0134734_17204872.jpg



c0134734_17205286.jpg

美味しそうなおやつを買いました。ホテルでいただきましょう^^


港町といえども上品な雰囲気でとても素敵なところですね~016.gif
他にも石鹸屋さんや、多種揃えた瓶詰食材屋さんも魅力的でした。


さぁ、世界最長の斜張橋ノルマンディー大橋を見ながら
モンサンミッシェルへ向けて出発です。








[PR]

by skipelf | 2017-03-05 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

オンフルール 海の幸ランチ

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑫ です。


映画のシーンのような海辺の街オンフルールでランチです♪
c0134734_17210335.jpg
どこをとっても絵になる旧港。

レストランが並んでいます。
ここで第一回目の自由昼食を、添乗員さんにお世話いただき皆さんといただきました。



ノルマンディー特産のシードルでカンパ~イ^^
c0134734_16372744.jpg


ハニ丸は奮発して、どうしてもこの沿岸で食べたかったという牡蠣の入った盛り合わせ
c0134734_16373124.jpg
後で確認してもらったら「ノルマンディー産」ということでよかったね~^^

一つ牡蠣をもらってツルッといただいてみますと・・
地元舞阪産と比べるとうんと小さくて、お味も幼い感じですが、
円熟していない分素直さがストレートにきて、生を好まない私にはもってこいでした



私はお昼の選べるセットから
c0134734_16373753.jpg
魚のスープと

c0134734_16374069.jpg
ムール貝

海のものばかりでおかしな組み合わせですが、
私のミッションも一つクリアです(笑)

ムール貝は地元産ではないけど、ヨーロッパ・北海あたり(たぶんオランダ産とかじゃないか)とのこと。

お芋ホクホク美味しい~



ここでは昼食をはさんでのんびり過ごすことができました。
予め時間がわかっていたら気になっていたミシュランの星付きレストラン サ・カ・ナへ行けたかも!
また、街中空いていたので好みのお店に入って二人ロマンチックに窓辺でいただくのもよかったかも!

でも、ツアーは素敵なお仲間とのおしゃべりもまたとない経験でした。
あぁぁ~、こういったところが悩ましい~~~(笑)


♪いま、サ・カ・ナについて調べたら、ネットのお友達エルさんにヒットしました(笑)



オンフルール編、つづく








[PR]

by skipelf | 2017-03-04 23:59 | 2017 フランス | Comments(2)  

ゴッホ終焉の村 オーベル・シュル・オワーズ

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑪ です。



二日目朝、ツアー一行を乗せたバスはオーベル・シュル・オワーズへ。
画家のゴッホが晩年数ヶ月で多量の名作品を描き、丘で静かに眠る村です。

パリ市内から田園風景を楽しみ1時間位のところにある美しいところで、
街に近づくにつれ可愛らしく凝った造りのお家も見え始め、センスの良さを感じます。




オーベルのノートルダム教会
c0134734_00184920.jpg

c0134734_00185359.jpg

c0134734_00185711.jpg

c0134734_00185881.jpg
温かみを感じる教会は村とは言えプチゴージャス。
パリ近郊とあらばこんな感じなのかしら



教会の裏のゆるい坂を上がっていった丘
c0134734_00190114.jpg

c0134734_00190418.jpg
弟さんと眠っていらっしゃいます。
ひまわりが・・。

c0134734_00190880.jpg
墓地の前に広がる麦畑
今は静かな景色ですが、このあたりでゴッホの描いた作品はものすごい生命のうねりを感じます



c0134734_00191006.jpg
すれ違う人、おばさま一人だけでした

c0134734_00191295.jpg
オーベルの階段

c0134734_00191614.jpg




ゴッホの家は冬場はお休みのようで中には入れませんでした。
c0134734_00191717.jpg
今オーベルジュになっているようです
c0134734_12054815.jpg
従業員用?通路の看板かわいい~^^




c0134734_00192232.jpg
鉄道が通ってパリにも近く便利。
この陸橋を渡った処のオーベル川もつがいの白鳥が優雅にすすむ美しい景色でした。
数多くの印象派の芸術家たちがここの村にやってきたのが頷けます。

中でも心を病んだゴッホがものすごい勢いで描き自殺した2カ月間、彼の心はどのようだったのでしょう。

c0134734_12055109.jpg




ゴッホの絵が何がよいのか理解できる方ではありませんでしたが、
この旅の後半オルセーで、実際見てきた景色の直筆の絵を見たとき、
彼の一見荒いタッチで描かれた色遣いがピュアに感じました。

それは、静かなこの村に立って空気を感じたからだと思います。

こういうアプローチもいいものだわ。
ツアー企画者に感謝します。









[PR]

by skipelf | 2017-03-01 12:12 | 2017 フランス | Comments(2)  

ル・コントワール・デュ・ルレ (Le Comptoir du Relais) 

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑩ です。



昨日アップした一枚の写真、シャテルドンが目に入ったアナタッ、、、お友達です051.gif
「炭酸入りのお水」と頼んだだけなのですよ。期待でニヤリとしちゃったわぁ^^


さて、昨日の「プージョランのパン」の続きの記事です。


そのお店は、昨秋仲良しの友人が行った話を聞き興味を持ったお店です。
場所はサンジェルマン、東京で言うと青山・表参道といったあたりでしょうか。


c0134734_23083359.jpg
ホテル併設のビストロ・ブラッセリー料理のこちらのお店は、
夜は高級レストランとなり宿泊客優先で予約は半年先まで満席、
予約不可のお昼は連日長蛇の列と聞きます。

ツアーでご一緒したご夫婦様は以前こちらのホテルに宿泊してディナーを楽しまれたそうです^^


ということで、↑写真は小夏っちゃん並んでいるところからの一枚^^

一回転めでで着席できたうち、アジア系は4人組のお嬢さん、と外席に日本人カップルが一組。
あとは地元のおしゃれな方々で瞬く間に満席となりました。
お隣との間がとても狭いのは、こういう文化なのでしょうね。


本日のお薦めが書かれていると聞いている鏡の壁

c0134734_23084819.jpg
お昼のメニューはアラカルトで、フランス語のみでした。
先日も書きましたが、この為に買いそろえたiPadが、前日まさかの通信容量不足らしい症状で使えません。

折角なので、ここから注文したい!
必死のオーダーです(んっもぉ恥ずかしい~!)


待っている間・・・
c0134734_23085325.jpg
アイっ、小夏っちゃん名物、テレビカメラ(笑)
オーナーさんの取材のようでした。もちろんターンした時写ってまっせ006.gif



c0134734_23085636.jpg
VELOUTE DE COURGE
フォアグラソテーのような身が二切れ入ってまったりするのと、
ネギのような生のお野菜が入って楽しい食感。
包み込んでいるかぼちゃのVELOUTEがものすごぉく滑らかで美味でした。

c0134734_23090172.jpg
ST JACQUE COQUILLE
ホタテの火入れが絶妙です!
トッピングはアーモンドとレモンの皮千切り、、なんという発想でしょう(驚)



c0134734_23090675.jpg
ONGLET DE BOEUF
ハーブ使いが斬新

c0134734_23091254.jpg




c0134734_23090278.jpg
MORUE DE JOUR
私のお魚は、ざく切りチコリ(だと思う)がシャクっとしたアクセント
c0134734_23090913.jpg
ニンジンのピューレが滑らかで甘~くて素敵







デザートも鏡のメニューから
c0134734_23091684.jpg
RIZ AU LAIT
うわ~、やっちゃった、、、と思ったけど美味しかった初めてのお米のミルク煮。
少しずつまとまった状態なのですね。お米の硬さも好みでした。


c0134734_23091930.jpg
MOUSSE DE MARRONS
底に大きなパイナップルがゴロゴロ 
栗のデザート、これは間違いないだろうと思ったのに不思議感あり(笑)
 




どうでしょう、どうでしょう、きっれいですよね~!!


全般的にスパイスやハーブ使いが個性的で、お味は未体験ゾーン。
気のせいかちょっぴり山椒も感じたり・・(そういう胡椒かもしれない)
「へぇ~~、こういう風にもできるのね~」でした。

お手洗いへ行くとき調理場がチラッと見えましたが、引き締まった良い雰囲気でしたね。

これを書くにあたり、ネオ・ビストロの先駆けと目にしました。
なるほど!それっピッタリ^^

世界中から人を寄せる魅力があると思います。




最後に、

昨夜レシートが出てきました。

昨日のお写真、 
ハニ丸のグラスワインより、シャテルドンの方がお高いようで、、クスクス^^








[PR]

by skipelf | 2017-02-27 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

凱旋門 煌めきまっすぐ八方に

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑩ です。

「冬の夜だもの、凱旋門へ登ってみましょう!」



小雨で濡れる最後の階段をそろそろと上がると

c0134734_01030844.jpg
わぁ~!遮るものが何もない、煌めくパリの街が一望です~♪
(写真が残念です。小雨の中膝も笑っています お許しを~)

まっすぐ八方に伸びる道。
あちこちに名所の構造物がおもちゃの様に見えています^^

最初に目に飛び込んだのは、一段と華やかなシャンゼリゼ。
ヘッドライト・ストップランプで紅白色分けされてるわww

向こうに見える大観覧車はコンコルド広場ですね。




エッフェル塔方面
c0134734_01031083.jpg

c0134734_11263797.jpg

c0134734_01031205.jpg




生憎の小雨ですが、皆さん喜んで鑑賞されています^^
どちらかというとアジア系観光客が多いかな。(この時日本人は我らだけだったと思います)
c0134734_11264034.jpg

中国人カップルのやっていたポーズまねっこ^^

一周ゆっくり回りました。
磯部師匠がお仕事で行かれたのは新凱旋門の方だったかな~^^

とにかく、この屋上からの景色はお薦めです。
お昼間でしたらモンマルトルの丘などきれいに見えるんでしょうね。

のちにツアー同行の方々が午後の時間帯で行かれたそうですが、ボワ~ンとしていたそうで、折角でしたら夜がいいのかも!





下ります。
先ほどの階まで下りてお土産みて
c0134734_01031860.jpg

構造の展示さらっと見て
c0134734_11264485.jpg


上からのカメラ画像で映し出されていた灯を見に行ってみました。
c0134734_11264730.jpg
不勉強でした。
凱旋門は第一次世界大戦の無名戦士のお墓があるのですね。








【おまけ】

お手洗いのマークが可愛いゾ(ハニ丸)

c0134734_01033048.jpg









[PR]

by skipelf | 2017-02-24 23:59 | 2017 フランス | Comments(2)  

凱旋門 登ってみよう

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑨ です。



雰囲気ありありの「らせん階段」

c0134734_01020474.jpg

c0134734_01020742.jpg
いったい何階分あるんでしょう!

ぐうたら主婦には辛いけれど、がんばりますわよっ!!


し、しかし、終いには足あがりません、ヒィ~~~~~~っつ




最上階にある展示エリア
c0134734_01020927.jpg


c0134734_01021148.jpg
おおっきいですっ!


迫力の表情に負けないくらいに、ワタシ、膝が笑っています037.gif

しかし、まだこの上の屋上にいく階段があるんですわ・・。

あと一息っ!!!








[PR]

by skipelf | 2017-02-23 22:34 | 2017 フランス | Comments(0)  

凱旋門

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑧ です。



夕方の渋滞時間一歩手前だったこともあり、空港からすいすいとホテルに到着。
私共はこの夜は【体調次第】というプランにしておりました。

現地ガイドさんのホテル周辺の案内などで、大概の方はそういう過ごし方をなさったようですが・・・



じゃんっ!
c0134734_01005056.jpg
ホテルからタクシーで凱旋門にやってまいりました。


登るんですーーーっ006.gif




ご存知の方もいらっしゃると思いますが、凱旋門の足元はロータリーになっており
車が周りを勢いよく走っていて歩行者は横切っては近づけません。

タクシーの運転手さんに言われた通り(たぶんそんな感じで言っていた)
地下を歩いて、歩いて、、


入口ありましたー038.gif
(なんだ、シャンゼリゼから来ればわかりやすいのね 苦笑)

c0134734_01005435.jpg

c0134734_01005657.jpg
値上がりしていた入場料(その後ほとんどのところがそうでした)をお支払いして
セキュリティチェック受け

登りますっ♪








[PR]

by skipelf | 2017-02-23 22:04 | 2017 フランス | Comments(0)  

羽田→パリJAL045便 自分timeの食事

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事⑦ 

引き続き食事記事、
今回は着陸までに提供されるお食事編です。


エコノミーシート体質の身には【着陸前に軽いお食事をもう一度いただける体制】が沁み込んでいるのですが、

おやついただいちゃいましょうか♪」

「これでいいのかしら」
c0134734_11442732.jpg
恐る恐る小さなコントローラーでメニューから選んでカートに入れ送信すると

c0134734_11443141.jpg
一口の味わいの変化がドラマチック~💛
帰りは普通のハーゲンダッツでした。JALの方が美味しいですね





しばらく経ち、
「スモークサーモンいただいちゃいましょうか・・^^」

アラカルトの中からポチッ
c0134734_11443690.jpg
スモークサーモンのサラダ 焦がしニンニクドレッシング

ドレッシング量もニンニク風味もとても控えめでした




そして、着陸に合わせて扶実子の洋食セットをポチッ
c0134734_11444080.jpg
メゾンカイザーのパン

c0134734_11444303.jpg
甘海老とホタテ貝のマリネ 赤ワインビネガーのドレッシング

c0134734_11444788.jpg
マッシュルームのブルーテ ロワイヤル


この頃【セット+麺もの】が到着している周りを見て気づいていたので、フルーツもプラス
c0134734_11444949.jpg



「セットにしなくても、メニューの中から好きなものを組み合わせていただくこともできそうね」
「それに、自分timeでお食事とることができるってことよね」


正直、戸惑いすら覚えます
いまだに信じられないサービスですわ・・。

しかも、
「もしや、回転寿司のタッチパネルに似ている!?」
と浮かび、自分の中で妙に現実味を帯びてきたって・・037.gif



c0134734_11445512.jpg
ハニ丸のお願いした三元豚カツサンドがとても美味しかったらしいです。
着陸数時間前にはメニューから消えていましたので、確実に食べたいものはお願いしておいた方がいいのかもしれません。


いやー、楽しい!
お顔だけは冷静を保っておりましたが、心の中は空のお食事にテンションマックスです011.gif




c0134734_11445668.jpg
配られた目覚まシートあてて「ウルトラセブンみたいだ」と喜ぶハニ丸

c0134734_11445923.jpg
はいっ、雨で湿ったシャルルドゴール空港に到着です








[PR]

by skipelf | 2017-02-22 15:05 | 2017 フランス | Comments(4)