「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2016 長崎・有田( 18 )

 

ノリタケファクトリーアウトレット伊万里

【長崎・有田の旅】の続きです。


お次は、、、
先にアップした深川製磁アウトレットと同じく、ずっとセットで訪問を夢見ていた
ノリタケファクトリーアウトレット伊万里を目指しました。

ノリタケは名古屋に本社のある老舗企業ですが、高級ラインの製造基地と聞いておりましたし(私の集めているシリーズもここで造られれているとか)
名古屋のアウトレットも、出来た時から私的には期待外れなんだもの・・。

食器のアウトレットショッピンクは、その昔、英国のストークオントレントの世界的ブランド数社へ乗り込みましたけども、ありゃ旅人には体力的に無理がありました!眼がついていきませんもの(笑)

そんなこんなで【日本の二大巨塔アウトレット揃う地】、
夢や期待が永年大きく膨らみ、温めていたのです♪


c0134734_23362456.jpg
ここで造られているんですね~(大感激)

c0134734_23362702.jpg
簡素な入口です(当然ですね^^)


c0134734_23371263.jpg
ものすごく良いもの(高級中の高級)もあり、私でも買えそうなお値段に心ぐらぐら

セールでもない平日、他にお客さんはいらっしゃいませんでした。

c0134734_23371615.jpg
ものすごい量です!
写真中央部から入る奥の部屋まで商品が有りました(驚)
見たかったのは、これよっこれ!!




「・・・、けども、これら使いこなせない」 ←えっ?(笑)

夢だけ見ることにします。
アウトレットで夢見られるっていう私、、 わはは

まぁね、それがわかって良かったのよ。
ここまでやってやっと心の整頓が出来ました。

結局、「整える」と掲げた初心貫徹。
好きでコレクションしているシリーズの小皿2枚を記念に買ってお終いにしました^^


c0134734_23372121.jpg
工場内グルッと廻って来た道をまた通り帰ります。


来られて本当によかったです。








[PR]

by skipelf | 2016-12-25 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(4)  

深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク 瓷器倉

梅雨の時期の【長崎・有田の旅】も若干残っておりますので混ぜていきましょう。


この旅は、食器は増やすのではなく整えると決めていました。
旅のきっかけでもあった【深川製磁さん唯一の、工場直営アウトレット部】へ

うん十年願っていた所です。
ここなのね~!夢のようだわ~emoticon-0152-heart.gif
c0134734_21264332.jpg
c0134734_21264610.jpg
c0134734_21264953.jpg
c0134734_21265413.jpg
埃が積もったような商品ではありません。

はぁ~、やはり来てよかったー☆
午前早めでしたのでお客様も少なく、ゆっくり見られました。
デパートに並んでいない一般的でないラインも見られるんですもの、たまりません^^
人気のある商品は売れ行きが良いそうです。

店員さんは必ず手が動いて商品を拭いていらっしゃるのが印象的。
「アウトレットとはいえさすが」と思わずにはいられませんでした。

丁寧に接客していただきまして、目的の品をアウトレットと現行品の違いを箱から出し商品を並べて見せてくださったり、私の持っている小皿も並べてくださったので一番しっくりくるお湯呑を2個。(5個もいらないのよ~、整えるのが目的)
その他ちょっとお買いものして大満足でお店を後にしました。


その後また戻ってくることになったのですが、それはまた・・・








[PR]

by skipelf | 2016-12-19 21:55 | 2016 長崎・有田 | Comments(2)  

ウォーターマークホテル長崎 ハウステンボス

長崎旅の続きです。



宿泊ホテルはツアー会社の「三つのうちからどれかになる」というもので、
お茶碗で洗脳された脳はいつもと違い「どっこでもいいわー」という気楽な気持ちでした^^


で、ウォーターマークホテル長崎
c0134734_00043183.jpg
c0134734_00044498.jpg


c0134734_00042318.jpg
c0134734_00042783.jpg

一見ゴージャスに見えるんだけど、冷蔵庫になにも入っていなかったり随分合理的です。
確かルームサービスも無かったんじゃないかな。。

c0134734_00042583.jpg
お値打ちなパック旅行なら上等です^^


朝食ビュッフェは海を臨むレストランで

c0134734_00045683.jpg
c0134734_00045874.jpg

スロージューサーで作られるジュースが果物のミックス加減も秀逸、美味~♪


c0134734_00050087.jpg
c0134734_00050298.jpg
下三つは九州らしさを出したものね

ごちそうさまでした~☆




↑で書いた三つのうちの一つ 
ロボットがフロントで接客する変なホテルの玄関

c0134734_00050900.jpg
ちょっと先進技術見てみたかったかもemoticon-0105-wink.gif









[PR]

by skipelf | 2016-09-22 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(0)  

ハウステンボス 

長崎旅の続きです。


宿泊するだけのハウステンボス・・。「ちょっと見ておこう」のノリです^^


波佐見から途中ナビに農道のようなところを誘導され、到着でーす!
c0134734_18524549.jpg
c0134734_18524823.jpg
いきなりヨーロッパ風なんだもん、ギャップ大き~い わっはっは^^

ホテル宿泊者駐車場にレンタカー:デミオ君は一晩停まってもらって、
我らはシャトルバスでホテルへ向かいます。



写真多いので畳みます






つづきはこちら・・・
[PR]

by skipelf | 2016-09-21 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(2)  

波佐見焼をつかってみる

長崎の旅の続きです


買ってきた波佐見焼の器に初めてお惣菜をのせてみたときのものです。

c0134734_00535714.jpg
「きっと素敵になる」と形優先で選んだのは素人には難しいと痛感!
反対に最初っから「これ」と選んだのは、トマトだけでもサマになる?
しかし小さくてもお値段は一人前 ハハハ
(奥のものは以前からの手持ちの分です)


c0134734_00540746.jpg
万願寺大きすぎ(笑)

仏様やインドの王様のアクセサリー柄:瓔珞文
これを生かすには修行が必要だわ 
痛みを伴う アイタタタ



c0134734_00540511.jpg
マグロすき身



c0134734_00540355.jpg
昨日アップしたスーパーで買ってみた地のものっぽい和菓子♪




改めて写真を並べているだけでも、初めてのせ器が食器に見えたときのドキドキが蘇ってきました^^








[PR]

by skipelf | 2016-09-20 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(2)  

波佐見を訪ねて

長崎の旅の続きです


この旅は【まずお茶碗ありき】の旅でした。
永年の夢 + 直近の重い器の病、、、

あげた訪問リストみて
「この中で一軒か二軒行けばいいんでしょ?」というハニ丸に

「全部だよ!」



この日はレンタカーで長崎からお宿に向かう途中に波佐見を訪ね、
夕方の一時間強の勝負!


ぜったいに外せないと誓っていた窯元
c0134734_01510506.jpg

c0134734_01510995.jpg

c0134734_01511287.jpg
窯元さんに指差された先の風景に感激で卒倒しそうでした。
ここは静寂ですが、事務所は人気の様で電話がじゃんじゃん

お忙しい中沢山見せてもらって好み好み~~~と大興奮!
そのお部屋で一泊したかった



こちらの窯元ではお願いしてあったものをピックアップ
c0134734_01511663.jpg

c0134734_01512037.jpg
あ~ん、これもいいな~



c0134734_01512410.jpg
泣く子も黙る白山陶器
(時間無くパス)



お洒落ブロガーさんのところでも見かける窯元直営アウトレット
c0134734_01512831.jpg

c0134734_01513086.jpg
もっと時間があったなら・・・



もう時間がーーーー
c0134734_01513226.jpg
ここのセレクトショップもみたかったのだけどタイムアウト~
諦めきれず外から覗く・・^^



村を(いや街か)出る前に地元スーパーを見学
c0134734_01513530.jpg


イヤー、実に濃密!
蓋を開けてみれば、ハニ丸も大層面白かったそうで良かった~^^

波佐見で出逢った働く奥さんたちは巻き髪なんて人はいらっしゃらなく、
こざっぱりカットした髪にエプロンが似合い静かにほほ笑む方たちだったな~

あぁ、ぜひともまた伺いたいですemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif








[PR]

by skipelf | 2016-09-19 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(2)  

長崎と医学

この旅行、プランニングしている時も、ナビしている時も妙に長崎大学の医学部が眼に入ってきました。

翌月の長崎原爆忌の中継だったかでも、医学部の学生だった御兄弟を失くした女性が紹介されていました。
広島あとの情勢で帰ってくるように言った両親に、授業だか研究があるとかで残っていて亡くなったのだと・・。

地図で見ると爆心地に隣接するようにある長崎大学の医学部、
そのような学生さんが大勢いらしたのでしょう。悲しいことです。


先日、ふと

「あ、そっかぁ、、、もしかしてシーボルト!?」
西洋医学を教えたから長崎は医学の上でも日本の先端の地だったんじゃないかしら?

HPで確認しますと
ポンペが創立した養生所・医学所、日本最初の近代的西洋式病院を付設した医学校。1861年8月6日(文久元年7月1日)に落成式、同年9月20日(8月16日)に開院式及び開校式が行われた。
と、あり、ポンペさんって?どなたなのですが、、、



レンタカー旅も苦労した分、多々見えてくるものがあるのかも!
これだから旅はやめられません^^


空港
c0134734_18400185.jpg


もしもーし、着いたよー
c0134734_18400373.jpg



c0134734_18400620.jpg


c0134734_18400709.jpg
市内は市電の走る街でした^^
私の街にもあるのですが、一度に目の前に4両が目に飛び込んでくるところもありたまげました!!一両来るだけでも緊張しているのになー(笑)








[PR]

by skipelf | 2016-09-09 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(0)  

グラバー園 ⑦園内の面白もの

長崎旅・グラバー園分の最終です。


園内で眼に入った興味深いものを並べていきましょう!

c0134734_16372915.jpg
中身だけを現代に入れ替えたものかと思ったのですが、
良く考えると雰囲気を合わせたただの電話ボックスなのかしら?フフ^^


c0134734_16373255.jpg
丘の上の住宅のライフライン?
(もともとここにあったのか、移設なのかはわかりません)

1891(明治24年)に創設された長崎の水道は今の様に各戸に引きこんでなく、
回路に建てたこのような共用栓から出るのを使っていたそうです。


c0134734_16373533.jpg
長崎を舞台にしたマダムバタフライを海外で30年唄いつづけた日本のプリマドンナ三浦環さんの像


c0134734_16373960.jpg
その作曲家プッチーニ


c0134734_16374235.jpg
居留地時代から残る日本初期のアスファルト道路
晩年心臓を悪くしたリンガー氏が人力車が使えるように造らせたと言われているそうです


c0134734_16374528.jpg
西洋料理発祥の碑
奥の館ではお茶などいただけます。

グラバー園では結構ゆっくり廻ったのですが、見どころ満載でそんな時間も持てずに心残りです^^



さて、ながなが書いてきたグラバー園分はお終いです。








[PR]

by skipelf | 2016-09-08 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(0)  

グラバー園 ⑥日本最古の木造洋風建築 旧グラバー住宅 重文

グラバー邸後篇です


昭和36年に国の重要文化財に指定された旧グラバー邸、
その後発見された墨書き(文久三年 1863年)から現存する日本最古の木造洋風建築とわかったそうです。

明治中期までに数回増築され、現在は明治10年から明治中期までを基準に復元されています。

短い時間の見学でしたが、私の目線で、
「あ、ここ面白いな」、「当時をしのんで見つめてみたところ」は、、、



園では通常は上から降りてきます。
グラバー邸は、階段上から海を入れてのショットが多いのですが、
c0134734_18541249.jpg
下から見上げると洋館が重なるランドスケープemoticon-0115-inlove.gif



母屋をぐるっと囲むベランダから長崎港、景色が一体化しています

c0134734_18541619.jpg

室内からも港
c0134734_18542763.jpg
上の半円ガラスはステンドグラスに使うようなものでした。




グラバー園の個人宅は思ったほど部屋数が多くなく、グラバー邸もそうなのですが
c0134734_18543051.jpg
廊下の幅なんかがね、このようにものすごいゆとり。したがって一部屋が大きいのですね~
c0134734_18543303.jpg
温室は今でもイケてるデザインだわ



コンニャク煉瓦(長崎特有の煉瓦)の台所
c0134734_18543576.jpg
薄いのは当時の焼成温度のせいとか諸説あるようです。

ここで、コックさんがフル稼働だったんだろうなぁ~




奥さまのお部屋
c0134734_18544335.jpg
そのベランダ
c0134734_18544512.jpg
ドアの外に鎧戸、床に格子あり


典型的な日本人女性で外にも出かけない方だったそうですが、
このベランダをどんなお衣装でしずしず歩かれたのでしょうか^^




最後に外に出てお庭から邸を後にしました
c0134734_18544866.jpg
c0134734_18545048.jpg
ぐるっと周って下っていくときにあった門
へぇ~、アーチなんだー!




しつこいけど、グラバー園最終版につづく予定








[PR]

by skipelf | 2016-08-30 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(2)  

グラバー園 ⑤旧グラバー住宅 グラバー氏の暮らし

2週間以上空いてしまいましたが【長崎の旅】の続きです。

グラバー園をぐるっと廻ってきまして、最後は「長崎と言えば」の、グラバー邸です。



トーマス・ブレーク・グラバー氏は、1859年に21歳で来日した貿易商で、
混沌とする幕末・明治期に、主に武器造船採炭で日本の近代化に大きく関与した実力者です。

かかわったのも藩や政府、また人物も坂本竜馬、岩崎弥太郎はじめ歴史上の重要人物が出てきますし、
伊藤博文など有望な人物の密留学の手助けまでしていたとは驚きです。
また、キリンビールの基礎を築いたのだそうです。

奥さまは、二度目の結婚となる日本人のツルさん。
なんと結びつけた方は五代様なのだそう!


グラバー邸編は二回に分け、前半そんなグラバー氏の暮らし
後編は建物の造りを載せたいと思います。


c0134734_18413423.jpg
長崎港を見下ろす南山手の丘の上

c0134734_18413736.jpg
ここからのショットは有名ですね。
海外からの方も外さず撮っておいでです^^

c0134734_18414017.jpg
客間にディスプレイされたグラバーさんのステッキや旅行鞄
絵は出生の地をグラバーさんが描いたもの

c0134734_18414404.jpg
私は奥に見えた乳母車に眼が釘付けです♪

c0134734_18414898.jpg
娘さんの結婚式、、だったかな

c0134734_18420730.jpg
食堂
手前左はアイスクリーム製造器

c0134734_18421147.jpg
メインダイニング

説明のお料理名は英でも仏でも無い様で、
日本人が必死に聞き取ったのかしら?(想像です)

c0134734_18421658.jpg
炭鉱の連絡船に使われていたが、後にグラバー邸の食事の合図に使われたドラ

c0134734_18415409.jpg
勝手口から出て正面は馬小屋
私はこれがあることでお出かけの風景が浮かんだし、想像力が膨らみました^^

しかしまぁ、当時と今を比べれば、さすがに大物!
おうちにヘリポートがあるようなもんでしょうか?
いや、違うかな ハハハ


よく見ると手前はキッチンガーデンだったのでしょうね。



さて、生活も穏やかな事ばかりではなく、
隠密事項も多々あったのでしょう
c0134734_18415193.jpg
奥さまのお部屋前の廊下にある屋根裏隠し部屋入口


c0134734_18420469.jpg
これは授けられた勲章のことかな
外国人には破格の勲二等旭日章とか

c0134734_18422035.jpg
キリンビールのラベルの元になった狛犬

ラベルに太いおひげが描かれているキリンは、
グラバーさんの口ひげをもとにしたと言われているそうです。
c0134734_18422323.jpg

最後に現地で感じた事

いくら丘の上の良い場所であっても
こんなく●暑い梅雨明け前の湿気マックスの日本の夏、
スコットランド生まれの方にはさぞやお辛かったに違いない!!








[PR]

by skipelf | 2016-08-24 23:59 | 2016 長崎・有田 | Comments(2)