カテゴリ:2011 関西・淡路( 14 )

 

阪神間で・・・

【 関西・淡路旅行最後・番外編です】

阪神間の中でもお洒落タウンあたりを走行中に気付いたこと、、、
ここってクリニックが多くなぁい???
c0134734_012774.jpg

あれ?また!?って感じなのです。
更に小洒落たところなどよく見ると、エステサロンやネイルサロン併設のところもあるようです。

ケーキ・パン屋さんも多くレベルが高いところだとと聞きます。
面白いなぁ~^0^
[PR]

by skipelf | 2011-08-28 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(2)  

ホテルオークラ神戸の朝食

今頃なんですが、【 関西・淡路旅行の続きです】
夏休みの宿題の追い込みしている子供たちも多いのかな。私も最後2本書いちゃいましょ^^


オークラの良さって華美でないけど、じわじわと嬉しくなってきます。
c0134734_22165234.jpg

たとえばこんな洋食ブッフェの朝食


c0134734_2217042.jpg

おぉそうだった、オークラは私の好きなこのスタイルでカップが出されるんでした♪


c0134734_22171758.jpg

オムレツは優しい笑顔のコックさんが作ってくれ、、


c0134734_22172413.jpg

ワッフルだって外はカリ!美味しそうでしょ?^^

地産地消・オリジナル
[PR]

by skipelf | 2011-08-28 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(0)  

ツマガリ本店

【 関西・淡路旅行の続きです】
想い出たくさん旅行でした。ここのお店の事も是非書かねば~^^


miyorinさんにお連れいただき、遂にツマガリ本店攻め~♪ 
c0134734_12155680.jpg

おぉー、写真だけは何度も見たこのお店の前に立ったぞぉ~
スーパー警備員さんの完璧な車誘導が光る。ん――、こういうお店ってきっといいのよね~!!
入店前から好印象です、一段一段階段降りていくと眼の前に広がる本店だけの生ケーキ~☆
転げ落ちなくてよかった~!


c0134734_1216319.jpg

私が選んだのは写真右のレモンパイ。気持ちグラグラしたけど暑かったから。。
アハ、長い間ここの生クリームものをペロッとしたかったのにね~(笑)
チョコのはハニ丸、もうひとつのはamayanさんにmiyorinさんが選んだものを強奪味見^^

さすが、関西の大御所ですね~。
私のレモンパイはレモン果汁もよく効きリッチなパイケースと相まって過去味わったことのない唸る世界でした。オリジナル色バリバリ出ていますねー!いやー、楽しい~^0^

miyorinさん、おかげで夢を果たせました。どうもありがとうございます。
ごちそうさまでした~♪
[PR]

by skipelf | 2011-07-09 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(6)  

串カツ

【 関西・淡路旅行の続きです】

デパートなど見ていたらすっかり遅くなってしまった神戸の街。
想像のものでしかなかった関西の二度づけ禁止のお店、見~つけた♪ ワクワク
c0134734_1123646.jpg

海老・キス・玉ねぎ・豚肉・鳥もも・れんこん 各2串 12本 1,480円
メニューの上にドンと出されるカジュアルさに眼がまん丸~(笑)


さぁ、いってみよー!!どぼっ
c0134734_1132352.jpg

この勢いで付けるのはビールの人向けかも~^^


c0134734_1133597.jpg

気になっていたやかん。
なんとソースの缶を毎回漉しているみたいでした。眼で楽しむアトラクションのよう♪


元町駅前、なんの下調べもなくまったくの飛び込みで入ったお店でした。
c0134734_1134596.jpg

カラッと揚がっているのだけども、マダム向けの仕上がりとは違うところも面白かったなぁ~。
そして、ソース二度付けることは私には必要ないから今後ビビる事は無いと察っしましたemoticon-0105-wink.gif

ごちそうさまでした~♪
[PR]

by skipelf | 2011-07-08 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(4)  

ホテルオークラ神戸

【 関西・淡路旅行の続きです】

普段ぐうたらしている私には緊張するけれど、
オークラのロビーって落ちついていてとびきり素敵な空間であると思います。
c0134734_193844100.jpgc0134734_19401534.jpg




やさしく包み込まれるような心地よさ、、、じわ~っと好きになっていくホテルオークラ。
きっかけになったのがシーツの糊の具合とシーツの張り具合。些細な事ですけど、旅の途中でのここの部分のフィット感って大きいのよね。

その他も、いいところはいろいろ挙げられるけど、日本人・小夏をほっとさせ優雅な気分にさえさせてしまうのです。

今回も激安プランにもかかわらず軽くリクエストした「静かなお部屋」を、見事物音一つ聞こえないところで案内するホスピタリティ、こういう期待以上のサービスができるところ、さすがだと思います。


c0134734_1939769.jpg
そんなオークラも努力をしているようで
なんでもないアメニティ

ハハハ、
よくあるブルガリのグリーンのシリーズに似たグリーンティですね~。意識したのかな~?
充分じゃない、満足よ~^0^ ボトルの口も大きく、グッ!

お風呂の基本設計、バスタブからカウンターの私物のちょい置き物の取りやすさなど、細かいところまで私の背丈でもほんと使いやすいのです~!





c0134734_19182691.jpg

自分で氷を取りに行こうかと思えば、当然のごとく持ってきてくれました。

オークラならば当然と言えば当然なんでしょうけど、以前いたエレベーターホールの和服の女性はいない厳しい時代にこういうところの質を落とさないこだわりにも自然と一目置いてしまいます。




イカリのマークわかるかな~(お山の上の方に三つあるうちの一つ)
c0134734_19312349.jpg

旅程重視、渦潮船下船後の荒れた髪型でのチェックインも考えてのホテル選び(笑)
実は〇休の限定品。100室完売したら朝食付きという激安プランです♪ バンザイ

前回泊まった時とは違い今度の方が朝食が◎ そんな様子もいずれ更新の予定です^^
[PR]

by skipelf | 2011-07-07 21:58 | 2011 関西・淡路 | Comments(0)  

渦潮見物リベンジ

【 関西・淡路旅行の続きです】

沼島で鱧を堪能した我々。
淡路島の港まで船で戻ったところでmiyorinさんご夫妻とお別れをし、ここまで来たからには、
一路、鳴門の渦潮を目指すことにしました。
潮の時間も上手く合いそうだったからです。

私自身ここに来るのは二回めです^^
前回は小高いところからなら見られるのかと登ったものの、結局訳わからなかった(苦笑)
今度こそ船に乗って近付くことにしましょう!!

c0134734_1155513.jpgc0134734_11653.jpg

お値段のお安い大きな船でよかったのですが、丁度出ししまったばかりでした。
小型水中観潮船なので、海中から渦にまつわる現象を見る事が出来るようなんだけど、説明で言っていた泡すらよくわかりませんでした。


デッキに出てのよいとの案内を聞いて掴まりながら上へ行くと
c0134734_1162321.jpg
c0134734_1163197.jpg
c0134734_1163470.jpg

向こうに見える船が先に出航した大きな方の船です。

洗濯機うず潮の様子を期待していた方ごめんなさい!
これでもこの日の最高潮の時なのですよ~。大潮でないと立派な渦は見られないようです。

実は車で橋を渡っている時、こんなくらいは見えていたような気がするのですけど、まさかそれがそうだったとは。。でも運転者は見えないものね。
行ってよかったです。それなりに楽しかったですから^^

ハニ丸) 渦潮はわらび採りと似ているよな。
      一つめがなかなか見つけられないけど、一回見つけると次見つけやすい

まさにそんな状態でござんした^0^


あとは、地元漁協で鳴門ワカメなど分けてもらって帰りました。
かなりイケメンお兄さんと、そっと席立ち氷を用意してくれた寡黙なアニキ、ありがとう~!

向こうに見えていた立派な美術館、今回もそこへ行けなかったなぁ~。
また行ける日の楽しみにしておきましょう~^^
[PR]

by skipelf | 2011-07-07 17:24 | 2011 関西・淡路 | Comments(0)  

沼島で初めての鱧会席

さぁ、鱧ですよ~、鱧!わくわくemoticon-0159-music.gif

一番好みだった王道の湯引き 梅肉タレ (べったり付け過ぎた写真ですいません)
c0134734_10482656.jpg

柔らかいけれど食感良く、品のよい旨みがたまりませんでした。
このタレの塩梅もど真ん中ストライク!食事の最後まで隅に置いて楽しんじゃいました♪


最初に並んだお料理は・・・
c0134734_10492059.jpg

淡路の新玉ねぎを梅肉酢、素晴らしい出来栄え^^
地たこをゴマとお塩でいただくのは初めて
何故か氷頭、、とっても美味しいけれどこれはここのものじゃないわよね、愛嬌ね^^
左下は下手な編集でデザートのが混じってしまいましたね~(苦笑)

続きはこちら
[PR]

by skipelf | 2011-07-01 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(0)  

沼島へ

今日向かう島は沼島です^^
c0134734_18584678.jpg

随分前に島田紳助さんの番組で裕福な沼島の漁師さんのお見合いがありましたよね?それで名前だけは知っていましたけども、こんなに南だったとはー(驚)

去年miyorinさんご夫妻がこの島で一番良い時期の鱧を召し上がりに行かれたとの記事にものすごく興味が湧いていましたのでお誘いいただいた時お返事速かったのよん、ワタシ(笑)
鱧をいただくと言う文化は私の住む地方ではありませんので興味津津!
決して食い意地だけではありません(ウソ)

c0134734_1192567.jpg

連絡船のテレビではNHKで台風関連のニュースを流しています。
窓にまでざっぷーーーんと波を受け船は進みまーす!この船、案外速いっemoticon-0104-surprised.gif



ところで、慣れない携帯からメールを書いていた時、ハモをホモと打ってしまい自分で笑っていましたらハニ丸が
魚ヘンに豊と書いて 鱧
男ヘンに豊と書いて ホモ
 
だそうですemoticon-0140-rofl.gif
[PR]

by skipelf | 2011-06-30 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(2)  

明石海峡大橋・淡路島

二日目は、miyorinさんご夫妻と淡路島の港で待ち合わせです^^

c0134734_10371577.jpg
以前miyorinさんがブログに載せていらしたファンデーションのサンプル、、、
ふっふっふ、名古屋高島屋さんでゲットしてあるのよ~。彼女にはまだ言っていないけれどお揃気分でペタペタ塗りたくり。
(うふふ、気持ち悪いですか? 爆)



さぁ、出発~♪


私が明石海峡大橋で好きなの所の一つはドラマチックな進入です!
このトンネルと抜けると
c0134734_10441731.jpg

斜めに橋が見えてくるのがたまりません
c0134734_10442693.jpg

この橋は帰りにも面白い風景を見る事が出来ますよ^^



c0134734_1038929.jpg

橋の向こう岸にあるハイウェイアオアシスで買った四国ちっくなドリンク共に、淡路島を南下しま~す!


c0134734_10451443.jpg

名産の玉ねぎの収穫後だったようで、そこら辺にある玉ねぎ倉庫が見事に一杯です!


c0134734_10383894.jpg

のどかな田園風景を見ていると、淡路島では田んぼの畦がコンクリートなのを発見^^
ここの土地ならではの理由があるのでしょうね。


c0134734_10385419.jpg

向かう島が見えてきました♪


この日は台風の影響もあって不安定なお天気です。四国の一部には大雨の予報も出ていたのですよ~。晴れ男パパ殿(実はハニ丸も)のおかげでなんとか薄曇り、雲が切れると真夏のような日差しがぁ~~~(汗)
[PR]

by skipelf | 2011-06-30 23:58 | 2011 関西・淡路 | Comments(0)  

VIPなドライブ 甲山・六麓荘

夕暮れて、、
バーベキューも満足したところで、あまやんに近辺の名所を案内していただきました。
私の街で走っていない高級車を見せていただくだけでもウクウキなのに、連れて行ってもらえるなんて、んっもぉー私VIP気分満開です

その中の一か所が、シンボル的な甲山にある神社:鷲林寺
c0134734_1511055.jpg

ものすごく嬉しそうな顔で打っています。お見せできないのが残念です(笑)

お財布に丁度良い硬貨が見つからずmiyorin師匠に恵んでもらいました!ありがとうございます!!
・・・、えーーーっとぉ、そんな人にご利益はあるかしら?emoticon-0122-itwasntme.gif


そして、皆様名前はご存知の事でしょう~、超高級住宅地:六麓荘
少しだけお届けしようと思います。
c0134734_1562268.jpg

もうほとんど暗くなりかけているのでこの写真では映えませんけども、、
美しい邸宅が建ち並ぶ中、ひときわ目を引くこちらは、ほとんどの方ご存知のミュージシャンの関係者宅のようです。(生活感なかったわ。住んでいらっしゃらないのかなぁ~)
上から見ると音楽の何かのマークであることで有名のようですね。

確か六麓荘は日本で電線を埋め込んだ初めての住宅地だったのですよね?
あんな御屋敷や、こんな邸宅。。植栽も門、照明、一館すべてが統一されて感激しました!
街がキリッとしておりますが威圧感があり過ぎないところは、大きな敷地に半オープンな外溝の邸宅もあり建物を隠し過ぎないからでしょうか~?


私にはちょっと心にズシと重く感じたこちら(奥)は・・・
c0134734_1552372.jpg

大手スーパーDを創業された日本の有名実業家(故人)の元邸宅。
最後はここを手放すことになったそうです。


その他にも有名人のお宅や、一番古いところ、そして近隣街でも美人女優さんのご実家とか、あまやんのブログ見ていたひとひねりあるお家をリアルで見て、解説付きで何倍も楽しい~♪
あまやん&miyorin師匠のVIPツアーを満喫しましたよ^0^



ひょんなことから翌日自力で寄ったので・・
c0134734_9491184.jpg

お山の下の方、入り口で一枚パチリ。
テレビで見たことのあるロサンジェルスの超高級住宅地のようにゲートでもあるのかと思っていました。それは無かったけれど登っていくと空気変わるのね~!
[PR]

by skipelf | 2011-06-29 23:59 | 2011 関西・淡路 | Comments(4)