お庭でマルシェ /豊田市美術館

週末、豊田市美術館の手入れされ美しい中庭で開催されていた『お庭でマルシェ』
センスがピカイチでした.。

c0134734_17084702.jpg



c0134734_17085408.jpg




c0134734_17090847.jpg



c0134734_17090114.jpg


ここは三河でしょう~?(笑)
いえいえ、ニューエイジ達、素晴らしいわよーww



午前の休憩は、京都で修行なさった女性職人さんの和菓子と尾張のお茶
c0134734_17094338.jpg
栗の渋皮煮入り竜田川、山の芋製きんとん錦秋


急いでお昼食べて、美術館のガイドツアーへ
c0134734_17092112.jpg



午後のお茶休憩 
c0134734_17092858.jpg


c0134734_17093603.jpg
そして、また、抜群のパン屋さんにも出会って、んっくーーーーーー!
飛び出たチーズのカリカリ部だけで悶絶&確信なんだものw
もうルンルンです^^


↑の写真の日傘さんはオルガン弾き
c0134734_17091422.jpg


ベンチで隣り合った『同じパン屋さんのクロスティーニと赤ワインのグラスを持っていらした現地在住自営業奥様』との一期一会の出会いも嬉しいことでした。
お話が本当に興味深く、心の栄養になりました。


そういえば今年はマルシェづいていました♪

ベルサイユのフランスのマルシェ
浜名湖クラフトフェア、
勝沼の住民が勝手に始めた自由な雰囲気の朝市、
そして比較的新しい春秋開催の豊田市美術館。

どれも国や規模、内容が違うので一概には比べられません。
来年も是非足を運んでみたいですね。








[PR]

by skipelf | 2017-11-13 23:59 | おでかけ | Comments(2)  

Commented by マーニ at 2017-11-15 07:59 x
美術館の楽しみ!

確かに、か静かに鑑賞した後を振り返っての飲食、、それも、どなたかと意見交換の場にもなる様でしたら、、楽しいでしょうね。

そも、日本人の几帳面!
こんな所で騒いでは・・・と、四角四面、

楽しむに真っ直ぐが苦手なのですね。
素敵な催しでしたね。
Commented by skipelf at 2017-11-17 00:49
★ マーニさま、
会話はとても鑑賞を振り返るようなレベルのものではなかったのですが、おっしゃるようにそういう場にもなりえる場ですねwマルシェをこの場で開催する意義もあるってものです!さすがマーニさん^^
豊田のはそこにバグパイプの音や遠くでオルガンが上品に流れていました。
行ってよかったと思える経験でした^^



<< 容積 ジャコメッティ展 /豊田市美術館 >>