小さな同級会

小中学校時の小さな同級会に誘っていただきました^^

事前に当日参加メンバーの案内が来たのですが、
私の名前が【名字だけの呼び捨て】男性扱い、、いや~ん、悶える(笑)

さて、
集まったのは当時決して仲が良かったわけでもない面々、
私もそうだけど、ここへ集った方ほとんどが奇跡の再会をしているようで
それに導かれて本日きているのでびっくりします。

私もこの会に参加するのは、7年前の『ナゴド外野応援席ですぐ前に座っていたのが中学の同級生だった』というあり得ない出来事です。

それに、宴席で中学では全く接点のなかった女史と話していて
「えっ、あなた、もしや数か月前、私の担当をしてくれた方ー!?」
いつもは名古屋で済ませるのに、この時ばかりは地元に足を向けたたった一回の出会いが
さらなるミラクルを生んでいたのです!

どなたかがおっしゃった
「ここにいるということは、みんな今大きな病気にもなっていなく
まぁまぁに暮らしているということだ」
しみじみ、、そうよね~、数えれば恐ろしいほどの年月。
それを経て集っている事自体が奇跡なのかもね。




会場は大好きな中華屋さん♪
写真はほんの一部です

前菜が2プレートきてからの【茶わん蒸しふかひれ餡】、、
なんて始まりのゴージャス版でした。あぁ口福^^

全部でいったい何皿来たのでしょう💛


大きい海老のワンタン や、
自家製点心の蒸篭の後に  
c0134734_01062635.jpg
蟹のグラタン

一口食べて「あわわ~、何使ってんのー」
オリジナリティ溢れるので質問しちゃいました^^
下には海鮮ゴロゴロ


c0134734_01065659.jpg
メインはスモーク技も入ったトロンと柔らかいお肉

こういう集まりの時、中華で個別盛りにしてくれてあるのは不必要に会話が途切れなくて良かったです。



c0134734_01094546.jpg
M田氏の持ち込みのスペシャルな日本酒など味わせていただいたり
何とも円熟を感じる一夜でした。








[PR]

by skipelf | 2017-04-25 18:02 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2017-04-27 22:59 x
小中のプチ同窓会、年齢的なものなんでしょうか(苦笑)。私にもそういう話が昨今よくあります。
でも数十年ぶりに会ったクラスメイトの女子に「苗字呼び捨て」よくわかります。「○エちゃん」とかファーストネームで呼ぶほど仲良しではなかったし、「●山さん」と改まるほど敬ってもいないですもんね。
さらに「当時は決して仲良しではない面々・・・」その通りです!友達の少なかった私はまさしく今、仲良くできるのがありがたく、再び出会ったのが奇跡とも思えます。
Commented by 小夏 at 2017-04-28 18:09 x
⭐️ 磯辺太郎さま、
PCの大きなトラブル中ですのでiPadから返信させていただきます。
知らない間に歳をとって、振り返る年月の数字の大きさに驚かされますね。
同級生の呼び方、考えて口から出している時があります。あだ名も言っちゃいけない雰囲気のもありますね。
師匠の同級会、とても楽しそうです。わぁそういうお気持ちでいらっしゃるのですね!お手本にさせていただかなくっちゃ!!
お友達もみなさんも湘南の明るさが滲み出ていますね。
私のところ、ちょーーっと噂話が気になりました。そんなもんなのかな〜

<< 雅人が打った 八重桜と季節のめぐみ >>