ルーブル美術館 ナポレオン三世のアパルトマン

【ハニ丸と行くフランス旅行】記事、パリ編です。


有名どころ作品の鑑賞を一通り終えましたので、リシュリュー翼にある
ナポレオン三世のアパルトマンが忠実に再現された処の見学に行ってみました。
(ナポレオン・ボナパルトの甥で、大統領、その後皇帝であった)

賑うドノン翼と違いゆったりしていました。
c0134734_16483772.jpg


係りの方に伺って進んでまいりますと、雰囲気は美術館というものとは違った雰囲気に・・・

c0134734_16484154.jpg

c0134734_16484589.jpg

c0134734_16484923.jpg

ベルサイユ宮殿の扉もこんな細工がされていたようですが、、


c0134734_16485454.jpg

うわわぁーっ、、まばゆいシャンデリア!!
アパルトマンじゃないじゃーん、宮殿じゃーん(お品よくありません 爆)
ルーブルにはなんというものが同居していたんでしょう!

c0134734_16485718.jpg


c0134734_16490187.jpg



そして、豪華絢爛、圧巻過ぎて息をするのも忘れそうだったのがこちら

c0134734_16491579.jpg

まばゆ過ぎて私のキャノン君、狂ってしまったのか変な風に写ってしまいました!
旅の感動を残すっていうのがウリな機種なのに(苦笑)

c0134734_16491992.jpg

カメラのせいにしてはいけませんね。
先に有名絵画探しで体力消耗した身にこの衝撃、ポッカ――ーンであります!
ただただシャッターを切っていた覚えがあります

c0134734_16492517.jpg


c0134734_16492831.jpg


c0134734_16493324.jpg

予備知識ナシで軽く行ってしまいました。
ここはすごいところでした。

お恥ずかしながら、マリー・アントワネットがフランス史上最大最悪の浪費家で
革命でそれも終わったのかと思っていたのですが、この路線はプッツリ無くなったわけではないのですね。




1983年の大改造まで財務省として使用されていたそうです。

百聞は一見に如かずと申しますが、百聞聞こえてこないここナポレオン三世のアパルトマン、
お薦めです。




【おまけ】
c0134734_16493775.jpg
リシュリュー翼でもこんなやんちゃな像が気になるのでした(笑)



つづく
ルーブル分はあと一回








[PR]

by skipelf | 2017-04-12 23:59 | 2017 フランス | Comments(0)  

<< ルーブル美術館 その他 自力で駆けるルーブル美術館  >>