あっ私、プージョランのパンを!

おフランスぼけ小夏、
毎日毎時、ぽわ~んとしているところに衝撃走る!!

年間通してパラパラ見ていた「パリと京都のパン屋さん特集」の雑誌を
何気に開いてみたら、、、

先日パリで訪れたビストロのオーナーへのインタビュー記事が載っており
「あら~っ💛

さらに記事読んで
「どっひゃー!!!」

出されたパン、
プージョランだったのねー

c0134734_13464474.jpg
パン・ド・カンパーニュはプージョラン
その他はジェラール・ミュロ
とのこと



パリを意識し始めたころから何度か目にするお名前。
大人気パン屋だったのだけど、もう一般向けにパン屋さんをされていないという記事だったように思います。
その後もそのライフスタイルさえも特集されるカリスマ。


今回、連日行列と聞くそのビストロに参戦し、そうとは知らず
一口ふた口いただきまして「さすがにいいパンだなぁ」と思ったのだけど、
カウンターに無造作に置かれたいくつかのパン・ド・カンパーニュのイカシタ景色といい
どおりで気になるパンだったわけです。

フランスはどこで食べてもパンが美味しい国だけど、いくつも別格があるように思います。
その一端を経験できて嬉しいですね~



旅行記、この調子でいくと旅路たどってまだまだ続きそうなので
次回はいったん飛び越えて、そのパリのビストロにしま~す








[PR]

by skipelf | 2017-02-26 23:59 | フランスもの | Comments(0)  

<< ル・コントワール・デュ・ルレ ... メトロと歯医者さんの椅子の関係 >>