昭和40年代そのまま喫茶レストラン

お腹ペコペコのうえ、渋滞でずるずる遅くなって到着した三河湾沿いの街。
お目当てのお店がまさかの連休~008.gif

仕方ありません!

肩落としながら眼の間を見ると、喫茶店らしきお店が一軒。
駐車場に車はそこそこ入っているし、偵察に行くと白長靴をはいた水産会社の方が満足そうに出て行かれたのでチャレンジしてみました^^

入口からその昔作ったであろうサンプルが香ばしさ全開005.gif
しかし、アイドルタイムになりかかる時間、御座敷を閉めてはいるけど椅子席はほぼ満席です。



メニューを見ると洋ものも幅広く、和にラーメン、何種ものパフェ、
いまの世で見たこともないメニュー展開です。
おまけに年中無休ですって!
ファミレスの様でもあるけど、もっと充実しているかも!


小中学校の頃、我が街は喫茶店文化絶好期でした。
それがそのまま生きている~!

お手洗いから戻ったハニ丸が「昭和40年代だ」
と言うのがよくわかります。

c0134734_12200409.jpg
ガラス窓の向こう側のお庭に、錦鯉

でも、店内は今風に薪ストーブが稼働しているし、
大きなリースに首が動くトナカイの電飾もの・・・。

私の街じゃもうとうの昔に絶えていた喫茶店文化がそのまま生き残っていたんだー

大感動~!


ここはひとつ様子見で、ランチメニューからお弁当をお願いしました。
c0134734_12200700.jpg

お料理も手作りで上手ですし何より温かく、ご飯も美味しい^^
厨房の具合から見てもノウハウもっていそうです。

上手くリノベーションしたら市外からバンバンお客様呼べる事間違いなし!
でも、これだからいいのかな。

ちょっと嬉しい発見なのだけど
喫煙がね~・・・。
これがなければ、また行きたいんだけどな。



c0134734_12201012.jpg
本日のお出かけは、代車(レンタカーだった)バービーちゃん仕様車でした~☆








[PR]

by skipelf | 2016-12-13 23:59 | ヤムヤム ミカワ | Comments(0)  

<< 冬の朝の光 京都迎賓館 ③藤の間(晩餐室) >>