感動の紅葉 永観堂

『秋は紅葉の永観堂』と昔から称えられるそうですが、
永年の夢だった、最高の赤に出会えました

先に寄ったダイナミックな東福寺さんとは対照的に、
紅そのもののお色も違うものですね。植栽もエレガント系かしら^^

袈裟をお召しのお坊さんご自身が入口でお客のお迎えをしていらっしゃたり、
お堂で一般人向けに法話をされていらっしゃるのに
今を生きる人と共にある温かさを感じるお寺さんです。

c0134734_00162605.jpg


紅葉が素晴らしいのに、お相手に搭、灯篭、池、橋、小川、苔、、、
カメラもつ身にはどこをとっても、、のワンダーランド!!
いやーーー、舞い上がってしまいました



あぁ、来年も見に行きたいぞう~
撮るべき一枚の葉っぱ見つける余裕を持ちたいぞう~
飽きるまでいたいぞう~
レンズが欲しいぞう~ (←何をおっしゃる!カメラも使いこなしていないのに へへ^^)


写真の続きは畳みます












c0134734_00163022.jpg



c0134734_00170614.jpg



c0134734_00171603.jpg



c0134734_00172571.jpg



c0134734_00172943.jpg



c0134734_00173395.jpg
一瞬差した光





c0134734_00171916.jpg

一番高いところにある搭のところまで登ってみました。

そこから見える京都の町、
よく見える?

いえいえ、現在の高層階から見るスカーッとしたものとは違い穏やかな眺めです。
昔々の人でしたら、ここから見たものはかなり高尚なものだったのかもしれません。

余談ですが、この搭の裏山には紅葉している樹は一本もありませんでした。



c0134734_00173884.jpg
↑訳わかりませんね~。
猛急ぎで集合場所へ向かう途中、しゃがんで撮った一枚です^^
つけていたレンズ、単焦点の弱みです




最後に、

JRさんのキャンページ時のコピーに膝を打ちました
c0134734_00450702.jpg

今年という年は
この景色を思い出すことに
なりそうです。


んっだ、っんだ!!








[PR]

by skipelf | 2016-11-29 23:59 | 2016 京都 紅葉 | Comments(2)  

Commented by ウーさん at 2016-11-30 07:33 x
単焦点、35か50ミリで構図練習して、
次は絞りとシャッター速度、、それから三脚が使えるようになって、、、、と、
友人に教えられて、、、挫折しました。

小夏さんの写真の進歩発展を願っております。
Commented by skipelf at 2016-11-30 07:59
★ ウーさんさま、
「なるほどぉ、、」というより「え~!!」順番があったのですねー!確かにそうかもしれぬと、じわじわ感じ入っております!
ウーさんの撮られるもの、謙遜とは思いますが挫折なんてとんでもないと思いますー!!
進歩発展、、あぁ、できるかしらん、、ありがとうございます^^


<< 清水焼 感動の紅葉 東福寺 >>