鮎のお蕎麦

鮎でござぁ~る
c0134734_18022003.jpg


京都でおうどんやさんに入るとハニ丸が決まって頼むのはニシン蕎麦。
「大喰らいなのに、どうして天ぷら別添えのとかにしないのかなぁ・・」と、
まだまだ蕎麦の良さがわからない修行の身にはちと不思議に思うのです。


そんな私が、珍しくスーパーで気を引く蕎麦のパッケージ買いをし、
合わせてみたのは、割引シールが付いたので買ってしまった鮎の甘露煮

c0134734_18022345.jpg

食べてみますと、

これ、ダントツに鮎が旨~い!
甘露煮だけより何倍もいいじゃない^^

その次、鮎の周りのお汁ゾーンが旨~い!

最後に、お汁全体がやめられないほど旨~い!

これこそが、「これを頼んだ人だけがわかるもの」なんじゃないのー!?


感想が蕎麦じゃないじゃん。。。(笑)

いえいえ、開封後の香りは良いし、喉元であたる弾力はなかなか好みです♪



んっ、まあね、
大河ドラマじゃ、先日、真田の元奥方のマル秘差し入れの単位は蕎麦だったもんね。

我ら三河:味噌煮込みうどん国民ゆえ、楽しく蕎麦修行をつづけるのでござる



【自分メモ】
さがえ蕎麦  ◎
国産ソバの実の、殻から中心部前丸ごと =挽きぐるみ
山形らしい歯ごたえの強い野趣あるれる太打ちの田舎蕎麦








[PR]

by skipelf | 2016-11-16 18:13 | 家のご飯 | Comments(2)  

Commented by ウーさん at 2016-11-17 08:08 x
新蕎麦が美味しい季節ですね。

ほのかなカオリに、、甘露煮は試したことがアリマセンでした。

しかし、小夏さんのチャレンジ精神はアッパレですね。
いや、、そのスルドイ味覚にも、、脱帽であります。

ハニ丸様はオシアワセですね。
Commented by skipelf at 2016-11-17 11:34
★ ウーさんさま、
おぉ、やっぱり新蕎麦の季節ですか!?数か月前に蕎麦畑のお花の記事を目にしまして、そろそろなのかなと思っていました~♪
不思議なメニューでしたし、オーダーする人の気持もまたく理解できないシロモノでしたが驚きの取り合わせでした@@!
いえいえスルドイ味覚など・・。ハニ丸がこうも頼むのもが不思議だったのですよ。今思えば鰊を一口もらってもそれだけのお味であって、一杯食べなければこの世界はわからないものでした。それだけわかっただけでも一歩前進、うれしいです♪

<< 自家椎茸収穫 高加水パンを焼きました >>