板さんの作るおばんざい

晩夏の京都旅行記です


京都の中でもひと際美しい景観地区にある京料理の割烹でお昼をいただきました。
(写真の建物ではありません)

c0134734_23013283.jpg
【おばんざい】を出してくださるそうで、
「おふくろの味を、板さんの腕で作ったらどんな感じかな~」が決め手


c0134734_23013790.jpg
くるみ豆腐、上にもなにかのっていたような・・
そしてジュレポン酢

c0134734_23013962.jpg
生マグロ 私にとっては三枚とも非常に残念

c0134734_23014212.jpg
ニシンと小芋 ◎

c0134734_23014401.jpg
美山の放し飼い卵の出汁巻き玉子とか、以下どのお料理もこだわり素材の説明

白髪ねぎの下は豚の角煮(ブランド名失念)
鮭は時鮭(柚子風味)
左下は揚げとうもろこし、田楽味噌のはイチジク
蛸の柔らか煮はほんとやわらか~ ◎

c0134734_23014760.jpg
確か丹波の5等級コシヒカリとおっしゃったような。。

c0134734_23014920.jpg

c0134734_23015133.jpg


器もその使い方も興味深かったです。盛り付けも素敵でした。
しばらく忘れていましたが、板さんのお作りになるものはお味の染み込ませテクニックが主婦のモノとは違いますね^^

お昼のお値打ち価格でこれだけ出していただき、食べきれなかったご飯はおにぎりで持たせてくださいました。
ごちそうさまです。

(写真は許可いただいています。他はいらっしゃらず後からお座敷に一組)




さぁ、午後の行動です、目的地へまいりましょう!
c0134734_23024285.jpg
京はこんな季節でした^^







[PR]

by skipelf | 2016-10-15 23:32 | ヤムヤム キョウト | Comments(2)  

Commented by ウーさん at 2016-10-16 09:38 x
残念なマグロ?

もしや、最近はやりの ” 熟成期間 ” のズレでしょうか?

仲卸の段階で、寝かせる、らしいのですが、
お店でも、独自に熟成させるトコロもあり、
味が安定していない様です。

それとも、、板さんが ” イケメン ” でなくて?、、これは、、お好みの問題もありますから、、、

嗚呼、、〇浜のカウンターが懐かしく思い出されるのです。

世の中から風邪とインフルエンザが根絶されれば、、出かけられるのに、、、悔しいーい
Commented by skipelf at 2016-10-16 12:14
★ ウーさんさま、
たかがマグロ、されどマグロ、、、マグロの印象でこれほど大きく左右するのは人生二度目でした。
生マグロを熟成、、う~ん、私にはそこら辺はわからないのですが、普段行くお魚に強いスーパーのレベルが高いせいかしらん。。
反対に冬に行く浜名湖畔の牡蠣フライのお店など、スジっぽい決してランクが高くないのに私文句言ったことなく、小難しいこと言いたくないのですが自分自身もよくわからない処に陥ってしまいました。
〇浜さん、愉快なお仲間もいらっしゃるのですよね^^い~な~
ご夫婦そろって風邪とインフルエンザに打ち勝つ身体作りから地道に頑張りましょうっ!!!応援します!えい・えいっ・おぉ~~~

<< 今年初サンマ 大好きな中華店のお料理教室 >>