晩夏の強行軍 ① 関ケ原 小早川の陣に思う事

またまた濃尾平野を超え、美濃の国:垂井町へ


以前もアップした駅前の関ケ原古戦場案内看板と秋の空
わ~きれいですね~058.gif

c0134734_21275312.jpg

ふと眼に入った西軍小早川の陣の位置にビックリ、、、
c0134734_21274837.jpg
後に東軍に寝返ったのをきっかけに東軍が有利になったのですよね?
こ~んなに離れてるんだもん、そりゃ家康も密使を送りやすいわよ。

おまけに等高線でわかるように石田光成は谷を挟んだ向こうのお山の中腹。

傍観期間が長くなかなか動かなかったそうですが、上から戦況見て、
終いには山を下って大谷を攻める。。。

三成の配置ミスだな~。

新幹線でここをお通りになられ西に向かっていくときは
左のお山に小早川の陣一つ、右に見える原っぱで合戦と思えばヨシ!

丁度大河ドラマが関ケ原、面白くなってきました♪




帰りは、乗ってさえいれば直通で帰れる三河へ向わず、尾張名古屋で電車を飛び降りて乗換を2回
c0134734_21275691.jpg
途中の岐阜駅 信長公(これも以前アップしましたね^^)

えーっと、死後何年で関ケ原なんだ・・?

関ケ原1600年-信長没1582年

たった18年の間の出来事なのかぁ~




はい、名古屋。
急いでランチをいただいて次の目的地へ向かいます
c0134734_21275985.jpg
JRタカシマヤさん内 ゴルトラン・シェリエ

イートインメニューのセット
三種のうち選んだこれはペケだなぁ~!ハハハ
カフェ・オ・レは◎








[PR]

by skipelf | 2016-09-10 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2016-09-14 06:59 x
今はもう想像するしかないんでしょうが、つくづく羨ましいエリアですねえ。関ケ原の戦いはちょうど季節的には今頃だったと思います。(旧暦だと違うかも)
欧州の軍事専門家が両軍の布陣だけ見た時、即座に「西軍の勝利」と判断したそうです。地図で見ると小早川軍が裏切らずに徳川陣を突いていたら、結果は逆だったでしょうねえ。周到に練られた罠も紙一重のところだったような気もします。
信長公の岐阜も一度訪れてみたいものです。
Commented by skipelf at 2016-09-15 18:26
★ 磯辺太郎さま、
今はもう想像するしかない、、ほんと、そうですねぇ!それに今の時期なのですか!?(しみじみ)旧暦だと違うのですね!
新幹線で通り過ぎる真横(小早川など横切ってる)で起きていたということで余計に感慨深く思います。欧州の軍事専門家@@!西軍勝利ですか、、はーそれはそれは、、益々面白~い^^罠@@!あぁ、感激しまくりです。なるほどー!眼に浮かぶようです。
師匠、この谷間を抜け西にまいりますと長浜などにも出るようです。未踏の地ですがそちらも香ばしそうですね(^_-)-☆

<< 晩夏の強行軍 ② せともの市 ... 長崎と医学 >>