鯖の棒寿司

新鮮な素晴らしい真鯖は手に入るけど、
〆鯖、それも半生でもイケル鯖を一般家庭で入手するのはかなり難しい我が街。
「あたる」ことを考えたら注意深くなるのは仕方ありません。

海に面しているし、真南の半島ではお刺身で食べるらしいのだけど・・。
以前大阪のデパ地下で、それ用の鯖が沢山並んでいるのを見たときは、ほんと不思議・羨望、両方の眼でした^^
(確か、かなりの下処理までしてくれるサービスでした)


そういう訳で、虎視眈々とこの日を狙って待ち続け、やっと
c0134734_20430040.jpg
↑これは自家製生姜のガリ挟みました
c0134734_20424287.jpg
先の京都旅行錦市場で買っておいた白板昆布もスタンバイOK!
一度使ってみたかったのよねぇ~^^


ところがネットを参考にするのだけど、あまりの経験の無さで狙ったものとはちと違うものになってしまいました。

c0134734_20430965.jpg
ネットの通りやったのですが、鯖が「塩強すぎ」の「生っぽすぎ」です。
一匹で大匙2の塩まんべんなく→1時間塩→15分酢〆
鯖のサイズ、脂、違うから見極める目もまるでない者には当然厳しいですね(苦笑)

あ、形もよくありませんね~(汗)
晩ご飯に間に合わせようと焦って巻いているのも調子狂います。



こちらは、巻いて冷蔵しておいた翌日分
c0134734_20433004.jpg
酢〆進み魚の旨味も増して、シャリとのマッチングもこちらの方がグゥ


つまり、今後の課題は
  • 高血圧者の〆る塩分
  • 〆る時間
  • 〆過ぎず、生っぽさを考慮した時間配分
白板昆布は一枚で四つとれるけど、寸足らず(鯖の大きさによる)
しかし、のせると素晴らしい効果


小皿は、先の長崎・有田旅行で買ってきたものです。
以前から欲しかったこういう時に使う【取り皿兼のお醤油皿】です。
現地で実物見て買いました^^








[PR]

by skipelf | 2016-08-13 23:59 | 家のご飯 レシピメモ | Comments(2)  

Commented by ウーさん at 2016-08-15 08:23 x
1日置いたモノのしっとり感!
美味しそうです。

昆布も良い仕事している様子!
ああ、サバは無理ですが、、せめてサンマ!

いくら願っても、、当分は口にできないのですけれど、、、「美味しそうです」
Commented by skipelf at 2016-08-15 20:46
★ ウーさんさま、
ありがとうございます。写真、断面がぼやけちゃいましたね^^
あの昆布、憧れでした(笑)満足満足❤
そうでしたね、生ものは今しばらくおあずけでしたね、スイマセン。酢〆もダメなのかな。じゃ、鮭瓶でちらし寿司なんか美味しそう(勝手に想像中^^)
世の中お盆休みですね、毎年出かけずエアコン効かせた室内でプチ贅沢ものいただいて満足感味わっております^^


<< 吉兆のフルーツゼリー寄せ 鯛茶福乃 /大名古屋ビルヂング >>