特別公開 東寺と相国寺 ②東寺五重塔

観光バスは、バスガイドさんの案内を聴きながら京都駅からほど近い東寺 真言宗総本山 教王護国寺へ。
教王とは天皇を敬い国を守る(少々違う?)というような説明の通り、塀は格の高い線入り。

世界遺産でもあるそうです。



c0134734_21475529.jpg


c0134734_21474962.jpg

日本一の高さを誇る木造建築。免震になっていて阪神大震災の時にも被災しなかったそうです。現在のものは家光が再建した五代目。


驚いたのは、この特別拝観の初層の中でして、壁・梁・天井・格子の組み合わせのところ等ありとあらゆるところにカラーで絵が描かれている中、

真中心に極太い芯柱を背に四体のそれぞれの意味を持った素晴らしく重々しい如来像が東西南北向いてお座りになり、建物四隅に二体ずつのインド・中国・日本の真言八祖が描かれています。(靴草履の差で国がわかるそうです)

見学前の説明で、塔の上の方にお釈迦様のお骨が納めてあると伺いましたが、
そう、ここは単なる京都の美しいシンボルではなく、ものすごい迫力の芯部だったのです。


圧倒的な重々しさにカルチャーショックを受け外に出てまいりました
c0134734_21475180.jpg
外の風景になにかホッとしたのを覚えています。
理解を深めていないものの証拠のようです。


出発時間まで時間の許す限り、金堂、講堂に足を踏み入れてまいりましたがこちらも、、、

息をのむほどの想像外の大きな仏像群の気迫にヨロヨロしそうでした。
(まったく無知なものですから、講堂は広いホールだけなのかと・・滝汗)

香りもちょっと嗅いだことのない程の深い深い歴史を肌で感じました。

c0134734_21475370.jpg

いやー、東寺、気軽に行ってしまいましたがすごいものたちの宝庫です。

今度行くことがあったら、是非予習してから拝観したいと思います。









[PR]

by skipelf | 2016-02-21 13:36 | 2016 京都 早春 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2016-02-22 11:59 x
来月にでも、息子が卒業旅行でいない時期に合わせての妻とのプチ旅行候補に京都が有力になってきました。でも修学旅行と学生時代に訪れただけで、観光は超初心者。。。
師匠の見聞録をじっくり拝見し参考にしたいと思います。
観光バスという基本技がいいようですねえ。龍の天井画もぜひ見てみたいものです。
久々登場、「仁和寺の法師」にならないように、予習が大事なんですね。
Commented by skipelf at 2016-02-22 17:34
★ 磯辺太郎さま、
なんとなんと、プチ旅行に京都が有力となってきたたのですねーww
来月とな!?シーズン突入の頃でしょうか。有名処でお食事などでしたらいち早く予約も必要になることでしょう。つけ焼き刃の無粋人なれど少しでもお役に立てればこんなに嬉しいことはありません。頑張りますー。(けども、お寺さんあとひとつアップしたらあとはほとんど食べ物ですわ、、キャハー)
観光バスは効率良いのですが「あちらからも見たい」なんて言っていられないのが悲しいところですねぇ。龍はお薦めですー!個人的には前回の方が好みでした(京都駅に着いたらそのまま在来線に乗り換えて数駅で寺前にいけますよ)
本格的に歴史をご存知の師匠の見学ポイント、興味深いです。もし行かれましたら楽しみです^^

<< 特別公開 東寺と相国寺 ③相国寺 陶器を煮る >>