鍵善良房 鍵餅

京都後しばらく買ってきたお菓子で毎日お茶が楽しかった~♪


はじめての鍵餅、、

お姉さま友人が「前回の京都でフラれたので、できたら・・」とのリクエストで祇園へ。

江戸中期・享保年間の創業とか。
大変な一等地に重厚な構えの本店があり、空気が違うわぁ。
来ちゃった感が盛り上がります。

デパート出店していないポリシーもカッコイイですね。

食べるものもいろいろ買っていますから他のお友達と半分っこ買い求めました。
ワクワク

c0134734_21594710.jpg
ヘンな斜めで気分悪い写真スイマセン


予想外にもお箱にきっちり入ってます。
きな粉もたっぷり、微粒さらさらの砂丘風紋(?)に目を奪われました。

こういうシンプルなものが美しいところが実に京都っぽい!
どうだいっ、修学旅行土産じゃないもの買っている自分に酔った(爆)


ちょっと分けるのたいへんだ。そうは聞いていたので、小箱持参しています(^_-)-☆
夜お宿のお部屋を汚さないように分け分け^^
食い意地張らせやってることは修学旅行生以下ですね~ エヘヘ



c0134734_21594331.jpg
一見素朴なのですが、むっちり感、きな粉の香り、追ってくる上品な甘み、、
これは忘れられない逸品です053.gif

賞味期間が比較的長いのもくいしんぼには嬉しいところです。




お菓子編、続く








[PR]

by skipelf | 2016-03-04 23:59 | ヤムヤム キョウト | Comments(2)  

Commented by エル at 2016-03-06 17:53 x
京都のお買い物完璧なご準備で参戦されたのですね。小箱まで!
シンプルだけど存在感を感じます。
小夏さんの素敵な器でよけいに美味しそう。
上質な和菓子が食べたくなりました。
Commented by skipelf at 2016-03-07 09:11
★ エルさま、
おはようございます!
切符の手配が早かったので充分すぎる準備期間、盛り上がりすぎて脱線しそうでした(笑)
友人はあまり知らないと口では言うのですが、家族一同様京都に縁があるので筋の良い案内をしてくれます。
私のは不作法で、もう開きなおちゃっています(汗)そうそう、先日エルさんの食卓の赤い器に目が行きましたら、、あら、前にも私気になったご主人様セレクトのでした^^

<< 助太刀剪定 ケーキ寿司 >>