平野とうふ

【2016京都 早春】記事です


お豆腐は関東・関西の有名店も揃うお店を贔屓にしているので特に困ることはありませんが、マニアではないけれど平野とうふさんの名前を見かけたことが多々あります。

白洲次郎さん、魯山人さん、京都の日本を代表する高級旅館さん御用達、、
先のBS番組で、京都三大旅館のおひとつの女将さんも紹介されていました。

行っちゃう?
うんうん045.gif 

c0134734_21394970.jpg
レトロな店舗です
お豆腐やさんらしくて好きだわ~
(予約してあります)



買い求めたものは、
     
 白豆腐(もめん) 一丁    白さが何か違います 
 油揚げ      二枚    大きく長い 思ったより厚みはないタイプ
 厚揚げ      二個     午後2時注文に「その頃なら揚っています」
 おから      一袋    今まで遭ったものとは全く違います。滑らか

c0134734_21395323.jpg
c0134734_21395137.jpg
合計で900円ちょっとでした。
会計してくれた笑顔が素敵なご主人さんの『染まったような白い手』が印象的。




さぁ、帰宅後の楽しみ お豆腐編~016.gif

一言でいうと、お上品で今までにいただいたものと違うのがよくわかりました。
また、同じ商品でも調理法で印象が全く違います


以下、写真は記録程度とお目こぼしくださいませ。


【お豆腐】
c0134734_21395625.jpg
冷奴
c0134734_21395876.jpg
湯豆腐
c0134734_21400090.jpg
お出汁でお鍋風



【お揚げ】
c0134734_21400689.jpg
c0134734_21400442.jpg
c0134734_21394617.jpg

白菜と炊いたん(実山椒少し) お揚げの弾力が素晴らしい
しっかり油抜きして煮ました




【厚揚げ】
c0134734_21394169.jpg
c0134734_21394498.jpg


【おから】

c0134734_21400908.jpg
NHKレシピで牛肉入り



お豆腐は断トツ、湯豆腐ですね。
油揚げは炊いたんが絶品

厚揚げは活かしきれませんでした。
おからは通常のものとは全く違うので独立して考えてもいいかも!


以上、冬場ならではのお豆腐実験、
これだけわかっただけでも良い経験でした。

また是非いただきたいですね016.gif








[PR]

by skipelf | 2016-03-16 23:59 | 京都もの | Comments(0)  

<< サンダーバード 海苔の講座 >>