ミセスあっぱれ

この度の会葬で一緒に出席してくれた父方の伯母の姿に感動した(小泉元首相調で)

お考えが古風で控えめな立場取りながら、常に人を立て筋も通す。
引く時も自分の都合に見せかけるカッコよさ。

ご自分の余命悟って、父の配偶者(つまり母)の親類に最後の挨拶をとの気持ちもお持ちと伺いました。

「姉より高齢の母が先に逝ってくれればよかった」
という母を窘めて

「それは決して言ってはいけません。
おばあさんが一番そう思っておいでです。
母親の誰が子供のお葬式を出したいと思うか・・」と。

実は私も母と同じ考えだったので、ドキッとし反省しました。

いろいろ事情があるので考えは変えないけど、口には出さないとします。



それとは別件、
こういった式では、人それぞれ立場やものの見方によって予想外な事が起こるのも事実。

お礼方々、ちょっと聞いていただいたお姉さまマダムの
「人生いつまでもお勉強です」とのお言葉も心にとめたいと思います。








[PR]

by skipelf | 2016-02-07 23:59 | いい言葉 | Comments(0)  

<< お巡りさんのお買いもの 伯母さん逝く >>