30年?ぶりの再会

今年になってもう一か月過ぎましたが、一月終盤にあった超ど級の再会劇016.gif


その場所は、二川宿本陣資料館
タイムリーに今夜放送のNHK鶴瓶の家族に乾杯でも本陣が映って、更にビックリ^^

c0134734_23594781.jpg

先日書いた今年初めての仲良し四人組でのお出かけ【牡蠣フライの日】は、
ワタクシのテリトリーですのでプラン組ませていただきましたヨ^^

社会見学に選びましたのは、二川宿本陣資料館。
近くて遠いのか、四人のうち誰も行ったことがないところでした(苦笑)

商家駒屋が昨秋11月に一般公開となり、本陣・旅籠屋、商家と、三つを見学できる日本で唯一の宿場町となったそうです。
丁度おひなさま飾りのシーズンに入っているとか後から知り、楽しみに伺いました。



本陣駐車場待ち合わせの友人と挨拶している時、そこを通りがかった関係者ベストの方に会釈、、

「ア、アレ・・?」

なんと、高校の恩師でいらっしゃったのです005.gif
過ぎ去った年月は恐ろしい程ですが、覚えていてくださいました。

校長まで勤め上げられ、今は大勢いるボランティアにお教えする役目をしていらっしゃるのだそうで、ご厚意で案内くださいました。
それがまぁ、リアル教材を前にした実に解りやすい日本史・世界史の授業のようで
053.gif大~感激053.gif



限られた時間でのこと、展示内容を紹介できるような記事・写真ではありませんが、、、

【商家 駒屋にて】

この箱階段は〇〇年と中に大工の記載があります。丁度天保の改革の時、習ったじゃろ?  
 ひっ、日本史


お次は
c0134734_23594001.jpg
この赤く塗られた壁は、、アルタミラの洞窟と同じ塗料を使っています  
 ひゃー、世界史

このガラスは大正時代のそのまま、子供がここで騒いでいると「割らないで~」と念じる  
 ほんと、気泡入りだぁ

おひなさまは、菱餅にも意味がある、右大臣左大臣も衣装からすると守衛の様な役
 確かに、京都御所でマネキンの実物見たものに似ています


この柱の角がとってあるのは・・
c0134734_23594253.jpg
質屋さんだから刀が立てかけてあった所とのこと。
先生が授業の差し棒のようにお持ちなのは、この建物の高さを見せてくれる物差しでした^^

昔は建物の職種や目的で敷居からの高さが変わっていたのですね。
それぞれ信用とか、和とか、意味があったようです。


相当な商家だった駒屋?代目のシルクハット
帽子入れにはベルン ホテル ブリストル なんてステッカーが^^
c0134734_23594557.jpg

ノーベル賞受賞の〇〇氏の奥様はここの家の出だとか。
また、この右の方にあった何やらの受賞記念の会の発起人の一人は市内某店の主人だとか。。

などなど、伺った解説は地元ネタもあり面白すぎで、あっという間に時間が経ってしまいました。



大急ぎで【本陣資料館】へ

一枚目の写真は正面入り口。
お殿様がいらっしゃる日は何処どこのお殿様と書かれた大きな看板を二枚たて、
裃を着た支配人(今風良い方)が土下座をする中、お籠は奥まで進んだそう。

昨日の鶴瓶さんの番組でお殿様だけが入れる門と言っておりました。



c0134734_23595109.jpg

おひなさまの展示は圧巻の量です。これはスゴイッ!!
写真はほんの一部です


c0134734_23595410.jpg
本陣の奥、お殿様の宿泊される処のお庭は、曲者が隠れているのを防ぐ為、石は小さいそう



あ~ん、ここには書ききれません。
もっともっと聞きた~い!高校生の時とは大違いです(爆)


最後に
「先生、ワタシ、世界史・日本史・世界地図、教科書をまだ持っています!!」
と言えたこと、よかった~ バンザイ(自己満足)




【おまけ】

一度しょうを抜いたおひなさまの遊び心満載の展示。

かなりマスコミが取材に来ているそうです^^
c0134734_23592976.jpg

一人ひとりストーリーがあるようです。
左の方のおひなさま、カツラが「あ、とれた」と言っておられます^^
個性ある詳細写真が無くて残念です。



こちらは、オーケストラ
お道具も楽器にした素晴らしいセンス^^

c0134734_23593724.jpg

少ない写真の中でも、観客の袴には市のマーク見つけてしまいました↓ ぷっ^^

c0134734_23593297.jpg
c0134734_23593481.jpg
おひなさま展示最高!!この時期の二川宿見学は特におすすめで~す








[PR]

by skipelf | 2016-02-01 23:59 | おでかけ | Comments(6)  

Commented by dowさん at 2016-02-03 08:48 x
見どころ満載の資料館ですね。
免疫力が戻ったら、カミさん連れて出かけてみたいですね。

高校の恩師も、カワイイ生徒達に囲まれて、昔を思い出されたコトでしょう。
良い1日でしたね。(拍手!!)
Commented by skipelf at 2016-02-03 12:55
★ dowさんさま、
思った以上に奥行きがあり「わ~」と声が出るほど。見ていくうちに三重まで見に行った宿場町にも負けていないと思い誇らしい気持ちに。お雛様の飾りも九州の御ひな祭りで有名な町ゆかりのあるお友達もビックリしていました^^
駒屋さんの奥の方には駄菓子屋さんや休憩の椅子も感じよく、市の施設にしては「ヤッタネ」(^_-)-☆
カワイイだなんて、、ホホ、 オバサンもニコニコしてしまう時間でした♪
是非是非、奥さまとお出かけくださいね。感想楽しみに待っています。
Commented by 磯辺太郎 at 2016-02-03 21:51 x
詳しい人の説明付きだと、名所の見どころも引き立ちますね。まして恩師の方ともなれば感動もひとしおでしょう。
ふ、ふ、ふふふ。師匠、日本史・世界史の教科書とは確か「山川」のではなかったですか?私も恩師が世界史の教師だったので、試験に選択しましたが、受験生のバイブルと言われました。
ちなみにシルクハットに「ともあつ」と書いてなかったですか?
Commented by みかん at 2016-02-03 22:08 x
こんにちは!お久しぶりです。
何故だかコメントを送信できないので、違った表現で頑張ってみます!!

お雛様の楽しそうな展示方法に、目を奪われました。
いつか足をのばしてみたいです。
これからサイトを覗きに行ってきますね♪
Commented by skipelf at 2016-02-04 01:29
★ 磯辺太郎さま、
おっしゃるように今回のまことお上手な説明で宝庫なのだと痛感し、更なる興味まで生まれてしまいました。当時と全く変わらぬ調子の授業を何十年経って聞けるとは夢の様な事ですね❤
書庫に確認に行けばいいのだけど、日本史は山川、世界史もそうだったのでしょうか、同じ雰囲気で色はブルーグレーでした。世界史もベルサイユ宮殿見てからあの教科書持ったら興味持てたかも・・(何言ってんだか^^)
ぎゃっー「ともあつ」・・@@!❤❤❤ マイリマシタ^^
商家駒屋さんに入って一番目に眼に入ったのは玄関に向って置かれた雁助さんたちの机でした\(^o^)/写真撮りたかったです♪
Commented by skipelf at 2016-02-04 01:35
★ みかんさま、
きゃー、お久しぶりです。先日も覗きに行ったのですが淋しく帰ってきました。嬉しいなぁ~\(^o^)/
コメント、なんだかご迷惑かけてしまったようですね。ありがとう、届いていますよ!

地元でこんな大きな展示があるなんて、それにクスッと笑える展示のセンスに誇らしくなりました。罰ゲーム受けた人は目に墨で〇書かれてたり、オーケストラの木琴の台は長持だったり^^
ぜひいつの日がいらしてくださいませ!!みかんさんがサイトをおっしゃったので私も見に行ってきました(^_-)-☆
また遊びにいらしてね。

<< ゴミ袋試行期間へ ツバメ食堂 >>