京都、あとがき

もう11月も最終日。
京都のお出かけは一か月も前の話になってしまいます。
急いで京都記事最後分を書いてしまいましょう!

この週末も出先から真面目に京都行きをあがくほどでした。
諦めてコス羽島に行ったわけです ほほ^^




「よくもまぁ、一日半でこれだけ廻ったものだわ。。」
自分で呆れるほどの楽しい練り歩きでした♪
ちょいと気づいた点を書き残しておこうと思います。



京都はおしぼりが出る街でした。。
私の住む辺りも出ますので、たまに全く出ないところに行くと戸惑います。

ところが同じ出るといっても、内容がずいぶん違い【質・厚み】が上質です。
「おしぼり受け」も各店個性に富んでいます。
こういったところを大事にする街があるということに感激します。

そんなことが伝統になっているところですから
おもてなしの奥深さを持っていらっしゃることに改めて気づかされます。

柔らかな物腰、自然なお品の良い笑顔
老舗のお若い女性の機転
有名店の若女将の安定性
新進気鋭店のスーパー若女将の仕事
地下鉄駅で静かに待っている遠足幼稚園児のしつけ

これら忘れることができない出会いでした。

京都はどこまでも、町自体が品格あるオトナのよう。

そしてパリに似ている・・。

歴史、川、パン、観光客慣れ(というか受け入れ態勢)、
(七味や肉桂等)上手いスパイス使い、街中に個人商店が生きている、
質は落とさないけどお代金はそれに見合ったもの。
デザインも敵わないなぁ~


そして、ふとひらめいたこと。
「私としたことが・・どうして気づかなかったのでしょう」
更なるお楽しみ調査の対象となりそう!それは次回のお楽しみにします^^



長々と書きつけた事にお付き合いただきましてありがとうございました。
最後に見つけたオモシロ系を畳んでお終いにします。












c0134734_16452227.jpg
JR二条駅の天井


c0134734_16452576.jpg
民家の外構が素敵です


c0134734_16452767.jpg
秋名菊がなんて効果的


c0134734_16452896.jpg
ん?看板があるけど~


c0134734_16453082.jpg
奥にお店がある~~


c0134734_16453236.jpg
花見小路では何も撮らなかったけど、
小道に入ったところで威光を放っていたこちらだけパチリさせていただいたら、、
やはり 舞妓さん抱える有名どころだったようです


c0134734_16453886.jpg
一保堂さんでのお茶請けが美味しかったので
帰りにタカシマヤさんで買ってきました^^


c0134734_16454046.jpg
七味のパッケージ~


c0134734_16453625.jpg
最後に暮れゆくお山のグラデーションを





そうそう、お寺さんがこれでもかとあるけど
お坊さんは独りも見かけなかったわぁ
なんででしょ グフ^^









[PR]

by skipelf | 2015-11-30 17:00 | 2015 京都 | Comments(0)  

<< 白老牛 牛スジ うん十年ぶりのアクシデント >>