京都御所秋季一般公開

順不同になってしまうのですが、この京都行きのきっかけ
京都御所秋季一般公開、こちらから書いていきたいと思います。



この日は今季公開の初日でした。
通常は申し込みが必要なのですが、年に2回手続き不要で一般公開されます。


c0134734_23363325.jpg


昭和天皇の即位礼までここで行われた一番格の高い紫宸殿
今年は大正天皇の即位の礼から100年なのだそうです




写真が多いので畳みます









御所の開門は朝9時。
老若男女(・・って、若はあまりいない^^)、外国の方も
入場門を目指して御苑内を歩きます。

入口で持ち物検査がありました。
ドローンはダメよ

c0134734_23370226.jpg
先日も妙心寺のところで書きましたが、塀は五本線です



入ってすぐに御車寄
c0134734_23370588.jpg
お着物の方がいらっしゃいますね^^
男女問わずものすごくお洒落をした方がいらっしゃいました。
これも皇室への敬意でしょうか~。



皆さん振り返って見上げているのはこちら↓

c0134734_23370749.jpg
入場してきた宜秋門



御車寄の屏風 
c0134734_23370979.jpg
座田重就 六曲屏風 春秋花鳥のうち 秋の風景

これみて皇室の品格・優しさ・文化を感じました。

御車寄屋根のカーブが再現中の名古屋城の本丸御殿と似ていると思ったのですが、
あちらはお武家さん、趣が違うのも当然ですね。




正式に参内を許されたお客様にも三ランク(笑)
待つお部屋が違います
c0134734_23371121.jpg
格の高い順 奥から虎の間、鶴の間、桜の間




新御車寄
c0134734_23381479.jpg
大正天皇の即位礼1915年に建てられ、現在天皇皇后両陛下の玄関だそう。



月華門より紫宸殿が見えてきました
c0134734_23381588.jpg
見学進路は右にぐるっと廻り




c0134734_23381701.jpg
回廊に三つの流派の生け花が活けられ華やかです



南の承明門より紫宸殿を望む
c0134734_23381963.jpg



そして、いよいよ
c0134734_23382218.jpg
即位礼などを執り行うもっとも格式の高い紫宸殿(高床式宮殿建築)

天皇のお座りになる高御座、皇后の御帳台が、、、
よく見えません(苦笑)
それでいいのかもしれません。
現在のものは大正天皇の時に造られたもので、
今上天皇の即位礼には東京まで運ばれたとは記憶にもあります。

東に左近の桜(写真奥)、西に右近の橘、わかるかな~


手前の南面に白砂の広い南庭があるのですが、
なんとな~く中国を描いた映画ラストエンペラーのシーンが浮かぶのは私だけ?(汗)



c0134734_23393942.jpg
通り過ぎるとき、横から即位礼で天皇がお座りになる高御座がチラッ!

これらの飾りについて詳細な展示がありました。
上部に至るまで、鏡やデザイン、かなり神秘的且つゴージャス





c0134734_23394021.jpg

11月の宮中行事「五節舞姫御前試」の人形再現




c0134734_23394236.jpg



c0134734_23394675.jpg

即位式時の威儀者、威儀物捧持者





c0134734_23402480.jpg



c0134734_23394967.jpg
将軍、大名など武家との対面に使われた 小御所

1867年の王政復古の大号令が発せられた日の夜、
「小御所会議」がここで行われたそうです



c0134734_23402106.jpg
御池庭




c0134734_23403048.jpg
天皇が日常の生活を送られた御常御殿の後ろの方 
縁側の手摺がいい感じ~^^
立派なのですけど、人間らしい空間にホッともします。




そして御常御殿をぐる~っと廻り

c0134734_23403316.jpg



c0134734_23403549.jpg



退出します
c0134734_23403780.jpg
あぁ~満足です

期間中は雅楽や蹴鞠の催しの日もあるようで
それもいいですね~

ところで、こちらの門左手にいらっしゃるお帽子の男性
多分皇宮警察の方なのですが、お洒落ですし
右手後に、左手胸ポーズがとてもダンディなのですよ^^





今回の見学で私が一番グッと来た襖絵
c0134734_23404684.jpg
桜の間 桜図 原在照

「そうよ、そう、桜ってこういう面があるのよ~~」





下手な写真にお付き合いいただきましてありがとうございます。
大きさ等、実物とイメージがずいぶん違うかもしれませんがお許しを~






[PR]

by skipelf | 2015-11-02 23:59 | 2015 京都 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2015-11-07 08:18 x
年2回の一般公開なんですか。京都御所って格調高いですねえ。最高位が「紫宸殿」、後光がさして見えます。確か中学の修学旅行でそのような名前のホテルに泊まりました。(今はもうないかも)
小御所会議!本で読んだことあります。実物が見られるなんて羨ましい限りです。年2回とは春と秋かな。これだけ目がけて訪れても行く価値ありますね。
Commented by skipelf at 2015-11-08 10:42
★ 磯辺太郎さま、
春の一般公開は紫宸殿前の左近の桜が開花しているらしいです♪
後光がさして、、、をぉ、伝わって良かった~^^修学旅行、ぐふふ^^名前を覚えていらっしゃるところもスゴイww
今回私のお出かけのきっかけはまさにこの一般公開。これだけ見ららればいいやって感じでした。NHKの大河や朝ドラで描いている明治維新。本当に歴史とリンクしている場所であったり、「古くて、新しい感覚で生きる京都発見」でした。

今テレビCMでJR冬の飛騨路キャンペーンが流れ思わず振り向いてしまいました。音楽と言い絵もきれい!上手いね~ww

<< とある有名店 /京都 十一月 >>