設楽原の決戦場まつり前

観光案内所でこんなチラシを見つけて武者震い!

c0134734_15580559.jpg
7/5、どうしてこんな梅雨の時期にお祭りが・・!?
火縄銃演武もあると ひぇ~~~



設楽原歴史資料館の看板は街道を通るたびに眼にはしていました。

昨日は何やら旗が立っているし余裕がありましたので初めての寄り道してみたら、
なんと今度の日曜日がこちらのお祭りというではありませんか!

c0134734_15582090.jpg
c0134734_15582369.jpg
設楽原歴史資料館


知らなかったなぁ~!
この手のお祭りは長篠の合戦の処だと思っていました。
ここ設楽原では7月はじめなのだそう。
明後日の本番に向けて準備が進んでいました。


生憎夕方で資料館は閉館間近
c0134734_15582570.jpg
鎧兜が見えます


駐車場も閉まってしまいますので外を急いで一周してみましょう!

c0134734_15582907.jpg


c0134734_15583207.jpg


c0134734_15583442.jpg
こういう風に語り継いだのかな。


霊を弔った塚や首洗池などあるようですが、祭り近く、勇ましく変なものが写りこんでいても怖いので写真はこの辺で・・。



梅雨の時期の開催は長い歴史を語り継いできた山里だけに、きっと意味があるのでしょう。
明日はハニ丸もおりませんので来年ぜひ行ってみようと思います♪



c0134734_15583685.jpg



余談ですが、、

帰り際、道を間違えそうになり向きを変えたのが 馬防柵のところだったとは005.gif

どおりで川から小高い所に並んだ旗の姿が美しく、気を引くところだと思いましたよ・・。
知らないというのは、、、(汗)







[PR]

by skipelf | 2015-07-04 16:37 | おでかけ | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2015-07-04 21:14 x
くー、こういう歴史的な名所が随所にあって羨ましい限りです~。武田家に心を寄せる方々には痛恨の地なのでしょうねえ。少し生生しい。
歴史人の中で信長が尊敬する武将の一人なのは「三段鉄砲隊?」などの斬新な知恵ではなく「奇襲」という最初で最大の成功事例を生涯封印したところなんです。
Commented by skipelf at 2015-07-05 08:19
★ 磯辺太郎さま、
師匠、コメントありがとうございます!「生涯封印したところ@@!?」そうなんですか?さすが、ポイントが深いですーw
街道沿いの小さな看板の奥は静かに小綺麗に保存されていました。
待ち伏せ(?)するのにちょうどよい地形を体感。今は整備されたところを車ですいすいと見学できてしまいますが、反対に岐阜からここまでは車でも随分な距離。もちろん甲斐からも。。これを400年もの間語り継いでいらっしゃる設楽原の方々にも感服しました。

<< 梅雨時のお洗濯 雨粒 >>