湘南T-SITE

今回のお出かけは、きっかけは【湘南蚤の市】でしたが、
印象は俄然、湘南T-SITE >湘南蚤の市 


代官山に続いて昨年12月にオープンした蔦屋書店を中心にしている真新しい商業施設です
c0134734_17292680.jpg
外壁が、蔦の浮き柄だったのは気が付かなかったなぁ~^^



店内には大きなカルチャーショックを受けました。

渋谷の焼肉ゆうじ(いつか行ってみたい)の七輪で覚えていた河童橋の釜浅商店のお店(と言っても陳列)の前に、それらにビビッとくるような人種が好きそうな料理本が平積みでずら~り!

アマゾンから履歴でオートマティックに送られてくる旅行関連でも、地元本屋さんに行っても並んでいなかった本がずら~り!

インテリアコーナーには海外のモノまで普通の顔して並んでいます。

そういった展開が、三棟に分かれて行われているのです。

ファミリー向け棟の昆虫のコーナーなど、幼児から大人まで「次はどれ選ぼう」とワクワクするような展開ですし、背が高いくなるにつれ大人向け・また標本まであるのです。

ハニ丸は、「ここには無いものが三つある」と言っていました。
それらは、漫画、雑誌、ドリル 探せばどこかにあるのかもしれませんけども^^

従来のこの手のものとは全く違う展開ですねぇ。
ライフスタイルを提案するという目的があるようですが、2階のコスメもかなり上質なブランドが集められています。資生堂もデパートにおいているラインです。

いろんな小さなクラスも活発にあるようで内容がいいなぁ~!
日本料理研究家 斎藤辰夫さんの煮物のクラスなんて受けてみたいですヨ。
羨ましい限りです。




c0134734_17293024.jpg
とても気持ちの良い空間です。お友達とココで待ち合わせ、、な~んて妄想が^^


c0134734_17293294.jpg
↑はお手洗い前のスペースなのですよ。





朝早かったのでお腹がすきました^^(三人でシェア)
c0134734_17293822.jpg
フランス料理人が作るデリカテッセン Table Ogino Shonan
パテのバゲットサンド(?)、キッシュ、小倉サンド


c0134734_17294020.jpg
向こうはパン屋さんらしい。
窓ガラスのカウンター席、畳感覚の平台、普通の椅子席、、
思い思いに過ごせそうです^^



c0134734_17295011.jpg
電動アシスト自転車もデンチャリっていうのですね?
ハニ丸興味があるようですが、この黒いのはさすがにかっこいいだけあってお値段は激可愛くありません(笑)


c0134734_17295852.jpg



一度抜け出してパン屋さんへ行っていたら駐車場は満車となり後ろ奥の空地(写真真ん中)に。ところが、ここは駐車料金(一時間400円)はタダですので、悪くないですね(笑)
c0134734_17300243.jpg
右に見える住宅地の開発はかなり大規模のようです。
電柱も埋めてあるのできれいな街並みですね。
今もばんばん素敵なお家建築中です。


c0134734_17300518.jpg
感性に響きまくってここを後にしました。

スーツ姿の見学組もいらっしゃいました。
このさき、関西と二子玉川に出来るそうです。

名古屋にもいつかできるのかな^^








[PR]

by skipelf | 2015-05-23 23:59 | おでかけ | Comments(4)  

Commented by dowさん at 2015-05-25 08:08 x
新しき世界に、ビュンビュン飛び込んで行く小夏パワーに、、目眩さえ覚えているオジイさんの姿!!
Commented by skipelf at 2015-05-25 08:41
★ dowさんさま、
書きなぐった読みにくい文章にお付き合いいただきありがとうございます。
興味があるものだけ突進してしまいますね(笑)
T-siteのような施設、dowさんだったらどうお付き合いされるかなと想像してしまいました^^

Commented by 磯辺太郎 at 2015-05-27 07:12 x
近所にこんな面白い空間があったとは、ホント驚きです。2枚目にある紫色のボンボンみたいな花は先日小田原フラワーガーデンで見た「ネギ坊主」に似てるなー。
先日、いよいよビーチクルーザーが寿命になってしまい、慌てて即席ボードキャリーをママチャリに付けていますが、この電チャリタイヤの太さから見てサーフボード積めそうですねえ。値段はどれくらい可愛くないのかな。
電チャリも今、二輪駆動というすごいのも出てるらしいですよ。海岸には強そうだけど潮風にやられるかな。
Commented by skipelf at 2015-05-28 08:05
★ 磯辺太郎さま、
案外各々の個性が生きているあの地に住んでいらっしゃるとそういうものかなと思います^^
紫のは多分そうですよね!小田原の方がジャンボサイズのように見えます♪
ひやーーっ、桜クルーザー号がいよいよそんな状態だったのですね!?先日も緑のパン屋さんへの道筋で乗っている人見て師匠のピンクのを一席もったばかりです(笑)
電チャリタイヤの太さ、、ほんと、太いですね!お値段は確か35万円位だったです。ぜひぜひ試乗して頂きたい~!!レポ待ってます(^_-)-☆
なんと二輪駆動が@@!ちょっとクラクラしてきた(笑)なるほどすごい底力で海岸を走れそうですが、潮風にやれれちゃうのは・・・。

<< じゃが芋の芽かき アンティークカラーの花苗 >>