緑のパン屋さんの記録

【伊東・湘南】の関係分です。
先に言っておきますけども、写真の撮り方に問題アリ。大きさが実物とかなり違うかも(笑)



パン・ケーキ類をお友達へのお土産にするのはとてもハードルが高い
とは以前書きましたが、気の合う人ほどこの喜びを分かち合いたいものです。
先日書いたパン屋さんのを一部冷凍をしお渡しすることになりましたが、無事ノルマ達成です(笑)

どなたも一目見て声の上がったのがこちら(私自身もお店で声をあげました^^)
c0134734_16554751.jpg
いまの季節は紅玉を使っているそうです。
長距離の持ち帰りの為、崩れないように考えてこれを用意くださりパケージも考えてくださって感激!
そんな話もお土産になって、楽しいひと時となりました♪



早速取りに来てくれた友人にはシューケットをお茶菓子に
c0134734_16494143.jpg
わかっています、シューケットはドンと出してほしいですよね。
見ていたらこれに入れたくなったのです。普段やり慣れていないもので・・ふふ



磯辺師匠のお薦め、ベーコンエピ(のせているのは半分です^^)
c0134734_16494434.jpg



クロックムッシュ
c0134734_16555640.jpg



ミニの6個セット
c0134734_16494701.jpg
リピートですが、今回も大感激!!
それぞれの使われた生地も一人前、具の組み合わせに悶絶してしまいます。
こういうものって大概はウインナーが№1になるものだけど、この中ではそうはいきません^^



パンオショコラ
c0134734_16493777.jpg


キャラメルのスコーン
c0134734_16495071.jpg




栗のブリオッシュ
c0134734_16495300.jpg
全部並べてみました。(パンの名前はちょっと違うかもしれません)
あぁ、見ているだけでもうっとりしてしまいます^^ 




年に1度だけ開かれる扉。その奥にはパリの“究極の美”。大統領官邸として使われるエリゼ宮、上院議会として使われているリュクサンブール宮殿。普段は立ち入ることのできない部屋には、フランス王侯貴族が築き上げた美の結晶が眠っている。しかし9月にある「文化遺産の日」だけは、その秘密の扉が開き、一般の人々が中へ入ることができる。さあ究極の美をたっぷりと堪能する旅へ。
なんかねぇ、「地下貯水の眼につかないところにこそ美を作り上げた、、」なんていうフランスの美意識を見ていたら、私のところに来た↑の林檎が浮かびましたヨ。








[PR]

by skipelf | 2014-11-13 23:59 | ヤムヤム カナガワ | Comments(4)  

Commented by ウーさん at 2014-11-15 07:37 x
これほどの種類のパンを”味見しながら食べ比べ”
豪快であります。
実はパンのカロリーも馬鹿にできないのでありまして、、
料理に”砂糖”を使わない彼等、、
パンやオカシにはたっぷり使って、、
とても、、カミさんには見せられません。
「しかし、、美味しそうですね」
Commented by skipelf at 2014-11-15 09:16
★ウーさんさま、
「うふっ、、いつもの勢いでむしゃむしゃと、、」な~んて、ハニ丸のお休みの日に一つずつ小出ししていただいています♪次回行くときのために全部ここに書いておきました!勘違いしちゃいますよねぇ(笑)
そうそう、寒い気候もあってフランス菓子は濃くて甘みも強いですよね。日本ではこの時期からが実に良いと思うのです、、あぁ、この時ばかりはカロリーの事上手に忘れてしまいます(苦笑)
旅でお疲れのウーさんも、はい、お口あけてっ(^_-)-☆あーーーん
Commented by 磯辺太郎 at 2014-11-15 23:52 x
伊東・湘南編、興味深く見入ってしまいました。緑のパン屋さん、あまり気に留めてなかったのですが、すごい種類の品目を揃えていたんですねえ。ボクが行くのは午後ばかりだから、誰でも知ってるエピしかなかったのかな。それにしても最初のヤツはすごい!まるでアノマリカリスの胴体?!いや三葉虫?!(たぶん生きていた時はカラフルだったんでしょう)
とあるサイトで「湘南どこまで論」が元/現住民で話題が盛り上がり、思わず参戦しました。参考までに師匠から見て、「どこからどこ」が湘南でしょうか?!
Commented by skipelf at 2014-11-16 00:59
★磯辺太郎さま、
朝9時の店主は焼き上げでピリピリしているようです。それが本物の職人よねー\(^o^)/師匠にはぜひ6個入りのミニセットを召し上がってほしいですねー^^是非とも予約をなさってくださいませ(ってなんで私が言ってるんでしょう 笑)
ひぃー、アノマリカリス、三葉虫@@!ググりましたよぉ(爆)
「湘南どこまで論」愛知県民から見た目で私も参戦させてくださいっ!
あの海岸線の道を走っている景色を浮かべながらズバリ、茅ヶ崎~稲村ケ崎です!
鎌倉は鎌倉。逗子葉山は一つのブランド。
小田原から二宮、平塚までは西湘バイパスにのっているせいか「西」なのです。川を渡って茅ヶ崎から街のイメージが変わり、藤沢に入ると格が上がるイメージを受けます♪

<< サテンリボン コンタクト紛失 >>