洗濯器のお掃除

炊飯器や洗濯機、掃除機のような家電って、容量が大きくなったり一見進化しているようでも、モノが良く無くなくなっているとは思えないのよねー。

今使っている洗濯機はカビ臭が悩みの種・・。
昔のはそんなことなかったし、機種変更するたびに段々酷くなりました。
高温多湿の日本でどうしてそこを直してくれないのかしら?



我慢も限界ですので、ネットで見かけたいつもとは違う手でやっつけてみようと思います!
c0134734_18210464.jpg
運よくストックしてあったの見つけた旧タイプの酸素系漂白剤 1袋
お風呂の残り湯42度
やかん一杯のお湯

c0134734_18210737.jpg
廻して泡ぶくぶく 



翌朝、

う~~~んっ スッキリッ!! 
c0134734_18211064.jpg
液が届いていないところは、歯ブラシと綿棒使ってかきとりまして、
匂いもない仕上がりに大~満足\(^o^)/




からの

c0134734_18211306.jpg
コーヒー専門店で友人との午後お茶~♪

季節限定の洋梨のブリュレは濃すぎず良い塩梅でした^^








[PR]

by skipelf | 2014-11-09 18:28 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2014-11-11 06:05 x
よくやる失敗で「脱水が終わったのをうっかり忘れていた。。。」もう1回やり直しは何とも悔しいです。
ワイドハイターを使った洗浄、よさそうですね。普通に使うだけで衣料だけでなく洗濯槽まで綺麗になる「気合」の入った洗剤ないかしら。
昔「全温度○ア」ってありましたよね。今はいちいち謳わなくても全温度なのでしょうか?!
Commented by skipelf at 2014-11-11 10:06
★磯辺太郎さま、
ぷっ、もう一回廻してしまったの覚えあります!あのトホホ感ったらないですね―(笑)
溶剤は液体でも粉でも良いみたい、もちろんブライトでもOK^^洗濯漕まできれいになってほしいです!洗剤の名前は「気合」で!とってもいいです(^_-)-☆
「全温度○ア」、うわぁ~ww 日本では結局みなさん水温まで考えなかったのかな、、それで酵素パワーに!?
だんだん記憶が遡って大きな箱だったころの洗剤が浮かんできましたよ~。幼稚園児くらいの時は本当に大きく感じました^^

<< チュラ ビスタ 殉愛 >>