着物ファッションショー

お友達のやっている介護老人施設のイベントを拝見しに行ってきました。

装うことが好きな母と叔母、施設の知識を高めるためにも誘っていきましたよ。
建物は立派でスタッフも温かい雰囲気、一度見てもらいたかったので良い機会でした。

c0134734_16283741.jpg
c0134734_16284283.jpg
c0134734_16284679.jpg
着物のリメイクに次いでは以前見てきたときに書きました。やっぱりとってもいいものです。


こういった施設は大きく分けて三種あるのだとか・・。
今回のイベントはその三種すべてからモデルとして出演されています。
手を引かれたり、杖や歩行器、車椅子。皆さんにこやかにウォーキング^^

遠い存在のように感じていた歩行補助用具が身近に感じる今日この頃。
ふと、受け入れる施設で違うことに気付きました。(厳密にはそんなくくりはないと思います)
母たちにはこの違いが分かってもらえたかしら?
いえいえ、まだでしょうねぇ。。

この先私自身いろんなことを理解していかないとならないでしょう。

あ、、人の事言ってる場合じゃないかも(爆)







[PR]

by skipelf | 2014-09-21 17:08 | いろいろな出来事 | Comments(4)  

Commented by ぽろ at 2014-09-22 03:33 x
いいですね、着物のリフォーム。
私も、(もしまだあれば!)母の木綿の着物をもらってこようかと思っていたところなんですよ。
あぁ、着付け教室に通っておけばよかったぁ!!
小夏さんは、自分で着物を着ることができる人ですか?
Commented by ウーさん at 2014-09-22 09:42 x
着る事への執着、、コレはとても大切であります。
季節や場所で何を着るか、コレへの気遣いがヒトの個性、、いや人格にまで作用いたします。
区別の付かない暮らしでは、脳にも”適当な刺激”足りなくなってしまいます。たとえ、何歳になっても”ステキですね”と云うと笑顔こぼれて、、人らしく暮すには、本当に大切なことなんです。
年寄りだから、コノくらいで、、なんてのはダメですね。
そんな、気持ちまで大切に考えてくれる施設が増えるように願っております。それには、、やはり、ひと、でしょうかねー?
Commented by skipelf at 2014-09-23 21:09
★ぽろさま、
いつみても着物っていいですよね♪今回は近くで見られたし、リメイク作家さんの解説もありましたのでより楽しめました。
お母様の着物を、、わぁ、素敵なお考えですね^^
着付けはお教室には行きましたけど、いまや全く駄目ですわ(苦笑)
ぽろさん、ご帰国の折は特訓なさってそちらで披露なさってはいかがでしょう~\(^o^)/
Commented by skipelf at 2014-09-23 21:30
★ウーさんさま、
なるほどぉ、着るということは歳とっても衣食住・人間生活の基本なのですね。
精神が荒れたり、無気力でいては「何でもいい」になってしまうのでしょうね。
我々周りのものも声をかけたりする気配りが必要なのですね。このあたり激しく反省です~。
施設はたくさんあって、その内容はいろいろだと別の友人から聞いておりますけども、おっしゃるように「ひと」なのでしょうねぇ。この日は友人のお母様(実はわたし大ファンなんです^^)のみなさんを励まされる素晴らしい姿に感銘を受けました。(勝手に命名:お母様オーラ) そういう方は本当に美しいですね\(^o^)/

<< 唐沢さんの眼力はホンモノだ 垂れる稲穂 >>