二つのアン

NHKで週に一回放送している昔のアニメ「赤毛のアン」
はじめのうちは「難しいなぁ」と思いここにも書きましたが、50回のうち約半分まで進んだ今、登場人物のキャラも生き生きと、毎回エピソードも新鮮で面白くてたまりません♪

奇しくも(って狙ったのかな)、先日NHKの対談番組SWITCHで放送された朝ドラ「花子とアン」で注目されているお二人、語りの美輪明宏さんと、脚本の中園ミホさん の回は、糧になるようなお話が続きとても見ごたえありました。

ドラマは戦争が終わり終盤に差し掛かってきました。中園さんが「一番見てほしいところはここから」とおっしゃっていましたので、これからがますます楽しみです♪


c0134734_00000616.jpg

里山のお散歩道に咲く野の花










[PR]

by skipelf | 2014-09-15 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

Commented by ウーさん at 2014-09-17 08:34 x
親達が体験した戦争、2度と起こさないように、、いや、まだソノ最中にある人達への理解も含めて、、考えねばなりませんね。
それに、最近の日本、、どこかアノ時代を思わせるモノが増えてきました。世界からも日本の”右寄り”注目されております。
村や国、民族や人種、、小さな塊で考える自分達の平和から、大きな”人類”で考える平和に繋がってゆくコトを期待したいモノですね。
Commented by skipelf at 2014-09-17 22:23
★ウーさんさま、
うわっ、戦争につてのくだりでは、最近の日本の雰囲気について中園さんが丁度同じようなことをおっしゃっていたのですよ@@!それに美輪さんは当時の人たちの事をよーくご存知でいらっしゃると。。
私の世代までは親から聞いてきましたが、その次の代はどうでしょう。伝えていかねばなりません。
ウーさんのおっしゃるように、まずは今の自分たちの平和を感謝するところからですよね。

<< 強い光の中咲く彼岸花 オリーブのり >>