愛知のものづくり

ちょっと独り言。。

三河はもちろんですが、名古屋も田舎。。(ゴメンナサイ)
地元で崇められている大企業のデザインや思想、センスが、陰口を言われているのは子供のころから誰からともなく教わったような気がします。

大人になって、東京でのお稽古場の会話などでも、目からウロコの事は多々あったし、
池袋にある某会社の展示室にいると、事務所から名古屋の同業企業のダサさを嘲笑っているのが聞こえてきた事もあります。


だけど、先日のカンブリア宮殿の拡大版

25兆円企業 トヨタ復活劇の真実!

~豊田章男 激動の5年~

は素晴らしかった!
チャンネルを合わせていた訳ではなかったのに耳が吸い付いていくようでした^^

今のクラウン、売れまくっているのですね・・。
紹介されたタイヤの見せ方で確かにかっこよくなってる~!!
それに、ピンクのクラウンの発売が社の方向を変える一つのポイントだったとは!

番組、もう一度見たいです。


c0134734_17170924.jpg
昨日も知多半島道路で見かけました。





話変わりますが、今日、名古屋の工場で作られた白いTシャツの投げ売りに出会いました(そんなのばっかり^^)
デザインは苦笑いものだけど、シルケット加工のモノは悪くないものです。
売る方も「パジャマにでもして」と・・(苦笑)

二枚買ってきました。
彼の言う一枚の仕入れ金額には届いていません。

でもね、愛知の工場には頑張ってほしい!
そんな気持ちが強くなってきました。








[PR]

by skipelf | 2014-06-15 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(0)  

<< アカシアの蜂蜜 /パリ・ラスパ... 桶狭間 >>