ヒカリヤニシ /松本

ここのお店の事を知ったのはどのくらい前だったでしょう・・。
確か、写真で見た景色との一体化がグッときた大浴場の扉温泉・明神館繋がりで目にしたのだと思います。後から同じ経営と知りました。

120年の歴史ある松本一の商家【光屋】を取り壊さずリノベーションし、和と洋、二つのレストランになったそうです。予感は的中!とってもセンス良く、楽しい気持ちになれるお店でした♪


エントランスに足を一歩踏み入れると・・・
c0134734_22535817.jpg
ウェルカムフラワーでしょうか、浴槽のように大きな黒い水盤に大ぶりなお花が浮いています。
大胆ですが優しくもあり、意外でした。。空気が変わりますね!
「う~~~ん、素敵っ


写真は有りませんが、案内され中庭へ進むとお蔵に【有形文化財】のプレートがあったように思います。

また、お庭を挟んで厨房棟がセンス良く自然にありました。
これよ、これ!
ここの部分の充実しているお店に一目置いているんです^^




仏レストラン入口
c0134734_22552159.jpg



店内は立派な梁に墨で棟梁の名前が書かれたお蔵の中なのですが、自然光も上手に取り入れられ、デザイン性高いLEDのテーブルランプも品よく効果的な仕事をしているといった塩梅です。

c0134734_22564487.jpg


c0134734_22571965.jpg
やっぱり、ラギオールですね~^^今回はフォークに注目してしまいました。
(マークを優先したセッティング?)
ですが、テーブルのお花はカモミール、ナフキンリングは生の蔦なのです。
この対比がキチッと感保ちつつも重くなりすぎずに好感です。



前菜
c0134734_22575735.jpg
信州プラチナサーモンのタルタル 42.7度の卵
 信州プラチナサーモン/会田の卵/アブルーガ   
下味にいい仕事がしてあるのでしょうね。これ、最後までとっても美味しかったです♪




お料理もよかったのですが、印象的だったデザートを載せましょう
c0134734_22584232.jpg
甘い誘惑
オレンジのテリーヌ、カヌレと抹茶のフィナンシェ、苺のソルベ、蓬のブラマンジェ (名前ちょっと違うかも)


c0134734_23103047.jpg
ここでまたウェルカムプレートが登場するわけですよ、Merci♡と書かれて・・emoticon-0115-inlove.gif






c0134734_22585970.jpg
実は体調が最悪でしたので
「万が一、食事中に倒れても、救急車を呼ばなくていいから~」と、臨みました、、emoticon-0178-rock.gif
でも行けて良かった~!

心に残るお店になりました。
ごちそうさまでした^^



連続しての松本・安曇野の旅はここまでです。
関連したこともポツポツありますので、その時にまた。








[PR]

by skipelf | 2014-05-31 23:59 | ヤムヤム | Comments(0)  

<< 冷やし中華 泡の湯のキラリ >>