開眼後の牡蠣フライ

ハードな一日でした グッタリ
この壁どうやって乗り越えようぞ・・・ 



そんな日でも晩ご飯作ってエライぞワタシ(自画自賛^^)

だって牡蠣の香りが尋常なかったんだもん・・・。
ただそれだけで重い身体が動くって、牡蠣のポテンシャルには恐れ入ります。


大きく美し~い素晴らしい浜名湖の牡蠣でした。
新居のお店で牡蠣フライメーターが上がっているので、あのイメージで
c0134734_23340547.jpg

【自分メモ】
牡蠣フライ用の衣つけたら冷蔵庫で冷やすとパリッと揚がるそう
温度は200度でいい感じがする。けど、カリっとは言うけどカリカリじゃないわね。。
油が新しかったら、もう少し長く狸寸前色まで揚げたら中の熱々感も近づけるかも!

でも、うちでは過去最高です







[PR]

by skipelf | 2014-02-01 23:56 | 家のご飯 レシピメモ | Comments(2)  

Commented by uzuki at 2014-02-02 11:27 x
家事って、毎日ですから大変ですよね。
「今日はオヤスミ」って日も作らないとマイッテしまいますね。
小夏さんのバイタリティー、さすがのモノであります。
できてしまえば、アタリマエ、と、周囲のもの共口を揃えて、、、、
やっている人の苦労、中々伝わりません。(反省)が、どうぞ、頑張ってください。
Commented by skipelf at 2014-02-03 01:00
★uzukiさま、
いつも励ましをありがとうございます!
アハハ、バイタリティありますか?あるように見える人ほど危ういところありませんか?(笑)
ハニ丸にもお休み宣言できる大きい態度(クック)、ご主人に全くそう言えない人がいらっしゃるの信じられなくやってきちゃいました。
年齢には逆らえない前例のない事に出会って戸惑ったり自分を鼓舞させたりしております。仕方のない事もあるものですねぇm(__)m

<< 一月の食卓 球春到来 >>