ご機嫌伺い

いとこからもらった電話をきっかけに、気になっていた祖母宅へ両親とご機嫌伺いに行ってきました。私自身両親の事であれこれしてたので祖母の処へは久しぶり。

いろいろあるようですが、楽しく通うディサービスの話やら聞き、達者のようで何よりです。
100歳越えているので膝がちょっと心配かなぁ~。

その祖母が濃い目にお茶を淹れてくれたのを美味しくいただきました。
お湯のみが、その昔私がプレゼントしたアリスのティーパーティのものだったのにもちょっと驚きました。いつもそうなのですけどね~、今度もその点もちゃんとしていたものですから。。

祖母が編みはじめ、叔母が手こずっていたものすごぉ~くもつれた二玉の毛糸玉を直してきました。
最初は一緒に、終いには母と二人で。。

頭の体操に良かったのかな、、余計なことしちゃったかなぁ。
と、考えてしまいました^^







[PR]

by skipelf | 2014-01-19 23:59 | いろいろな出来事 | Comments(2)  

Commented by uzuki at 2014-01-21 08:42 x
100歳を、、、お元気で何よりであります。
余計? とんでもない。
素晴らしいですよ、何を考えてか?などは、後の後、まず、する、コトですよ。それにしても、そのお歳で、その気使い、、流石でありますねー。感服いたしました。
Commented by skipelf at 2014-01-21 13:39
★uzukiさま、
数字で検索かけると個人が特定されるかもしれないのでぼかしましたが、もっといっているのですよ^^
をぉ、余計なこと、やってよかったですか!ほっ。 なるほど、【まず、する、コト】なのですね!
祖母のくよくよしない性格もお手本のようです^^

<< 大寒 またまた牡蠣フライ >>