泉岳寺 義士祭

今回の上京の目的とは全く違うのですが、この日14日は赤穂浪士の討ち入りの日。
高輪の泉岳寺で義士祭があるそうです。

ここにも以前書きましたが、我らの住む地は敵方吉良に近いのすけども、これはできることなら行っておきたい!!

この記事を書くにあたり、ちょっと調べてみましたら
当萬松山泉岳寺は、慶長17年(1612年)、徳川家康が幼年、身を寄せた今川義元の菩提を弔うため、江戸城に近接する外桜田の地に創建し、寛永18年(1641年)の大火によって伽藍が焼失、三代将軍家光(1604年~1651年)の命により現在の高輪の地に移転再建されました(一説に移転は正保年間〈1644年~1648年〉とも)。 HPより抜粋
とのこと。
今川義元と言ったら、我が殿ではありませんか
私ったらなんというもの知らずだったのでしょう・・。



さて、
境内の外に立っていた石です。下の方は読めませんでした~

c0134734_23564633.jpg



境内にまいりましょう!
c0134734_23534779.jpg
人気あるのですね~、、、
午後は装束付けた行列もあるそうですが、午前からとても賑やかです。
活気のようなものを感じます。

 
お墓参りの順番待ちの行列がずらずら~
先を急ぐ身、残念ですが今回はパスさせていただき、参拝だけしてまいりました^^


c0134734_23572287.jpg
賑わう境内に琵琶演奏奉納の方がいらっしゃいました。
琵琶の音は、義士の慰霊に使われたのでしょうか。それとも、琵琶法師がこのお話を伝えたのでしょうか・・。
 


多くの人が境内の中に沢山つくられた休憩椅子席で
どて煮(?)、焼き鳥、甘酒など召し上がれれていらしたのが印象的でした。
c0134734_23580849.jpg
毎年、ここに参拝しこれを楽しみにしていらっしゃるのかな^^



帰り際、ふと・・
c0134734_23581652.jpg
大石内蔵助吉雄銅像ですね、、きっと。。





参道で気になっていた切腹饅頭をチラッと覗くと、 わゎ、、、(冷汗) 
買えばよかったかな?

義士祭、お薦めです^^



つづく






 
 

[PR]

by skipelf | 2013-12-16 23:59 | おでかけ | Comments(2)  

Commented by uzuki at 2013-12-17 19:15 x
赤穂浪士、、、さて、困りました。
ワタシ、この件に関しまして、、、コチラとムコウ、土地土地のご意見様々なるをお聞きして、、、どうにも判断しかねております。
勿論、小夏様の御殿の縁となれば、この身投げ打ってでもとは思うのですが、つまらぬ性分、お許し下さい。

ただただ、おいしそうな饅頭は、、、教えていただけたらと、、、
それだけが、、、残念であります。
Commented by skipelf at 2013-12-17 21:15
★uzukiさま、
そーなんですそうなんです!わたくしも三河の住人、、吉良様が地元で慕われているのもよく存じております~。今年、赤穂(だったかな)で行われた義士祭にはわが街出身の松平健さんが大石内蔵助役で練り歩かれたそうでたまげました。
この身を投げ打つなどと、もったいない~、、それはオクサマだけに^^ハハハ
お饅頭はね、、いえ、想像しすぎかもと書きにくかったのですが、丸みを帯びた最中が真ん中で横一直線に切れ、中の粒餡が「どやっ」と、顔だしアピールされているのですわん@@!お友達と目をパチクリ~でした^^

<< はじめてのミシュラン パレスホテルでお茶しましょう >>