はじめてのミシュラン

さてさて、
このお江戸シリーズが始まった時、意味深げに(いや、気を持たせた?)書いたホシ・・・。

そう、私のもう一つの照準は、今年9月にオープン後、早々にミシュランの星をとった東京白金台にあるフレンチレストランでランチをいただくことでした♪

そこは、今年移転したミシュランの三ツ星フレンチ:カ●テサンスの場所に、
フランス帰りでそこで手腕を発揮していた若きソムリエがオーナーとなり、
またカ●テサンス岸●シェフの右腕だった方がシェフとして誕生したフレッシュなお店なのです。
この数か月の間に雑誌【家庭画報】【danchu】はじめ多くの雑誌に取り上げられていたと聞き、それらのいくつかを目にしておりましたが、ジワジワ上がっている注目店のようです。

縁あって予約を取っていただきましたが、予約入れた時には星は無かったのですよ。
その後に★ゲットの快挙速報を受け取ったという何とも素敵な巡りあわせでした♪
これは本当に楽しみにしていたのでした。


呑めないので、ベルサイユ宮殿出てきた処で売っているというルイ14世にお医者様が薦めたお水で乾杯。(写真は有り難いことに個室でしたので撮っています)

c0134734_22112575.jpg
        うん、このお水、ペリエやサンペレグリノとは違ってとってもいい!
         (後で、ミネラルウォーター界のドンペリと知りました^^)


その後も過去に経験したことのない食感・組み合わせ、盛り付け、スマートな応対に大~感激!
c0134734_22113223.jpg
              ↑名物らしい 玉ねぎの楽しい一品 


c0134734_22113940.jpg
                   キャベツ包みの蟹
                  上はリンゴと?の千切り



鰆なんて(あえてお魚道楽の私は言うぞっ)
c0134734_22120458.jpg
どうしてあの身質がプルンプルンとこうなるのぉーーー???
もちろん中はレアではある。フォークでツンツンすると揺れるんですもの!
皮はパリッとパートフィロのように香ばしく焼けています。
んでもって、ジュウシーに焼き上げたって、、、その通りだわ。

なんという未経験ゾーン ドウイウコト・・? ポカーン
グスン、泣けちゃうほど素晴らしい火入れです\(^o^)/

それにこのお皿がお部屋に入ってきたときに ぷわぁ~んと良い香り、、燻製かけてあるそうです・・うっわ

それに焼きナスと燻りガッコのソース 
燻製リンクさせたというユニークさ&日本人にとっての食べやすさ。 

これが新感覚のフレンチなのですね!
京都という古都もぐグッとくる新しい感覚でどんどん動いているみたいに
フレンチも古典の良さと共に発展していっているのですねぇ。。
 

 

c0134734_22121097.jpg




c0134734_22114636.jpg
         このバター、色がつているなと思ったら仕事してありました

c0134734_22122095.jpg
            お肉の時は、モダンなラギオールナイフでした。
単にお料理を楽しむだけでなく、こういった文化に思いめぐらせ、重心やナイフの先の感触を指先に感じるのって、愉しい~♪




デザートもね、フランスから帰ったばかりの女性パティシエと聞きます。
c0134734_22122709.jpg
          小さな一つ一つも良いし、全体のハーモニーもベリー グッ
             丸いのは、ぎりぎりの線で遊んでいる面白さ^^

ヨロイヅカさんのカウンターでいただくスイーツともまた違う、こういったお店のお料理の流れを壊さないっていうのがあるんだわねぇ・・(はい、ワタシ、はじめてなので・・)

c0134734_22123421.jpg

c0134734_22124085.jpg





熱く語りましたが、なんと友人のお嬢さんの旦那さんのお店です。
よろしかったらぜひ!

ご参考にこちらを、、→ 小山薫堂 2013年、最も印象に残った5皿



この上京記、つづきはあと一つです^^






[PR]

by skipelf | 2013-12-17 23:59 | ヤムヤム | Comments(0)  

<< えぼしのお弁当 /大丸東京店地下 泉岳寺 義士祭 >>