プライムリブ

毎年クリスマスに焼いていた村上信夫さん本レシピでのローストビーフ、、、

和牛をお肉屋さんにお任せでお願いしていたのですけど、よすぎるところをご用意いただいたらサシが多すぎて残念な結果になってしまってガックリ。。その後遠ざかってしまいました。
あれはそれなりの焼き方があったのでしょうか。

その後は、チキンだったり、ミートローフだったり、、、

それから何年経ったでしょう!
週末に、割引になって売れ残っていたアメリカンビーフと目が合ってしまいました(笑) 


そ こ で


c0134734_21235919.jpg

いっそのこと、公式サイトを参考にさせてもらって、プライムリブ

腕が悪いのはもちろん、お肉がそれなりだったせいか、少々、反省点はありますがまずまずでありました^^和牛とは違いますが、これはこれで美味しいと思うのですよね~。
買ってあったホースラディッシュの瓶詰つけていただきました♪



アメリカでステーキをいただくお店に行くと、私はステーキじゃなくってプライムリブお願いすることが多かったな。。
Lawry’s には残念ながら行ったことないけれど、食い意地全開で
L.A.で Lawry’s Carvery 行きました。懐かしい~


お総菜と言っちゃいけない分野だけど、ちょっとごちそうの日にはいいわ、これ049.gif
とにかく、サシが素晴らしく有る・全くないアメリカンビーフ赤身では調理法が違って当然だと納得しました。
お肉にすり込む塩分2%、思ったより多めですが良い仕事をするようです!
これは忘れないようにしておこう!!

[PR]

by skipelf | 2013-11-25 23:59 | 家のご飯 レシピメモ | Comments(2)  

Commented by uzuki at 2013-11-26 12:59 x
塩、1kgの肉に20gですかー。多いような感じですが、やはりソレぐらい、、、上手く焼いてありますねー。内側の色が丁度良いです。これでボジョレーが1本あれば、、、最高ですね。
料理上手の小夏さん、スゴイ。
Commented by skipelf at 2013-11-26 13:14
★uzukiさま、
そーなんです、いつもの倍は使ったかも。実際お味もアメリカ人が心臓病多いってわかるな~って思うくらいでしたが、このお肉のお味を引き出すには必要量などだとも思いました!
温度も随分低く焼くのですよ。初めてにしては上出来でした^^
ボジョレー、あははuzukiさんはお洒落~ww
私のお料理は半分遊び、、義務だとテンション下がっちゃう怠け者です(笑)

<< 毎日のパン  ペコちゃん >>