名古屋城本丸御殿

仲良し組の秋の行楽おでかけデー♪
台風で天候が読めないので行先が名古屋になったこの日、以前ここにも書いたメーグルに乗ってみました。
まずは名古屋城で下車~!



予報に反して雨が落ちてくる中、なんの下調べもしていないので以前ニュースで見ていた再建中で今年五月末に第一期完成分が公開された本丸御殿へ向かいました。
これが素晴らしいこと!見たこともない世界で大~満足!!


本丸御殿とは尾張藩主が居住する御殿だそうです。
国宝で近世城郭御殿の最高傑作と言われていた建物が、空襲で天守閣、本丸御殿ともに焼失してしまったそう。資料が焼失を免れたので忠実に再現できるのだそうです。
c0134734_231939100.jpg

何年も前、景気が悪いのに莫大なお金のかかる再建に異を唱える意見があるとのニュースを何度か目にしました。



2009年の復元工事着工。
黒の効いた玄関が見えたとき、その風格に息をのみました!
c0134734_9484079.jpg

写真左は工事中のエリアです。

「確かテレビでは屋根のカーブと、天井が見どころ」っていっていたんだっけ?と、付け焼刃なもので正直しどろもどろだったのですが、その素晴らしさはだた見るだけでも値打ちがあります。



c0134734_9485942.jpg
c0134734_949890.jpg

ミリミクロ単位で再現された【狩野派】の絵、虎が飛び出てくるような迫力!
襖の飾金具もとても美しいです。
書き忘れました、ここ↑玄関です(笑)



c0134734_9492110.jpg

今回効果視されている中で最上級の部屋です。
この天井~!!!
折上げ小組格天井というのだそう。


出来たばかり、桧の良い香りの中進んでいくだけで普段使っていない細胞さえも刺激されました。



見学を終え外に出ると雨がひどくなっていてガッカリ・・。
それでも余韻で奥へ進んでしまった我々・・。そこへふと建築現場上階に我々のような女性の姿を発見してしまったのです!!

も、もしや

と、入り口を探す探す・・(笑)


そーなんです!建築現場を見学できるんですーー!!
c0134734_9493624.jpgc0134734_10161984.jpg

案外ヘルメットが似合う・・ワタシ(笑)


c0134734_9501758.jpg
c0134734_9502530.jpg

素屋根の中など復元工事中の過程が見られるなんてめったにありませんよね!?
組まれている屋根の近くで見られ、立派な木材の太さもとてもよくわかります。

屋根が木製だったのは意外でした。
こちらはこけら葺きというもの。三ミリ位の杉板を一枚ずつ竹釘で作っていっているそうです。



400年前のお色や香りに出会える空間、、、当然その時はお殿様しか体験できなかった。

ほんと、お薦めですemoticon-0117-talking.gif




※ そういえば4~5年前、ゴールデン嬢のお散歩するお山で木の切り出しをしていました。
確か名古屋城何とかだと言っていましたねー^^
[PR]

by skipelf | 2013-10-10 23:59 | おでかけ | Comments(2)  

Commented by 磯辺太郎 at 2013-10-13 22:42 x
「尾張名古屋は城でもつ」と言いますよねえ。ぜひ、見学してみたいものです。狩野派(永徳?山楽?)唐獅子の絵でしたよねえ。最近はCGが発達してNHKの「その時歴史が動いた」でも復原モノは見ますが、やはり実物ですよねえ。ちなみにシンボルの「鯱鉾」はどうなったんでしょうか?
Commented by skipelf at 2013-10-13 23:52
★磯辺太郎さま、
唐獅子ぼ~た~ん~♪ と意味も解らぬのに聞こえてくるのは昭和の子の証でしょうか・・(爆)
「尾張名古屋は城でもつ」、、をっぉー、そうでしたそうでしたww師匠の博識っぷりには恐れ入ります。ねじり鉢巻きで猛勉強してきましたよ^^狩野貞信や狩野探幽だそうです。(2人とも永徳の孫なのかな)
写真に写っているのは復元ものなのですよ。↑でミリ単位と書いてしまいましたがミクロ単位の間違いでした(汗)確か公開当初は実物と両方見られたのだと思います。
アハハ、「鯱鉾」ー^^名古屋城の麓にこの本丸御殿があるので目には入っているのですが・・。腹が減っては戦がデキヌ、、
さっさとランチに向かってしまいましたぁ~(^_-)-☆

<< 病院はしご チーム再建へ >>